腰痛になった時に鍼灸院を受診した経験はありますか?行ったことがないという方が大半ではないでしょうか。鍼灸治療を今まで一度も受けたことのない人口は全国民の70~80%とも言われています。多くの方が鍼灸院に行ったことがないというのが実状です。
腰痛の症状に悩まされている時に鍼灸治療を考えたことがある方は意外に多くいます。鍼灸院を受診することをためらう理由には何があるのでしょうか。理由として、「興味はあるけれどなんだか入りづらい」「実際にどんな治療をしてもらえるのかがわからなくて不安」「費用が高そう」などがあります。
そこで、実際に鍼灸院がどんなところでどんな治療をしてもらえるのかを詳しくご紹介したいと思います。

鍼灸院で治療を受ける前に

 鍼灸治療を受ける前に基本的なことを知っておくと、ニーズに合った鍼灸治療を受けることができます。ここでは、鍼灸治療が受けられる施設・安全性・費用などについてお伝えします。

鍼灸治療が受けられる施設
 鍼灸治療が受けられる施設として、鍼灸院・鍼灸整骨院・大学病院等があります。それぞれ特徴を見ていきましょう。
● 鍼灸院:しっかりと鍼灸治療が受けられます。個人経営や小規模な場合も多く、アットホームな雰囲気な反面、初めてでは入りづらいことも。最近は美容鍼の流行で、大型でサロンのような鍼灸院も増えてきています。
● 鍼灸整骨院:鍼灸院と整骨院が併用された施設です。初めてでも入りやすい雰囲気で店舗数も多いので一番身近な施設と言えます。ただし、鍼灸治療をメインに行っていないところもあるため、しっかり鍼灸治療を受けたいと受診した方には物足りなかったという声もききます。事前にどんな治療をしてもらえるのか尋ねておく方がよさそうです。
● 大学病院など:病院でも鍼灸治療が受けられるところがあります。「東洋医学科」「鍼灸外来」などの名称で専門科として設けられています。西洋医学やリハビリテーション分野との連携も取りやすく、医師の指示で鍼灸治療を進められる場合もあります。大学病院などは、受診の際には紹介状が必要だったりと必要な手順を踏む必要があります。
 鍼灸治療を受けられる施設は色々ありますが、鍼灸院や鍼灸整骨院が一番身近にある施設です。昔よりも入りやすい店構えのところが増えてきた印象で、初めてでも入りやすくなったと感じます。一人一人と向き合ってしっかり治療するために予約制にしているところが多いので、初めて受診する際には、まず電話等で問い合わせてみるのがおすすめです。

鍼灸治療の安全性
 安全面は特に気になるポイントではないでしょうか。鍼灸治療は、「はり師」「きゅう師」という国家資格を持った者が行います。彼らは人間の身体の構造や東洋医療の分野に精通しており、鍼を刺しても身体に危険が及ばないように安全に手技を行います。
 物品等に関しても、鍼は滅菌されたものを用い、その都度廃棄するディスポーザブル鍼です。感染防止策も十分に取られています。

鍼灸治療の費用
 費用がわからないと心配ですよね。鍼灸治療は高いというイメージもあり、鍼灸治療を躊躇する要因になっています。鍼灸治療は実費治療と保険治療に分けられます
● 実費治療:施設ごとに決定されるため費用に差があります。地域性もあります。また、特化した技術を用いるところでは、費用も高く設定されていることもあります。事前に問い合わせておくと安心です。
● 保険治療:腰痛による鍼灸治療では健康保険が適応されます。保険治療の場合には、その腰痛を診てもらっている「医師の同意書もしくは診断書」が必要となります。保険証と同意書もしくは診断書を持参し保険適応の施設に受診すれば、負担割合分の費用で治療が受けられます。

腰痛に対する鍼灸治療の効果と実際

 実際にどんな治療をしてもらえるのか、効果はどうなのか、気になるところだと思います。国民の70~80%が未体験な鍼灸治療、病院には行ったことあっても鍼灸院には行ったことない人がほとんどです。直接体験談もなかなか聞けません。ここでは、特に知りたい有効性や治療についてお伝えします。

鍼灸治療の有効性
効果については一様に言えませんが、WHO(世界保健機構)により、「腰痛は鍼灸治療の適応である」と認められています。日本では神経痛、リウマチ、五十肩などと並び腰痛も保険適応疾患とされています。このようなことからも、腰痛に鍼灸治療は有効性が期待できると考えられます。

どんなタイプの腰痛なら治療できるのか
 ぎっくり腰になって鍼灸治療に行ったという例が多く見受けられます。しかし、その他様々な腰痛の治療にも鍼灸治療は期待できます。鍼灸治療には「鍼麻酔」といわれるような痛みを緩和させる技があります。また、緊張してしまった筋肉を緩めるにも大いに効果を発揮します。多くの腰痛は筋緊張性によるものなので、鍼灸治療は効果に期待が持てます。器質的(骨折やヘルニアなど)な原因だとそれを即座に回復させることは無理ですが、それに付随して生じた筋緊張などによる症状を軽減させることができます。

腰痛に対する鍼灸治療の一例
 実際にどんな治療をされるのかイメージできると鍼灸院などにも行ってみやすくなるのではないでしょうか。治療の一例を紹介します。
 まず、問診や診察を受けます。問診の中で腰痛の原因や要因が見つかる場合も多くあります。既往歴や治療中の疾患・服薬中の薬などもあれば聞かれるので、答えられるように準備しておくと安心です。術衣に着替え、鍼や灸を受けます。施術はベッドでゆっくりと横になり行います。腰だけでなく、足や腕、頭部など様々な部分の経穴(ツボ)も使います。鍼は髪の毛よりも細い太さなので、ほとんど痛みを感じずに行うことができます。初めは緊張もありますが、慣れると心地よい刺激に眠ってしまう人もいるそうです。治療後は通常の日常生活を行えます。人によってはけだるいような軽い倦怠感を感じる人もいますが、ほとんどいつもと変わりません。
 簡単に一連の流れをご紹介しましたが、鍼灸治療には様々な方法があります。鍼灸師によって用いる治療方法は様々なので受けてみないとわからないところもあります。返せば、1度合わなかったとしても、他の鍼灸院で効果が実感できたという場合も良くあります。

 鍼灸院は、国家資格を持った鍼灸師が鍼とお灸を用いて治療を行う施設です。そして腰痛は、WHO(世界保健機構)でも鍼灸治療が有効と認められていたり、日本の健康保険でも保険適応疾患にも指定されています。このように、鍼灸治療には効果が期待できるにもかかわらず、多くの方が鍼灸院への通院ためらっている現状があります。わからないことや不安が解消されれば、安心して鍼灸院での治療を選択肢の一つとして考えられるのではないでしょうか。腰痛緩和・改善のための方法の選択肢が増えるということは素晴らしいですよね。興味のある方は是非一度鍼灸院で話だけでも聞いてみてください。

参考文献
矢野忠, 坂井友実, 安野富美子, 鍋田智之. 我が国における鍼灸療法の受療状況に関する調査 年間受療率と受療関連要因(受けてみたいと思う要因)について. 医道の日本 2015; 74(8): 209-219.

著者情報

腰痛メディア編集部
腰痛メディア編集部

痛みや体の不調で悩むあなたへ、役立つ情報をお届け。

自分の体の状況(病態)を正しく理解し、セルフマネジメントできるようになることが私たちの目的です。

記事のご意見・ご感想お待ちしております。

この著者の他の記事を見る