厚生労働省の調べによると、腰痛は日本人男性において健康上一番の悩みとなっており、女性においても二番目の悩みとなっています。

ただ、それほど多くの方が腰痛に悩まされているのにもかかわらず、検査をしてもほとんどの腰痛が原因不明とされます。なぜそのようなことが起こるのでしょうか。

腰痛の種類

筋膜を緩める②0419
腰痛には大きく分けて、特異的腰痛と非特異的腰痛の2種類があります。それぞれについて簡単にご紹介します。

特異的腰痛とは

特異的腰痛とは簡単にいうと、検査をしたときにハッキリとした原因が分かる腰痛のことを意味します。また、危険性が高い腰痛といわれるケースもあります。

特異的腰痛としては、腰椎椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、腰椎圧迫骨折、感染性脊椎炎、脊椎腫瘍などがあげられています。

非特異的腰痛とは

非特異的腰痛とは検査をしても原因不明とされる腰痛を意味します。そして、腰痛の多くは原因不明、すなわち非特異的腰痛に分類されています。

腰痛と聞いた方の中にはぎっくり腰をイメージされる方もいらっしゃると思いますが、あれほど激しい痛みをともなうぎっくり腰であっても、そのほとんどは非特異的腰痛=原因不明とされます。

原因不明の腰痛はストレスから?

筋膜を緩める③0419
皆さんは何らかの症状を訴えて病院へ行き、検査をしても異常がみられなかったときに「ストレスはありませんか?」と聞かれたことはないでしょうか。原因不明の腰痛もストレスと関係があるといわれますが、その根拠はどこにあるのでしょう。

腰痛は気の病?

2013年の朝日新聞朝刊に、「日本の腰痛人口は2800万人」「そのうちの8割は原因不明」という記事が載ったことを、ご記憶の方もいらっしゃるかもしれません。

紙面ではさらに、急性期の腰痛には痛み止めなどを用いた投薬治療を推奨し、1ヶ月以上続く慢性的な腰痛には、向精神薬や抗不安薬を強く推奨すると書かれていました。

つまり、原因不明とされる腰痛は精神的な問題だと判断したと考えられます。2019年にガイドラインの見直しがおこなわれましたが、そこでもストレス低減法が腰痛の改善に効果的であった旨が記されています。

ストレス低減法で腰痛が緩和することは当たり前

日本整形外科学会と日本腰痛学会が策定する「腰痛診療ガイドライン2019改訂第2版」によると、ストレス低減法によって、腰痛の緩和がみられたということです。

そこには、『腰痛の予防には健康的な生活習慣と穏やかでストレスが少ない生活が推奨される』と書かれています。

この説明に関してですが、腰痛の部分を「風邪」や「肥満」、「頭痛」に置き換えても意味が通じると思います。つまり、ストレス低減法で腰痛が緩和することは、ある意味、当然のことといえるのです。

ストレスと腰痛との関係

筋膜を緩める⑤0419
ストレスは万病のもとといわれますが、腰痛に関して医学的にみた場合、もう少し詳しく説明することが可能です。

ストレスによって脳内物質の分泌に変化が起こる

ストレスが心身にともなってよくない存在であることはなんとなく分かりますが、腰痛に関していうと、ストレスによって脳内物質の分泌に変化が起こるため、腰痛のリスクが増すと考えられています。

脳内ではさまざまな物質が分泌されていますが、心理的なストレスが高まると、痛みを抑えるためのオピオイドなどの分泌量が減少し、腰痛のリスクを増すとされています。

ストレスによって自律神経のバランスが乱される

心理的ストレスが高まると、脳内の神経伝達物質の一種である、セロトニンの分泌量が減少することも分かっています。

脳内にはセロトニンのほかに、ドーパミン、ノルアドレナリンといった神経伝達物質があり、これらを総称して3大神経伝達物質と呼んでいます。

極めて簡単に説明すると、ドーパミンとノルアドレナリンには、神経を興奮させるアクセルの役割があります。一方、セロトニンにはドーパミンとノルアドレナリンを暴走させないための、ブレーキとしての役割があります。

ところが、ストレスによってセロトニンの分泌量が減少すると、ドーパミンとノルアドレナリンが暴走状態になり、神経の興奮状態が続くこととなります。

神経の興奮状態が続くことで自律神経のバランスが乱され、身体を休める時間になっても神経が落ち着かず、身体の回復力が低下します。その結果、腰痛のリスクを増すというわけなのです。

腰痛が原因不明とされる理由

筋膜を緩める⑥0419
日本人の多くが腰痛に悩まされているのに、なぜ、そのほとんどは原因不明とされてしまうのでしょうか。

筋肉の緊張をみていない

整形外科など腰痛を専門としている診療科では、基本的にレントゲンやMRIといった画像診断をおこない、その結果をもとに治療が進められます。

ただ、原因が分からなければ治療法を決定することもできません。そのため、対症療法的にシップや痛み止めが出されるわけです。

画像診断では主に骨や神経の異常を確認しますが、ほとんどの腰痛において骨や神経の異常はみられません。そのため、多くの腰痛が原因不明とされるのです。

ただ、現実に痛みや機能障害が出ている以上、どこかに必ず原因があるはずです。その原因として考えられるのが筋肉の緊張です。

私たちが一般的に筋肉ととらえているものは骨格筋です。骨格筋はその名の通り、骨格を支えたり、関節を動かしたりするときに用いられます。

ところが、何らかの理由によって筋肉が緊張して硬くなると、関節の動きが悪くなり、その結果、腰痛の発症リスクを増すというわけなのです。

筋膜の緊張をみていない

筋膜というと、筋肉を覆う膜をイメージされるかもしれません。確かに筋膜は筋肉を覆う膜なのですが、それ以外にも骨や神経、血管、内臓などを覆っています。

全身をボディスーツのようにすっぽりと覆う筋膜は「第二の骨格」と呼ばれることもあり、最近になって注目を集めるようになっています。

例えば、シャツの裾を下に引っ張ると、背中や肩の部分も引っ張られると思います。つまり、背中のこりや肩のこりが、腰や臀部(お尻)に起因していることも考えられるというわけです。

腰痛の改善や予防になぜヨガやストレッチ、ピラティスなどが有効とされるかというと、腰痛の原因となっている筋膜を緩めることができるからなのです。

腰痛がある場合の対処法

筋膜を緩める⑥0419

腰痛の中には、残念ながら手術を必要とするものもあります。反対に、自分で努力をしたり、施術を受けたりして改善が可能な腰痛もあります。その簡単な見分け方をご紹介します。

病院でみてもらうべきケース

腰痛にともなって、明らかに日常生活に支障を来すような場合、なるべく早めに病院でみてもらうことが重要です。

例えば腰椎椎間板ヘルニアには、馬尾型のヘルニアといって、歩行障害や排便障害、排尿障害などをともなうものがあります。このような症状が出ている場合、最悪の場合は手術が必要となります。

一方、腰椎椎間板ヘルニアの中でも神経根型のヘルニアは比較的症状が軽く、自然と治ってしまうケースも少なくありません。

自分で改善が可能なケース

腰痛が自分で改善できるかどうか、簡単にチェックする方法が、湯船に浸かってみることです。湯船に浸かったときに腰痛が楽になるようであれば、その腰痛は自分で改善が可能です。もちろん、整骨院や整体院などで施術を受けるという手もあります。

<h2>まとめ

かつては腰痛のほとんどが原因不明とされていましたが、腰痛を専門的に扱う医師の増加などにともない、骨や神経以外に腰痛の原因があることも分かってきました。

これまで原因不明とされてきた腰痛の多くが、筋肉や筋膜の緊張によって起こると考えられるようになってきているのもそのためです。

日常生活に支障を来すような腰痛は速やかに病院でみてもらうべきですが、それ以外の腰痛に関しては、適切な対処をすることで改善が期待できます。

「病院で原因不明といわれたから」「腰痛は付き合っていくしかない」とあきらめず、腰痛の本当の原因と向き合い、自分にあった方法で改善していくことが重要です。

<参考文献>

非特異的腰痛とは・22世紀医療センター 
https://lbp4u.com/youtu/

腰痛診療ガイドライン2019改訂第2版・日本整形外科学会、日本腰痛学会
https://minds.jcqhc.or.jp/docs/gl_pdf/G0001110/4/Low_back_pain.pdf 

国民生活の基礎調査・厚生労働省
https://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/k-tyosa/k-tyosa10/3-1.html

著者情報

腰痛メディア編集部
腰痛メディア編集部

痛みや体の不調で悩むあなたへ、役立つ情報をお届け。

自分の体の状況(病態)を正しく理解し、セルフマネジメントできるようになることが私たちの目的です。

記事のご意見・ご感想お待ちしております。

この著者の他の記事を見る
バナー画像