畳やフローリングに座ることの多い日本では、座椅子が欠かせません。でも座椅子に座っていると、腰が痛くなることがありませんか?腰痛を防ぐには、腰に負担のかからない座椅子を選ぶことが肝心です。自分に合った座椅子を選んで、より快適に過ごしましょう。

腰痛になりにくい座椅子とは?

腰に負担をかけないもの

腰痛の主な原因は、腰椎や筋肉への負担です。からだに合っていない座椅子を使用すると、正しい姿勢を保つことができずに、腰の筋肉が緊張してしまいます。筋肉が緊張した状態が続くと、筋肉が凝って痛みが起きてしまいます。筋肉の緊張を防ぐには、脊椎の形に合ったものを選ばないといけません。脊椎は緩やかなSの字になっているため、背もたれは脊椎にフィットするものがいいでしょう。骨盤がゆがんでも腰の負担となるため、骨盤がたつ姿勢となる座椅子だと腰痛を抑えることができます。

快適に使用できるもの

使用して心地よいと感じられることも大切です。腰痛は心因的なことが原因でも起こると言われているため、使用することで嫌な気持ちになったり、ストレスが溜まったりするものはおすすめしません。色や素材など自分の好みのものだと、使用する満足度が高くなります。

腰痛になりにくい座椅子の選び方

腰椎をサポートする形状

脊椎のS字カーブに合った、背もたれの座椅子を選ぶようにしましょう。背もたれがまっすぐのものだと、腰の部分に空間ができてしまいます。この空間ができないデザインのものがおすすめです。脊椎に合わせて湾曲した背もたれのもの。腰の部分に突出したサポートパーツがついているものなど、腰痛対策の座椅子を選ぶのがおすすめです。

骨盤をサポートする形状

腰痛を防ぐには、骨盤のゆがみ対策も欠かせません。座面部分に厚みがあり、しっかりと骨盤を支えてくれるものを選びましょう。骨盤がきちんと立つように設計された、骨盤サポート座椅子もおすすめです。座った時にずれると骨盤がゆがんでしまうので、座面は滑りにくい素材のものを選ぶようにしましょう。大腿部分が上がっているデザインだと、滑り落ちるのを防いでくれます。

体形に合わせたサイズ

座椅子を選ぶときには、体形に合わせたものを選ぶことが大切です。腰椎や骨盤をサポートしてくれるタイプの座椅子でも、体形に合っていなければ効果を発揮することができません。販売されている座椅子は一般的な体形に合うように作られていますが、からだが一般的より大きい小さい場合には、座椅子のサイズ選びに注意しましょう。座椅子は通販でも購入することができますが、できれば実際に座って使い心地をチェックしてから購入するのがおすすめです。通販で購入するときには、合わなかったときに返品可能なものを選ぶようにしてください。

適度な固さ

座椅子の固さも重要なポイントです。座椅子の固さが柔らかすぎると、からだが沈み込んできちんと腰椎や骨盤をキープすることができません。逆に固すぎると、座り心地が悪くて座っているだけで疲れてしまいます。座椅子は、程よい固さのものを選ぶようにしましょう。やや固めの低反発クッション素材なら、からだのラインにフィットしてしっかりと支えてくれます。

バナー画像

肌触りのいい素材

快適に使用するためにも、肌触りのよい素材を選ぶようにしましょう。座椅子が肌に触れたときにチクチクしたりすると、不快でストレスが溜まってしまいます。清潔に保ちやすいものを選ぶことも大切です。汚れがついてしまったときに、部分洗い出来るもの。カバーが交換できるものなど、メンテナンスがしやすいものだと使いやすくて便利です。

丈夫でへたれにくいもの

座椅子は体重をかけるものなので、使っているうちに潰れたり変形したりしやすくなってしまいます。正しい姿勢を保つためにも、丈夫でへたれにくいものを選ぶようにしましょう。座面や背もたれが潰れていると、腰痛の原因となってしまいます。座椅子によっては保証期間のあるものものあるため、購入前に確認するようにしてください。

腰痛になりにくい座椅子の使用方法

正しい姿勢になるように座る

座椅子には、正しい姿勢で座ることが肝心です。座面に腰かけたら、背筋を伸ばして骨盤を立たせましょう。背もたれにもたれるときには、腰のすきまができないように気を付けてください。座椅子によって使用方法が違うものがあるので、説明書をよく読んで正しい姿勢になるように調整してください。

座椅子のメンテナンスをする

腰痛をしっかりと防ぐためには、日々のメンテナンスが大切です。座面や背もたれがへこんだりしていないか、時々確認するようにしましょう。表面の汚れを拭き取ったり、陰干ししたりして清潔に保つことも大切です。

長時間続けて座り続けないようにする

腰椎サポート、骨盤サポート効果のある座椅子でも、長時間座ったままでいると腰に負担を与えてしまいます。長時間同じ姿勢でいると腰痛が起きやすくなるため、こまめに立ち上がったり歩いたりして姿勢を変えるようにしましょう。時々ストレッチをして、からだの凝りをほぐすのもおすすめです。

まとめ

座椅子の選び方についてご紹介させていただきました。いろいろな種類のものが販売されているので、自分に合ったものを選ぶようにしましょう。腰痛を防ぐ効果のある座椅子や、骨盤をサポートしてくれるタイプの座椅子も販売されているため、チェックしてみてください。

バナー画像

著者情報

腰痛メディア編集部
腰痛メディア編集部

痛みや体の不調で悩むあなたへ、役立つ情報をお届け。

自分の体の状況(病態)を正しく理解し、セルフマネジメントできるようになることが私たちの目的です。

記事のご意見・ご感想お待ちしております。

この著者の他の記事を見る