腰痛に悩んでいる方向けに、意欲の低下の原因にもなる心理的要因の腰痛と、自分でできる診断方法、その対処法をご紹介します。本記事を読めば、自分が今行うべきことがわかるでしょう。

心理的要因の腰痛と意欲の低下の関係

家庭や職場で意欲の低下を感じており、慢性腰痛に悩んでいる方は、心理的要因による腰痛を患っている可能性が高いです。腰の痛みが3ヶ月カ月以上続く状態が慢性腰痛です。慢性腰痛には3つのタイプがあります。

・腰には異常がないのに、痛みが続くタイプ

・腰の異常が治ったのに痛みが続くタイプ

・腰の痛みが良くなったり、悪くなったりを繰り返すタイプ

慢性腰痛は30〜50歳代の働き盛りの方を中心に、小学生から高齢者まで幅広い年代に見られます。慢性腰痛の主要な要因の1つが、ストレスなどの心理的な要因です。

人間の脳には、次のような腰痛などの痛みを和らげる働きが備わっています。この働きによって、腰痛が気にならなくなったり、我慢できるようになったりしります。

・腰から痛みの信号が脳に伝わる。

・脳から神経伝達物質の「ドーパミン」が放出される。

・脳内でμオピオイドが大量に放出される。

・神経伝達物質のセロトニンやノルアドレナリンが放出される。

・痛みの信号を脳に伝える経路が遮断される。

しかし家庭や職場でのストレス等が原因で、脳からドーパミンが放出されにくくなることがあります。その結果、腰痛が長引いたり、わずかな痛みでも強く感じるようになったりします。

朝方に腰痛を強く感じる方は、心理的要因が関係している可能性が高いです。腰の異常など等、身体的要因が関係している場合、腰を使えば使うほど痛みが強くなります。そのため朝よりも夕方に痛みを強く感じるのが一般的です。

一方で心理的要因が関係しているケースでは、朝から午前中にかけて意欲の低下や抑うつ、不安などが強く現れ、腰痛が強くなります。その後、午後から夕方にかけて、弱まることが多いです。

心理的要因による慢性腰痛に悩んでいる方は、慢性腰痛がストレスとなり、意欲の低下や抑うつ、不安の原因になり、さらに強い痛みの原因になる可能性があります。

あなたの腰痛は心理的なもの?BS-POP問診

医療機関では慢性腰痛の患者の精神的要因をチェックする方法として、BS-POP問診が利用されることがあります。BS-POPは「Brief Scale for Psychiatric Problems in Orthopedic Patients」の略です。

慢性腰痛には心理的社会的要因が深く関係しています。そこで疼痛患者の診断・治療において、精神医学問題を評価することを目的に利用されるのがBS-POP問診です。なおBS-POP問診には患者用と医師用の2種類が存在し、総合的な点数により診断されます。

患者用

患者用のBS-POPの問診項目は次の通りです。なお一部の質問項目では「いいえ」の回答に3点が割り振られています。正確に計算しましょう。

合計スコアが15以上の場合は、整形外科の受診が推奨されます。

医師用

医師用のBS-POPの問診項目は次の通りです。これらの問診により医師は患者の腰痛に精神医学的問題が関与しているか判断しています。

医師用のBS-POP問診が11点以上、もしくは医師用が10点以上かつ患者用が15点以上の場合は、精神医学的問題点の関与が疑われます。

自身で医師用のBS-POP問診を正確に行うことはできませんが、痛みが途切れることがなく、患肢全体が痛むような場合には医師用のBS-POP問診のスコアが11点を超えるため、BS-POP問診上の評価では、精神医学的問題点の関与の可能性があります。整形外科などの医療機関に相談しましょう。

意欲の低下に繋がる心理的要因の腰痛の改善法

意欲の低下に繋がる心理的要因の腰痛の改善方法を3つ紹介します。自分に合いそうな改善方法を実践しましょう。

考え方の見直し

慢性腰痛の改善方法の1つが、考え方の見直しです。慢性腰痛で痛みが続いていると、痛みのことばかり考えてしまうことがあるかもしれません。しかし痛みのことばかりを考えることや、痛みが再び現れるのではないかという不安を抱え続けることもストレスになり、慢性腰痛の原因になります。

また、腰痛で意欲が低下して、仕事が上手くいっていない場合にも「腰痛で仕事にならないからダメだ」とネガティブに考えるのではなく、「腰痛はあるけど、これだけ仕事ができた」とポジティブに考えることのが重要です。

運動

自分が楽しいと感じることを行うことで、脳の血流が良くなり、脳からドーパミンが放出され、痛みを抑える仕組みが活発になります。その結果、腰痛が軽減されます。日常的に適度な運動をしたり、好きな音楽を聴いたりと、好きな映画を観たり、生活の中にリラックスできる時間を作りましょう。犬を飼い始めて、毎日散歩し、犬に癒されることで、慢性腰痛が改善されたケースもあります。

薬物療法

考え方の見直しや運動、好きなことで生活の中でリラックスできる時間を作っても慢性腰痛が改善しない場合には、薬物療法を検討することになります。慢性腰痛の第一選択薬として使われることが多いのが、痛み止めの非ステロイド性消炎鎮痛薬です。

他にも解熱鎮痛薬の1つであるアセトアミノフェン、オピノイド鎮痛薬、神経障害性疼痛のプレガバリンなどがあります。また2016年3月からはセロトニン。ノルアドレナリン再取り組み阻害薬である、抗うつ薬の1つであるデュロキセチンが慢性腰痛に対して保険適用になりました。

まとめ

BS-POP問診で医師用10点以上かつ、患者用15点以上もしくは医師用が11点以上の方は心理的要因による腰痛の可能性があります。そのため腰の異常にだけフォーカスしても、腰痛が良くならない可能性が高いです。本記事で紹介している改善方法を実践してみてください。

著者情報

腰痛メディア編集部

こんにちは。 腰痛で悩む多くの方に役立つ情報を毎日お届け。それぞれが違った痛みの場所・違った痛みの度合い・違った原因をお持ちです。 一人一人が自分の腰の状況(病態)を理解し、セルフマネジメントできるようになることが私たちの目標です。記事のご意見・ご感想お待ちしております♬

この著者の他の記事を見る