心と脳にアプローチする「マインドフルネス」を使った治療法をご存知ですか?
痛みのコントロールや、ストレスを解消できると言われています。

慢性痛は、身体的な痛みの問題だけではありません。
痛みによって引き起こされる、苦痛・絶望感・無力感などの感情が、治療を困難にさせています。

この記事では、マインドフルネスが痛みに効果的である科学的根拠や、やり方をわかりやすくご紹介します。

痛みの種類

画像12
・重いものを持ち上げようとしたら腰が痛くなった。
・交通事故で強く打ってしまった。

このような痛みは「急性の痛み」と呼ばれます。
原因がハッキリとしていて、長時間続くことはありません。
薬や手術などの処置で痛みがなくなります。

これに対し
・いつまでたっても痛みが取れない
・病院で、どこにも悪い箇所はない、と言われる

このような痛みは「慢性的な痛み」と呼ばれます。
原因が良く分からず、医学的な処置をしたとしても、改善しません。
その痛みが半年以上続いたり、一定期間ごとに繰り返されたりする場合は、慢性状態と言えるでしょう。

痛みの原因はこころ?

画像13
「薬も効かないなんて・・・」と落ち込まないでください。

慢性痛の治療に重要なのは、痛みを、「脳のシステムの問題」と認識し直すことです。

痛みを感じるとき、脳内で活動が盛んになる領域があります。
これをペインマトリックスと呼びます。
この領域には、ストレスと大きく関係がある扁桃体や記憶を司る海馬などが含まれています。
脳全体で、様々な情報が神経ネットワークを通じてやり取りされた結果、痛みというものが生み出されています。

つまり、痛みは感情と大きく関係があるということです。

その証拠に、ストレス対処能力が高い人ほど腰痛が治りやすい、というデータもあります。
(引用論文:慢性腰痛患者におけるストレス対処能力に関連する因子についての検討

マインドフルネスとは

画像14

メディアなどで見聞きすることが多くなった「マインドフルネス」。
世界的な一流企業や著名人が実践していることで、日本でも知名度が上がりました。

マインドフルネスを簡単に説明すると、「今の自分にただ、気が付いている状態」のことを言います。
ただ気が付く、とは、どのような意味なのでしょうか。

鎌倉一法庵の住職である山下良道氏は、このように説明します。

『私たちが常に、評価、好き嫌い、とらわれでできた映画の世界を生きていることを自覚したうえで、その映画の世界から外に出ること。(中略)私たちは映画を出たところから、すべてをマインドフルに観るのです。』

(出典:集英社 「マインドフルネス×禅」であなたの雑念はすっきり消える 山下良道著)

つまり、主観で物事を判断する自分から、脱却するという意味です。

あなたは腰が痛い、と思っていますね。
その「痛み」と名づけていること自体が、あなたの主観なのです。
また「ずっと治らなかったらどうしよう。」「こんなに痛いのでは旅行も楽しめない」
と考えていませんか?
これらもすべて主観です。
主観、つまりあなた自身の感情が、痛みを増幅させているのです。

自分が抱えている感情に気がつくために、マインドフルネス瞑想をしましょう。

今の自分の痛みを「ありのまま」に受け入れます。
「痛みなんて受け入れたくない」という思いも、そのまま受け入れましょう。

マサチューセッツ大学医学大学院教授であり、同大マインドフルネスセンターの創設所長であるジョン・カバット・ジン氏は自著でこのように表現しています。

『瞑想中に痛みとどうやってつきあうかを説明するときに、“座布団を差し出して、「どうぞいらっしゃい」という気持ちで”と教えています。(中略)出来るだけ中立的な立場で痛みに接触し、判断をいれずに観察し、実際にどんな感じがするかを細かく感じ取るということです。』
(出典:北大路書房 マインドフルネスストレス低減法 J.カバットジン著)

「痛み」と「自分自身」を分けて客観的に観察することによって、痛みが和らいでくることがわかっています。

瞑想の効果

画像12
「そんなこと言われても瞑想って胡散臭い。」そんなあなたに、
米国健康維持機構で最大の組織、カイザーパーマネンテワシントン健康研究所の実験をご紹介します。

成人した慢性腰痛患者342人を無作為に

・CBT(悪い行動選択や否定的な考えを認識し、認知し直す治療法)を受けるグループ

・マインドフルネスストレス低減法(瞑想とヨガを組み合わせたプログラム)を受けるグループ
・通常のケアを受けるグループ

の3組に分けました。

それぞれ、週に8回、1回2時間ほどのプログラムを26週間受けてもらいました。
結果、従来の治療法で改善がみられた患者は44%だったのに対し、CBTでは58%、マインドフルネスストレス低減法を行った患者では61%に改善がみられました。https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/27002445/

マインドフルネスが、慢性腰痛の患者にとって効果的な治療選択肢であることを示唆しています。

マンドフルネスのやり方

 腰痛に効果が期待できるマインドフルネス瞑想のやり方をお伝えします。

マインドフルネスヨガ

画像16
常に「今の自分」を観察しながら行うヨガです。
ポーズの完成度は問いません。頭で考えず、心の声を聞きながらポーズをとりましょう。
ポイントは大きくゆっくりとした呼吸を繰り返すことです。
お布団の上でも出来る、簡単なヨガポーズをご紹介します。

①チャイルドポーズ
画像17
1.四つんばいになります。肩の下に手のひら、腰の下に膝が来るようにセットしましょう。
2.息を吸って、吐きながらゆっくりとおしりをかかとに下ろします。
3.おでこをマットにつけます。手は楽な場所に置き直しましょう。
4.背中の力を抜き、深呼吸しましょう。

息を吸ったときお腹だけでなく、背中も膨らむ感覚を味わいます。
5回から10回ほど深呼吸します。

②ワニのポーズ
画像18
1.仰向けになります。
2.左の脚は伸ばし、右の脚は曲げます。
3.左手で右ひざを掴み、息を吸って吐きながら左に膝を倒しツイストします。
4.両肩はしっかりとマットに付け、顔は右を向きます。

体の力を抜きましょう。重力に身を任せます。
5回から10回ほど深呼吸します。
反対側も同様に行いましょう。

呼吸瞑想

マインドフルネスの基本、呼吸瞑想のやり方です。
いつでも、どこでも行えます。

1.楽な姿勢で座ります。自分がまるで富士山になったような気分で座ってみましょう。
自然と背筋が伸び、ゆったりとした気分で座ることが出来ます。

2.深呼吸を3回行います。この時お腹が大きく膨らむ、腹式呼吸を意識します。

3.軽く目を閉じ、自然な呼吸に戻します。

4.呼吸に意識を向けましょう。
鼻から吸った息が喉を通って肺に入り、体温と同じ温度になって鼻から抜けていく。
その様子を観察します。

5.「腰が痛い」「明日何を食べようかな」こんな風に頭の中はすぐに別のことを考え出します。そのことに気がついたら、優しく意識を呼吸に戻しましょう。

この時、考え事をしていることに善悪の判断をつけないようにしてください。
「ありのまま」受け入れます。

※途中、腰が痛くてどうしようもなくなったら、痛みの傍観者になったつもりで観察しましょう。
「耐えられない」「今すぐやめたい」そういった感情を受け流します。
ただ、今の体の痛みと一緒に呼吸を続けます。

まずは5分から10分を目安に行ってみてください。


さいごに

マインドフルネスは「心のトレーニング」と言われています。
筋トレをして、1日で筋肉がつかないのと同じように、瞑想も、1.2回行ったらすぐに腰痛が改善するわけではありません。
少しずつで良いので、毎日、行うようにしましょう。

ただ、がんばりすぎは禁物です。
期待せず、忍耐強く、そして自分自身に愛情を持って瞑想を続けて行きましょうね。
あなたの毎日が、今よりも輝かしいものになりますように!

著者情報

腰痛メディア編集部
腰痛メディア編集部

痛みや体の不調で悩むあなたへ、役立つ情報をお届け。

自分の体の状況(病態)を正しく理解し、セルフマネジメントできるようになることが私たちの目的です。

記事のご意見・ご感想お待ちしております。

この著者の他の記事を見る
バナー画像