「整骨院」とはどんな場所かご存じですか?
腰痛や肩こりがひどい時などに行くイメージがあると思いますが、本記事では整骨院にはどのような専門家がいてどのような施術が行われているのかなどについて紹介します。

整骨院とは?

整骨院とは「接骨院」や「ほねつぎ」とも呼ばれる場所で、基本的に「柔道整復師」と呼ばれる国家資格の保持者が施術を行う場所です。
整骨院は病院と同じように国民健康保険・社会保険・組合保険・老人医療保険・労災保険や生活保護・母子家庭等医療費助成制度・乳幼児医療費助成制度、さらに交通事故に遭った場合などは自賠責保険を利用することができますよ。
健康保険を利用した場合は急性期のケガの他に捻挫や打撲、さらには骨折や脱臼の応急処置などを行ってもらうことが可能となっています。また、医師の同意がある場合は骨折や脱臼の経過を診てもらうことも。
もちろん腰痛に対する治療も保険適用内で診てもらうことができますよ。腰痛の他にぎっくり腰や肉離れ、靭帯損傷など日常生活やスポーツなどで起きた急性の痛みを施術のみで軽減させることが可能です。
また交通事故に引き起こされたむちうちや腰痛などは頚椎・腰椎損傷にあたるため、窓口負担なしの自賠責保険が適用されることが多いようです。

整骨院でできること

整骨院では柔道整復師が、腰痛などの症状に対してマッサージなどの施術を行います。基本的に「医療行為」と呼ばれるものは行うことができませんが、上記したように医師の同意がある場合は骨折や脱臼の治療を受けられるようになります。
この場合骨を正常な位置に戻す「整復」を行いますが、注射・薬の投与・レントゲンなどは行うことができません。
腰痛や肩こりなどの症状が急性期の場合、「RICE処置」と呼ばれる応急処置が施されることが多いです。RICE処置とは、以下の頭文字をとったものです。
Rest:安静
Icing:氷で冷やす
Compression:圧迫
Elevation:挙上
急性期の痛みが落ち着いたら、温熱療法や電気療法などの物理療法・手技療法・運動療法などに切り替えていきます。これらの治療を行う場合も引き続き保険を使うことが可能ですが、腰痛や肩こりを含む原因不明の慢性的な痛みが継続する場合は保険適用外となることもあるので注意が必要です。

どのような症状が健康保険適用内で診てもらえる?

整骨院は病院ではないため、健康保険が適用される症状は法律において細かく定められています。一般的に対象となるのは骨折・不全骨折・脱臼・捻挫、打撲、挫傷のみとなっていますが、腰痛やぎっくり腰は捻挫として扱われる場合もあるので確認が必要です。
健康保険適用内の症状の中でも、骨折や脱臼は医師の同意が必要となる場合が多いです。一方で捻挫・打撲・挫傷には医師の同意は必要ありませんが、施術が長期になった場合や一度に施術する部位が多い場合はその理由を書面で説明する必要があります。
一方で、日常生活の疲れやストレスなどからくる慢性的な腰痛や肩こりの場合は全額自己負担で施術を受けなければなりません。また、腰痛を楽にするためのマッサージを行ってもらう場合も自己負担になることがほとんどです。

整骨院ではどのような人が働いている?

整骨院において腰痛などに施術を行うのは「柔道整復師」と呼ばれる国家資格を持った者です。では、柔道整復師とはどのような資格なのでしょうか?

柔道整復師

柔道整復師はケガなどに対し、柔道整復術を使用して治療を行うことができる国家資格の1つです。
名前だけではどのような仕事をしているのかあまり見当がつかないかもしれませんが、柔道整復師は以下の3つの方法を使用しながら腰痛などを引き起こす筋肉・骨・靭帯の損傷を治療していきます。
1.整復:骨折や脱臼した箇所を元の正しい場所に戻す治療法
2.固定:脱臼や骨折などをした場合に包帯やテーピングなどを用いて患部を固定する治療法
3.後療法:物理療法や運動療法を用いて、長期的に患部の回復を図るための治療法
柔道整復師は整骨院や整体院だけでなく、現在医療施設や介護施設などさまざまな場所で活躍しています。また、資格を活かしてスポーツトレーナーや介護福祉分野における機能訓練指導員としても従事することができますよ。

柔道整復師と似たような職業に同じく国家資格である理学療法士があるが、この2つの職業の大きな違いは「開業ができるかどうか」です。理学療法士は基本的には開業資格を持っていませんが、柔道整復師であればなんと開業することが可能となっています。そのため、自身の整骨院を運営していくこともできるのです。

柔道整復師になるためには、大学や専門学校などで3年以上の教育を受けた後に国家試験に合格する必要があります。学校では解剖学や生理学などを通して身体の仕組みをしっかり学ぶとともに、外科学などを受講してケガの種類や対処法なども学びます。

在学中にはさまざまな実習先で実習することが可能なため、将来どのような場所で働きたいかをイメージすることができるところもポイント。
国家試験は毎年1回3月に行われており、合格率は毎年60%前後となっています。そのため、しっかりと対策をしておけば合格することができると言われていますよ。
柔道整復師の資格を持っている方は現在増加傾向にありますが、整骨院や病院などに留まらず活躍できる場も増えてきているので非常に需要が高い職業であると言えるでしょう。

整骨院と接骨院の違いは?

柔道整復師が施術を行うことのできる場所は、柔道整復師法において明確に定義されています。そこでは、施術所の名称として利用できるものは「ほねつぎ 又は 接骨」であると明記されています。
そのため使用できる名称としては「ほねつぎ、接骨院、整復院」の3つが挙げられますが、この中に「整骨院」という名前は入っていません。ざっくり言えば法令上は「整骨院」という名称は使用が認められていませんが、行政上の判断によって許可されている場合も多いようです。
つまり、整骨院と接骨院はほぼ同じであることが分かりますね。ちなみに、整骨院や接骨院の場合は柔道整復師以外の勤務は認められていません。

整骨院と整体院の違いは?

整体院は柔道整復師が勤務する整骨院と異なり、民間資格である整体師が勤務していることが多いです。整骨院と整体院の1番大きな違いは、「保険適用の有無」です。
整骨院であれば場合によって保険適用となることがありますが、整体院は100%自由診療となっています。
また、整体院は使用できる手技が決まっていないため施術の内容の幅が広いことも特徴です。整骨院と整体院にはそれぞれの良さがあるため、自身の身体の状態に合わせた場所を選ぶようにして下さいね。

まとめ

本記事では整骨院について詳しく紹介しましたが、いかがでしたか?日々腰痛などのつらい症状に悩まされている方も、場合によっては保険適用で施術を受けることができる場合があります。
特にぎっくり腰などの腰痛は急性症状と判断され保険適用となることも多いため、悩んだ場合はまず専門機関で相談するようにしましょう。

参考文献
公益社団法人日本整形外科学会HP
急性腰痛における接骨院の位置付けと施術の効果

著者情報

腰痛メディア編集部
腰痛メディア編集部

痛みや体の不調で悩むあなたへ、役立つ情報をお届け。

自分の体の状況(病態)を正しく理解し、セルフマネジメントできるようになることが私たちの目的です。

記事のご意見・ご感想お待ちしております。

この著者の他の記事を見る
バナー画像