多くの人は腰痛を経験しています。国民病ともいえる腰痛が慢性的に起きている人は腰痛ベルトを使用した経験があると思います。
しかし痛みが軽減する人や逆に悪化する人などその効果は様々です。自分自身がどのような病態か把握し適切な腰痛ベルトを使うことで症状の緩和に役立ちます。

病態を簡単に把握に把握できる、現在無料で使える「オンライン自動問診による診断サービス」がオススメです。
こちらは著明な医師が監修したサービスですので安心してご利用いただけます
腰痛の病態を正確に診断し的確なアプローチを導きだしてくれます。

それでは腰痛ベルトについて解説していきます。

腰痛ベルトの種類と効果

まず腰痛ベルトには何種類か存在し、軟性と硬性の違いがあります。

軟性サポーターは動きや体の形に合うような柔らかい素材が使われています。この中にもプラスチックやアルミなどの支柱がついてサポートを強化しているものもあります。
よくスポーツショップや病院で処方されるタイプです。基本は骨折など伴わないものに使われますが、金属の支柱やギプスと合わせて使うことで腰椎分離症などでも使用できるので幅広く使用することができます。

硬性サポーターはプラスチックや金属フレームなどで作成されるため、オーダーメイドのものです。腰椎圧迫骨折などに用いられることが多いです。骨折の癒合を促すことや確実に腰の伸展や回旋動作を制動したい場合はこの装具を選択します。

形としては、なじみのあるものは腰全体をサポートしてくれるタイプかと思います。そのほかにも骨盤のみをサポートするもの、体幹全体をサポートするタイプが存在します。(図1)

これらは症状や病態によって使用するベルトを選択するため、このベルトが腰痛に良い!といったものは存在しません。自分自身の病態を把握できない場合は医療機関に相談した方がよいです。

腰椎全体をサポート

このベルトは骨盤から腰椎をサポートするものです。腰痛の多くは腰椎の周りに存在する腹横筋などのいわゆるローカル筋や、コルセット筋と呼ばれる筋が働きにくくなった状態により腰椎を支えることができなくなり不安定になっている場合があります。その不安定になっている腰部をサポートしてくれるのがこのベルトの特徴です。そのため筋筋膜性腰痛や筋肉の機能不全が問題になる場合は効果が期待できます。しかし、腰椎分離症やすべり症では骨自体に問題がある場合は固定力の強いブラスチックのプレートが入ったものや硬性コルセットといったものでないと効果が期待できない場合があります。

骨盤のみのサポート

骨盤だけのサポートで効果があるの?を感じる方もいると思いますが、このサポートだけで腰痛が軽減する方も多くいます。これは骨盤が何かしらの原因で不安定になり腰椎を支えることができないことが考えられます。そのため腰椎を支えるローカル筋がうまく機能せず腰痛を引き起こす原因の一つとなります。骨盤を安定させることで腰椎を支える筋群のローカル筋が機能し腰痛が軽減することができます。さらに骨盤をサポートすることでローカル筋だけでなく下肢の筋群のサポートにもつながることが報告されています。よくウエイトリフティングやジムで筋トレに励んでいる人が腰にベルトをしているのも腰部を守る目的以外にも下肢の筋力を安定させる目的があります。

体幹全体をサポート

これは腰椎圧迫骨折や腰椎分離症などを長期間固定し骨癒合を促します。腰椎や胸椎がしっかりと固定される必要がある場合は用いられるサポーターのためオーダーメイドで作られるのがほとんどです。そのため市販では買うことができないため、腰椎をサポート、骨盤をサポートするこの二種類から選ぶことになります。

腰痛ベルト(コルセット)が効く人

腰痛ベルトで症状が改善する人は筋肉が問題になることが多いです。上記で説明した通りベルトは骨盤だけでなく腰椎、その周りにあるコルセット筋が機能していない場合にベルトで固定することで腰部の保護、コルセット筋群の補助として働いてくれます。この補助により腰部に負担をかけることなく日常生活やスポーツを行えます。
または骨盤が不安定な場合は仙腸関節を形成している仙腸靭帯がゆるみにより疼痛を出している場合があります。そういった人は骨盤のみのサポートで腰痛が改善するケースがあります。
腰痛ベルトで改善する人はほとんどがローカル筋の機能不全や骨盤の不安定性などが関与している場合が多くこれらを腰痛ベルトがサポートできる人は効果があります。また腰痛ベルトで疼痛の軽減がある人は基本的にリハビリで改善する人がほとんどです。ベルトをすることで腰部が安定するということは筋トレやリハビリで腰部の安定を目指すことで改善が認められます。

腰痛ベルト(コルセット)が効かない人

腰痛は基本何かしらの動作で痛みを出すことが多いです。そのためこの姿勢は楽、きついがあります。しかし常に痛みがあり、時間帯や楽になる動作がない場合は腰痛ベルトでは改善しないこともあります。ここで一番気を付けないといけないのが、骨折や最悪の場合はガンなどが考えられるケースです。こういった症状がある人はすぐにでも医療機関を受診することをオススメします。

腰痛ベルトを使いすぎると筋肉が落ちる?

一部の人はこのことを心配する人が多いです。腰痛ベルトを使用しすぎると筋肉が落ちるのではないかと言われているからです。しかし実際は2~4週間程度の装着であれば筋力低下はほとんど起きません。起きるどころか筋力が安定し背筋持久力が向上したとの報告も上がっています。そのため痛みが強いときは落ち着くまでは装着して日常生活を過ごすことがオススメです。痛みが軽減し日常生活で支障ないが、重い荷物を持つときは怖いなどの動作を行うときのみ装着することで不安なく過ごせるかと思います。

ではなぜ筋肉が落ちると思われているのか?一番は長期間使用しなければならない脊柱圧迫骨折や腰椎分離症で体幹全体を固定する際は筋肉がおちないようにリハビリを行いますが、トレーニングをあまり行わないで過ごしているだけだと筋肉はどんどん落ちていきます。そのためただ圧迫骨折等もなく腰痛として病院で腰痛ベルトを処方された、自分自身で購入して装着しているだけではただ痛みに対して対処しただけであり、痛みの原因は治せていない可能性があります。正しい病態を把握し痛みをコントロールしてリハビリで痛みの軽減、予防を行うことが非常に重要になります。

まとめ

腰痛ベルト(コルセット)について解説しました。これらは種類がありどのようなものを選択すればよいか分かったと思います。まずは病態を理解するためにも医療機関できちんと診断、評価を受けることが一番かと思います。しかし病院を受診する時間がない方も多いと思います。そこで冒頭でもオススメした、無料で使える「オンライン自動問診による診断サービス」があります。これは著明な医師の監修のもと作られているため正確な診断が可能です。現在どのような状態なのかチェックすることで自分に合った腰痛ベルトを探すこともできるかと思います。まずは自分の病態を正確に把握してみてはいかかでしょうか?

著者情報

腰痛メディア編集部
腰痛メディア編集部

痛みや体の不調で悩むあなたへ、役立つ情報をお届け。

自分の体の状況(病態)を正しく理解し、セルフマネジメントできるようになることが私たちの目的です。

記事のご意見・ご感想お待ちしております。

この著者の他の記事を見る
バナー画像