朝、ベッドから起き上がるとき腰に痛みを感じることありませんか?
もしかしたら、マットレスがあなたの体に合っていないのかもしれません。
体に合わないマットレスで寝ていると、睡眠中に腰への負担が大きくかかり、睡眠の質が低下してしまいます。
また「健康増進を図るなら、まず睡眠の改善から」と言われるほど、健康と睡眠は切り離して考えられない関係です。
つまり自分の体に合ったマットレスを使うことで、健康面のダブル効果が期待できます。
この記事では、腰痛が起こりやすいマットレスや、腰痛の方におすすめなマットレス、睡眠改善による健康面への効果を紹介しますね。
最近は、比較的安価なマットレスもたくさんあるので、あたなのマットレスを見直すきっかけにしてみてください。

腰痛が起こりやすいマットレスとは

体に合っていないマットレスは、常に腰に負担をかけている状態。
そんなマットレスで寝ていると、たくさん寝たとしても腰痛は治りません。
むしろ悪化してしまいます。
いま腰痛がない場合でも、身体に合っていないマットレスを使い続けていると、将来腰痛に悩むかもしれません。
この記事で、あなたのマットレスを見直すきっかけにしてみてくださいね。
身体に合っていないマットレスの代表的なマットレスは、3つです。
● 硬すぎるマットレス
● 柔らかすぎるマットレス
● ヘタったマットレス

硬すぎるマットレス

硬すぎるマットレスは、仰向けになったときにマットレスに触れる部分(腰や背中など)に体重がかかります。
その割合は、体重の約8%が頭部、約33%が背中、約44%が腰、約15%がふくらはぎです。
このことから腰は、他の場所に比べてかかる重量が多いことが分かりますね。
私も硬すぎるマットレスを使っていた経験があります。
仰向けになった時に腰への負荷がきつく、中々寝れませんでした。
また、 腰の部分がアーチ状に浮いてしまうことで、更に腰の負担がかかりやすくなります。 

画像引用:眠りのプロショップSawada

柔らかすぎるマットレス

柔らかすぎるマットレスは、仰向けになった時に腰が沈みすぎて横から見たときに「く」の形になります。
その「 く」の形は、腰にとって無理な寝姿勢なため負担がかかり、腰痛の原因 になります。
また、「く」の状態は寝返りがしにくくなります。
その状態で無理やり寝返りを打とうとすると、腰の筋肉のねじれ腰を痛めて腰痛につながります。
特に体格がしっかりした人は「く」の状態になりやすいので、自身の体格に合った柔らかさのマットレスかどうかを確認することが大切です。

画像引用:眠りのプロショップSawada

腰が沈むマットレス

寝姿勢で、一番重量がかかる腰の部分はマットレスで一番ヘタりやすい場所になります。
ヘタったマットレスは、正しい寝姿勢(背骨がS字カーブになっている状態)を保つことができなくなります。
マットレスの一般的な寿命は、5年から10年です。
買ったときは丁度良かったマットレスも、長年使うことで身体に合わなくなっているかもしれません。
あなたのマットレスは、大丈夫ですか?

腰痛の方におすすめのマットレス

マットレスの種類は、大きく分けて2分類4種あります。
まず分類は、コイルあるかないかで分けられます。
コイルがない「ノンコイル型」と、コイルがある「インコイル型」です。
コイルとは、鋼線(こうせん)というバネやネジに使われる丈夫な素材を、円柱のスプリングにしたものです。
またその分類は、それぞれ2種類に分けることができます。
ノンコイル型は低反発と高反発です。
低反発は、聞いたことがある人が多いのではないでしょうか。
体重をかけたときに、じわ~っと沈み身体を包み込むのが特徴ですよね。
高反発は、体重をかけたときに身体が沈む込みにくく、身体をしっかり支えてくれるので寝返りが打ちやすい素材です。
インコイル型はポケットコイルとボンネルコイルです。
ポケットコイルは、コイルが1つ1つが不織布におおわれています。
そのコイルがマットレスにしきつめられています。
つまり1つ1つのコイルに体重がかかかるので、体圧を分散できる効果はあります。
ボンネルコイルマットレスは、コイルを連結して作られています。
そのおかげで、マットレスの面全体で身体を支えれるので、身体の一部にのみ負荷がかかるのを防ぐことができます。

腰痛に効果的なマットレスのポイント3つです。
● 腰部が沈み込まないこと
● 寝返りがうちやすいこと
● 長時間同じ部分に負荷をかけないこと
この点から腰痛があるあなたには、高反発マットレスとボンネルコイルマットレスがおすすめといえます。
最近、低反発を用いた商品をよくホームセンターで見かけますよね。
私が低反発を知ったとき、体重をかけた時にじわ~っと沈み身体を包み込んでくれので「低反発は身体にとっていい素材だ」と思いました。
しかし腰痛がある場合は、低反発より高反発がいいことにびっくりしました。
どういう効果をマットレスに求めているかで、自分の身体に合うマットレスは違うということがよくわかりました。
ではなぜ、高反発マットレス・ボンネルコイルマットレスが腰痛に効果的なのかについて紹介します。
種類が「高反発マットレス」「ボンネルマットレス」と言っても、商品により硬さやフィット感が違います。
気になったマットレスの様々な商品に実際に寝てみて、あなたに合ったマットレスを探してみてください。

ノンコイル型 高反発マットレス

画像引用:高反発マットレス
画像のようにぎゅっと押しても、手の形が残らずにすぐ戻るくらい「跳ね返す力」が強いマットレスのことを、高反発マットレスといいます。
ウレタン素材や網状の樹脂で出来ており寝心地は硬めです。

デメリット

通気性の良いということは、デメリットにもなります。
保温性が低くなってしまうのです。
その結果、冬場に寒さが気になるという方もいます。
しかしこの点は、パットシーツ等で防寒対策すれば大丈夫ですね。
また、低反発マットレスと比較して価格が高めのものが多いのもネックです。
さらに横向きに寝た時に肩や腰骨など、マットレスに接している部分だけで体を支えるように感じます。
その状態が、不安定で寝にくいと感じる方もいます。

メリット

跳ね返す力が強いので、重みに反発し腰部分が沈み込み過ぎるのを防いでくれます。
あなたの腰をしっかり支えてくれ、正しい寝姿勢(背骨がS字カーブになっている状態)を保ちやすくなるということですね。
また、寝返りがうちやすいのも特徴です。
寝返りが打ちやすいことで、睡眠中に適度な寝返りを促します。
適度な寝返りは、血行が良くし筋肉の疲労回復に効果があります。
また、体圧分散にも優れているので、体圧が腰などの1点に集中するのを防ぎ、腰痛防止になります。
さらに通気性がとてもよいです。
通気性が良いとカビが生えにくいので、カビに敏感な人には嬉しいメリットですね。

高反発マットレスがオススメな人はあなた

腰部分が沈みにくく寝返りも打ちやすい、また体の一部分に長時間の負荷がかかるのを防止できるので、肩こりや腰痛を持っている人に向いています。
また、体重が軽いとフィット感を感じにくいため体重50kg以上の一般的な体型の人向きです。
男女問わず、骨や筋肉がしっかりしている方にもおすすめです。
また最近では、高反発マットレスが注目を集め低反発マットレスより製品数が増加しています。
通気性に特化した商品、軽さに特化した商品、耐久性に特化した商品と様々です。
あなたにぴったりな高反発マットレスを探してみてください。

インコイル型 ボンネルコイルマットレス

画像引用:ボンネルコイル
コイル同士を連結させて作られているので、とても丈夫な作りになっています。
このマットレスの特徴は、点ではなく面で体を支えてくれるところです。
体重をかけた時にもグッと腰をサポートして沈み込みすぎるのを防いでくれるので、腰痛改善が期待できます。
「硬いコイルは、寝心地が痛いんじゃない?」と心配になりませんか?
そこは大丈夫です!
ボンネルコイルマットレスは不織布や綿、ウレタンなどを層にした詰め物が、上下からコイル部分をはさむように作られているので、硬いスプリングは身体に直接はあたりません。

デメリット

コイル同士をつなげて作られているため、振動がマットレス全体に伝わりやすいです。
夫や妻、彼氏や彼女、お子さん等だれかと一緒に寝る方は寝返り打っただけで相手を起こしてしまうかもしれません。
また、品質のよくないものは詰め物が薄いです。
詰め物が薄いとコイルの硬さが体に伝わりやすく、痛い感じるものもあります。
さらに、ボンネルコイルマットレスは鋼線(こうせん)を端から端まではりめぐらせて丈夫に作られています。
その反面、マットレス自体がとても重くなってしまいます。
重量があると、移動や処分が大変なのでデメリットにもあります。

メリット

ウレタンや不織布、綿などを層にした詰め物でおおわれていますが、中央部分はコイルのため、通気性が良いです。
通気性が良くないマットレスは、定期的にマットレスを壁に立てて風通しすることでカビ予防をしなくてはいけません。
もしカビが発生した場合は、取り除くのも大変です。
通気性が良いことは、湿気やカビが発生予防が出来るのは嬉しいですね。
また、面で身体を支えるため体のカーブにフィットしすぎません。
その結果、適度な寝返りがうちやすく質の高い睡眠を得られます。
さらに、鋼線(こうせいん)で出来たコイル同士を連結しているため、耐久性に優れています。
マットレスは決して安い買い物ではないので、耐久性に優れていることで、マットレス長持ちしてくれるのは嬉しいですね。

ボンネルコイルマットレスがオススメな人はあなた

構造上、振動が伝わりやすいため1人で寝る方におすすめです。
また面でしっかり支えてくれるので、ある程度しっかりした体格の人のほうが向いています。
腰など一部分だけが沈み込むことがなく、寝返りもうちやすいので、腰痛悪化を防止したい人にもおすすめです。
通気性が良いので、湿気やカビが気になる方にも一押しの商品です。

睡眠改善のダブル効果

繰り返しになりますが「健康増進を図るなら、まず睡眠の改善から」と言われるほど、健康と睡眠は切り離して考えれない関係です。
良い睡眠とは、浅い睡眠(レム睡眠)と深い睡眠(ノンレム睡眠)を一定のリズムで繰り返している状態です。
マットレスで睡眠を改善して、一定のリズムを刻むことが出来れば健康面でも様々な効果があります。
ここでは主な効果を4つ紹介します。
● 効果① 疲労回復
● 効果② 肥満防止
● 効果③ ストレス解消
● 効果④ 肌質の改善

効果① 疲労回復

良い睡眠には、疲労回復効果があります。
睡眠中に成長ホルモンが多く分泌するからです。
成長ホルモンには、疲労・破損した体組織を修復・再生する働きがあり、疲労や痛みがある細胞や体組織を、回復させます。
また、成長ホルモンは体内での代謝活動も促進させているんです。
身体の一部だけではなく、疲労の自覚症状がない部分にも働くため全体を休養させることができます。
疲れたときに長時間睡眠をとることで、翌朝回復するのは成長ホルモンのおかげなんですね。
だから、良い睡眠には疲労効果があるということなんです。

効果② 肥満防止

充分な睡眠がとれると、肥満防止効果があります。
睡眠中に、エネルギー代謝を促進するホルモンたくさん分泌されるおかげです。
また、食欲をコントロールするホルモンも適切に分泌され、余分なカロリー摂取を防ぎ、身体の代謝を促されます。
これによってダイエット効果も期待できるんですよ。
私自身、睡眠不足が続くと食べる物の選択が疎かになります。
いつもはカロリーや成分を気にして食べるものを考えれますが、睡眠不足になると考えられなくなり「これでいいや」と適当に選んでしまっていました。
睡眠を十分とると、またしっかり食べるものを考えられます。
このことから、肥満防止効果があることが分かりますよね。

効果③ ストレス解消

充分な睡眠をとることでストレスの解消が期待でします。
ストレスがかかると、コルチゾールというホルモンが多く分泌されます。
このホルモンが原因で、自律神経を乱し過剰な不安感を生み出し抑うつ状態になってしまうのです。
深い眠りで脳も休まり、自律神経の働きが整うため、ストレスからの回復・耐性も向上が期待できますよ。

効果④ 肌質の改善

良い睡眠には、肌質の改善効果があります。
睡眠中に分泌される成長ホルモンが、ターンオーバーを促すおかげです。
ターンオーバーというフレーズ、聞いたことあるのではないでしょうか。
ターンオーバー、つまり肌の生まれ変わりとういう意味ですね。
肌は、約6週間のサイクルで生まれ変わっています。
しかし寝不足等のストレスにより、そのサイクルが乱れると肌トラブルにつながります。
そのサイクルを整えてくれるのが成長ホルモンということなんですね。
成長ホルモンは、深い睡眠(ノンレム睡眠)にしか分泌されません。
睡眠を改善し、深い睡眠(ノンレム睡眠)の時間帯を多くすることで成長ホルモンの分泌量を増やした結果、肌の修復や新陳代謝を促進し肌が綺麗になります。

睡眠改善で心と身体を健康に

この記事のまとめです。
● 腰痛が起こりやすいマットレスは3種類
● 腰痛の方には、高反発マットレスとボンネルコイルマットレスがおすすめ!
● 睡眠改善すれば健康面への効果がたくさん!主な4つ紹介

腰痛は、良質な睡眠をとり身体の筋肉を休めることで症状が改善するといわれています。
マットレスは高価な買い物なので、買い替えるのに抵抗がある方もいるのではないでしょうか。
しかし、人生の3分の1は睡眠時間と言われています。
マットレスを替えるだけで、睡眠時間中に心と身体の健康を手に入れれるなら安いものですよね。
マットレスは、実際に寝てみることが大切です。
お近くのお店で色んなマットレスを試し、自分の身体に合う物を見つけて見てください。

参考文献
「もう迷わない!元家具販売員が教えるマットレスの選び方」 著者:みそ

著者情報

腰痛メディア編集部
腰痛メディア編集部

痛みや体の不調で悩むあなたへ、役立つ情報をお届け。

自分の体の状況(病態)を正しく理解し、セルフマネジメントできるようになることが私たちの目的です。

記事のご意見・ご感想お待ちしております。

この著者の他の記事を見る
バナー画像