慢性的な腰痛に悩まされて、長年マッサージ通いをしている方は多いのではないでしょうか。

 マッサージ店や整体など専門店は沢山ありますが、頻繁にマッサージを受けに通うことは、時間的にも金銭的にも大きな負担がかかり難しいものです。

 しかし自宅にマッサージ機やマッサージチェアがあれば、いつでも手軽にマッサージを受けることができるので、家電量販店やインターネットで購入する人が増えています。

 この記事では、どのような腰痛にマッサージ機やマッサージチェアが効果的であるのかと、使用する際の注意点などをご紹介します。

腰痛緩和にマッサージ機やマッサージチェアは効果的なのか

 マッサージ機やマッサージチェアを使用して腰痛がラクになったというケースが多くありますが、なぜ腰痛に効果的なのでしょうか。

 腰痛は様々な原因で起こりますが、腰椎椎間板ヘルニア腰椎すべり症などのように腰骨や軟骨に病変がある場合と、レントゲン検査やMRI検査で異常が認められない場合があります。

 レントゲンなどの画像診断で異常が認められない場合の腰痛は、腰周囲の筋肉や腰の動きに関与する筋肉の過緊張やアンバランスから起こることがほとんどです。

 マッサージ機やマッサージチェアはそのような筋肉をリラックスさせる効果があるため、腰痛を緩和するのに効果的であるといえます。

どのような腰痛にマッサージ機やマッサージチェアが有効?

 マッサージ機やマッサージチェアは炎症症状が既に消失し、筋肉の過緊張などが原因で引き起こされている慢性的な腰痛に有効です。

 例えば背中の大きな筋肉である広背筋や、お尻の筋肉である殿筋群、ももの裏側にあるハムストリング、背骨を支えている起立筋群などの筋肉は、多くの腰痛に深く関与しています。

 それらの筋肉は緊張が強くなり、伸張性が悪くなると腰の動きを妨げるため、腰痛を引き起こしやすい環境を作ってしまいます。

 マッサージ機やマッサージチェアで腰痛の原因となっている筋肉をリラックスさせることができれば、腰痛を緩和したり予防したりすることができるのです。

マッサージ機やマッサージチェアを使わない方が良い腰痛

 腰痛の状態や原因によっては、マッサージ機やマッサージチェアを使わない方が良いケースもあります。

 使用することで腰痛を悪化させてしまう場合があるので、どのような腰痛の場合にマッサージ機やマッサージチェアの使用を避けるべきなのかを把握しておきましょう。

初期のぎっくり腰など炎症症状が強い腰痛

 ギックリ腰など急性の炎症症状がある腰痛や、耐えがたいほどの鋭い痛みがある腰痛、打ち身や傷を伴って皮膚に刺激を加えない方が良い場合の腰部などには、マッサージ機やマッサージチェアの使用を避けましょう。

 マッサージには筋肉をリラックスさせるだけでなく、外部から圧をかけて血行を促進する効果もあるため、急性の腰痛に行うと炎症症状を助長してしまう恐れがあります。

 炎症症状がある場合や急性の腰痛には、マッサージ機やマッサージチェアを使うよりも、氷嚢などで患部をしっかりアイシングして安静にする方が痛みを早く緩和させることができます。

腰を反らすと痛みが強くなるタイプの腰痛

 マッサージチェアは腰から背中や肩にかけて押し上げるような圧がかかるものが多いため、腰を反らした際に痛みが強くなるタイプの腰痛には使用しないほうが良いでしょう。

 足専用のマッサージ機や手に持って使うハンディマッサージ機であれば、使う体勢を自分で調整できるため、使用するのに問題はありません。

 マッサージ機を使用する際は、腰痛が悪化しないラクな姿勢で使用するようにしましょう。

骨粗鬆症やリウマチ治療中の方の腰痛

 骨密度が極端に少なく骨が脆くなってしまう骨粗鬆症の場合は身体に過度な圧迫がかかったり、マッサージ機やマッサージチェアの部品が骨の出っ張り部分とぶつかることで、骨折してしまう危険があります。

 また、リウマチの場合は外部から強い刺激が加わることで、時間がたってから関節の痛みが悪化する可能性があります。

 そのため骨粗鬆症やリウマチ治療中の方には、マッサージ機やマッサージチェアの使用をおすすめしません。

 どうしても使用したい場合は、かかりつけの医師に相談してみましょう。

腰痛にマッサージ機やマッサージチェアを使用する場合の注意点

 マッサージ機やマッサージチェアは腰痛を緩和させるのに効果的ですが、正しく使用しなければ腰痛をかえって悪化させてしまう恐れがあるため注意が必要です。

 使い方や時間を守って安全に使用しましょう。

痛すぎない程度の強さ

 強ければ強いほど効果があると勘違いをして、マッサージ機やマッサージチェアの強度をあげて痛みをこらえながら使用する方がいますが、強すぎる刺激は腰痛を緩和させるどころか悪化させてしまう場合もあるためおすすめできません。

 刺激が強すぎると、筋肉が刺激から身体を守ろうとしてかえって硬くなってしまうばかりか、筋繊維に傷がついて筋肉を傷めてしまう恐れがあります。

 揉み返しも起こりやすくなってしまうため、マッサージ機やマッサージチェアを使用する際は痛すぎず心地よい程度の強さに設定しましょう。

長時間連続での使用は避ける

 心地よいからといって、マッサージ機やマッサージチェアを長時間連続して使用するのは避けましょう。

 長時間使用することで、筋肉が部分的に緩みすぎて身体のバランスが悪くなったり疲れが残る場合があるばかりか、新たな痛みを引き起こしてしまう可能性があります。

 1回の使用時間は20分から30分程度を目安にし、長時間連続での使用は避けるようにしましょう。

炎症症状の強い腰痛には使用しない

 熱感や腫れや鋭い痛みがあったり、炎症症状のある急性の腰痛には、マッサージ機やマッサージチェアの使用を控えましょう。

 マッサージをしている間は心地よいものですが、炎症症状のある場所に外部から刺激が加わることで、症状を悪化させてしまう恐れがあります。

 さらにマッサージチェアには背中から腰までヒーターが備え付けられている商品もあり、患部を温めることでさらに炎症症状を助長してしまいます。

 マッサージ機やマッサージチェアの利用は炎症症状が治まり、腰痛が鋭い痛みから鈍い痛みに変わるまで待ちましょう。

まとめ

 今回はマッサージ機やマッサージチェアがなぜ腰痛に有効なのかと、使用する際の注意点を併せてご紹介しました。

 自宅にいながら時間を選ばずに、気持ちの良いマッサージが受けられるマッサージ機やマッサージチェアは、長年にわたって腰痛に悩んでいる方や、身体をたくさん使う仕事をしていてこまめにセルフケアをしたい方に大人気です。

 付帯している機能や商品のグレードによって価格は異なりますが、どれにしようか決めかねてしまうほど様々な種類の商品が販売されています。

 マッサージ機やマッサージチェアは腰痛の予防や緩和にとても効果的なアイテムですので、正しい知識をもって安全に使用しましょう。

バナー画像

著者情報

腰痛メディア編集部
腰痛メディア編集部

痛みや体の不調で悩むあなたへ、役立つ情報をお届け。

自分の体の状況(病態)を正しく理解し、セルフマネジメントできるようになることが私たちの目的です。

記事のご意見・ご感想お待ちしております。

この著者の他の記事を見る