痛み止めを飲んではいるけれどもなかなか腰痛が治らなくお困りのかたはいませんか?
今回はそんなお悩みがある方に「神経ブロック注射」という痛み止めの方法をご紹介します。
有効的に活用し、慢性腰痛を改善していきましょう。

神経ブロック注射とは

神経ブロック注射とは、痛みの生じている神経や神経周辺に局所麻酔にて痛みを取り除く鎮痛方法です。
神経に麻酔が作用し、痛みが伝わる経路をブロックします。
交感神経をブロックし痛みの緩和とともに筋肉のこわばりも改善し、血流を促すことで治癒能力を促します。
これらの作用により、痛みの悪循環から抜け出し慢性化を防ぎます。神経ブロック注射は薬物療法と併用し複数回実施することが主流です。
内服薬と違い、局所的に作用するため眠気や便秘などの副作用の心配もありません。

対象の疾患は?

腰痛に対しては主に下記の疾患に対し用いられることが多いです。
1.急性腰痛
2.脊柱管狭窄症
3.椎間板ヘルニア

痛みはある?

気になるのは実施するのに痛みはあるのかという点かと思います。
結論からいいますと神経ブロック注射は注射であるため少なからず痛みはどうしても生じてしまいます。
しかし、痛みの具合は普通の採血や予防接種の注射と同じくらいといいます。
痛みに配慮してブロック注射を行う前に細い針で局所麻酔を行ってくれる所もあるみたいです。

副作用はある?

神経ブロック注射は重篤な副作用はほとんどありません。
神経ブロックの副作用は短時間でおこるといわれています。
注射を打つ部位や薬の量により脱力感や手先の痺れが生じる可能性があります。
治療上必要な過程の場合もあり、安静にしていることで改善していきます。
まれに緊張の強い方では気分不快等が生じることもあるそうです。

神経ブロック注射は種類が豊富

神経ブロック注射は種類が豊富にあり、30種類以上あります。
その中から、自分の痛みの種類や部位に応じて使い分けられます。
患者さまの痛みに対しより効果的なブロック注射ができるよう検討されます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
痛みを緩和するブロック注射を活用し、以前のようにのびのびと体を動かせる生活を目指してみたはいかがでしょうか。
痛みがあれば我慢せず、一度医者に相談してみてくださいね。
 

【参考文献】
一般社団法人 日本ペインクリニック学会
https://www.jspc.gr.jp/igakusei/igakusei_keyblock.html
井福ペインクリニック
https://www.ifuku-pain.com/painclinic.html

著者情報