腰痛に対する治療として、保存療法と手術療法があります。手術療法はどのような場合にどのような方法で行われるのでしょうか。近年では内視鏡下での手術など、低侵襲な手術が行われることが多くなってきました。ここでは、腰痛の原因の代表的な疾患である腰椎椎間板ヘルニアと腰部脊柱管狭窄症の手術について解説していきます。

腰椎椎間板ヘルニアとは

椎骨と椎骨の間にある椎間板は、線維輪と髄核からできており、クッションのような役割をしています。この髄核というゼリー状のものが飛び出してしまい、神経を圧迫するのが腰椎椎間板ヘルニアです。神経が圧迫されることで、腰痛や下肢の痛み・しびれ、まひなどの症状が出現します。

腰椎椎間板ヘルニアの保存療法

まずは保存療法について見ていきましょう。腰椎椎間板ヘルニアの多くは自然に軽快するといわれており、保存療法を行うことが多いです。保存療法としては、コルセットの装着、牽引、マッサージ、鎮痛薬の内服や神経ブロックなどがあります。通常はこれらの保存療法3カ月から半年ほど様子を見ます。

腰椎椎間板ヘルニアの手術療法

保存療法を行っても改善しない場合や激しい腰痛を伴う場合、下肢のまひなどが出現している場合には手術療法が選択されます。手術によって腰痛や足のしびれなどの原因であるヘルニアを除去します。

以前は背部を大きく切開してヘルニアを切除していましたが、近年では内視鏡を用いた手術が普及してきています。背部を大きく切開するということは同時に筋肉も切開することになり、術後は3カ月ほどのコルセット装着と1カ月ほどのリハビリが必要でした。しかし、内視鏡下手術は傷口も小さく、術後の負担が大きく軽減しています。施設によっては日帰り手術も可能となりました。

ただし、すべての症例において内視鏡下手術が可能なわけではありません。腰椎椎間板ヘルニアの状態や健康状態、既往歴などを考慮したうえで治療法が決定されます。

腰椎椎間板ヘルニアの内視鏡下手術

腰椎椎間板ヘルニアに対する内視鏡下手術には、内視鏡下腰椎椎間板摘出術(MED)と完全内視鏡下腰椎椎間板摘出術(FED)があります。それぞれの特徴について見ていきましょう。

・内視鏡下腰椎椎間板摘出術(MED)
内視鏡下でヘルニアを摘出する手術です。傷口は20mm弱で、治療成績がいいとされています。入院期間は4~7泊です。背部を大きく切開する必要がないので、創部の痛みも軽く、術後の回復が早いです。4~7泊で退院となるので、早期に日常生活が戻ることが大きなメリットでしょう。

・完全内視鏡下腰椎椎間板摘出術(FED)
直径約7mmほどの微小な内視鏡を用いて椎間板を摘出する手術です。通常の内視鏡下手術より低侵襲であり、術後の痛みが少なく感染のリスクも少ないとされています。入院期間は2~3泊と短く、日常生活や仕事に早期に戻ることが可能です。また、傷跡が目立ちにくいこともメリットとして挙げられます。ただし、高度な技術を要するため、実施可能な施設はまだ多くありません。

腰部脊柱管狭窄症とは

次に、腰部脊柱管狭窄症について見ていきましょう。腰部脊柱管狭窄症は、骨や関節、椎間板などが肥厚して脊柱管が狭くなって症状が出現します。加齢などさまざまな原因で起こります。長時間歩くと症状が悪化し、少し休むとまた歩けるようになる「間欠性跛行」が特徴です。

腰部脊柱管狭窄症の保存療法

保存療法は腰椎椎間板ヘルニアと同様、牽引やマッサージ、鎮痛薬の内服や神経ブロックなどがあります。また、狭窄によって圧迫されている神経の血流改善目的としてプロスタグランジンE、末梢神経の障害改善目的としてビタミンB12などを投与することがあります。

腰部脊柱管狭窄症の手術

鎮痛剤の内服やコルセットの装着など、保存療法を行っても改善しない場合に手術療法が検討されます。手術が必要となるのは、間欠性跛行が悪化して歩行距離が短くなってしまった場合や排泄(はいせつ)機能の障害が出現した場合、筋力低下が出現した場合などです。手術の方法は大きく2つに分けられます。神経の圧迫を取り除く圧迫術と、神経の圧迫を取り除いた後に骨を移植して固定する除圧固定術です。

腰部脊柱管狭窄症の内視鏡下手術

腰部脊柱管狭窄症に対する内視鏡下手術には、内視鏡下腰椎椎弓切除術(MEL)と完全内視鏡下腰椎椎弓切除術(FEL)があります。それぞれどのような手術なのか見ていきましょう。

・内視鏡下腰椎椎弓切除術(MEL)
背部に20mm弱の皮膚切開をし、内視鏡の管を通します。椎弓を切除し、肥厚した黄色靭帯を取り除くことで神経の圧迫が解除されます。低侵襲な手術であることから、持病がなければ高齢者でも安心して実施できるとされています。背部を大きく切開する必要がないため、術後の回復が早いことや傷跡が目立たないこと、4~7泊と入院期間が短いことがメリットとして挙げられます。

・完全内視鏡下腰椎椎弓切除術(FEL)
直径約7mmほどの微小な内視鏡を用いて肥厚した黄色靭帯を摘出します。筋肉の剥離が最小限で済むため、脊柱の安定性を損なうことが少ないとされています。通常の内視鏡下手術よりも低侵襲であり、傷跡も目立ちません。術後の回復が早く、入院期間も2~3泊と短いことがメリットです。しかし、すべての腰部脊柱管狭窄症で適応となるわけではありません。腰部脊柱管狭窄症のタイプによって行えない可能性があることはデメリットであるといえるでしょう。

おわりに

今回は、腰痛に対する手術療法について説明しました。腰の手術と聞くと、大がかりで術後の歩行などへの影響を考えてしまう方も少なくないでしょう。しかし、最近では内視鏡を用いた低侵襲な手術も増えてきています。入院期間が短く、早期に日常生活や仕事に戻ることができるのは嬉しいですよね。

ただし、今回紹介した手術の中ではまだ実施している施設が少ないものもあります。また、疾患の状態によっては適応とならないこともあります。主治医と相談し、自分に合った治療法を見つけることが大切です。そして何より、自分の腰痛の原因を知ることが重要です。おかしいなと思ったら我慢せずに受診し、自分の腰痛はなぜ起こっているのか、またどのように治療していくのか相談するといいでしょう。

【参考】

岩井整形外科内科病院 ヘルニア手術
岩井整形外科内科病院 脊柱管手術
公益財団法人 長寿科学振興財団 健康長寿ネット

著者情報

腰痛メディア編集部
腰痛メディア編集部

痛みや体の不調で悩むあなたへ、役立つ情報をお届け。

自分の体の状況(病態)を正しく理解し、セルフマネジメントできるようになることが私たちの目的です。

記事のご意見・ご感想お待ちしております。

この著者の他の記事を見る
バナー画像