慢性的な腰痛にお悩みの方は、「朝起きたときに腰が痛い」と感じることも多いのではないでしょうか?せっかく寝たのに朝から腰が痛むのであれば、その敷布団やマットレスは体にあっていない可能性が高いと言えます。

そこでこの記事では、敷布団やマットレスが腰痛の原因となる仕組みを解説したうえで、正しい敷布団・マットレスの選び方を詳しくご紹介します。人生の約3分の1を寝て過ごす私たちにとって、正しい敷布団・マットレスを選ぶことは非常に重要ですので、腰痛にお悩みの方はぜひ参考にしてください。

腰痛に効果的な敷布団・マットレスを選ぶための基礎知識

まず初めに、理想とされている寝姿勢について確認しておきましょう。普段のご自身の寝姿勢を思い出しながら、正しい姿勢で寝ることができているかチェックしてみてください。

正しい寝姿勢のポイント 1:体重分散

正しい寝姿勢において特に注目すべきポイントは「体重分散」です。これは体のパートごとの重さに比例しており、頭部が8%、背中が33%、腰やお尻に44%、脚に15%の割合で体重が分散されていることが理想とされています。

寝ている間、適切な体圧分散ができていれば、私たちの体は安定してリラックスした状態で眠ることができます。逆に、敷布団・マットレスが体に合っていないと、体重分散が体の一部に偏ってしまい、朝起きた時に疲れが抜けないということになってしまうのです。

正しい寝姿勢のポイント 2:直立時と同じ姿勢

もう一つ、「立ったときと同じような姿勢になっているか」も注目したいポイントです。人間の体は直立した時の姿勢が最も自然な姿勢とされていますので、それを寝ている間もキープできれば、腰への負担を軽減できます。

実際にご自身の布団で寝てみて、立っている時と同じような姿勢を取れていれば、腰に負担のかからない理想的な寝姿勢だと言えるでしょう。また、立ったときと同じように背骨のS字カーブが保たれているかどうかも、大切なポイントです。

さらに、横向きになった時に背骨が地面に対して並行になっていれば、完璧な寝姿勢だと言うことができます。

敷布団・マットレスが固すぎ・柔らかすぎると腰痛の原因に

正しい寝姿勢をキープできなければ、その敷布団・マットレスは腰痛を悪化させる原因と言えるかもしれません。ここでは敷布団・マットレスが体に合っていない典型的な2パターンをご紹介しますので、ご自身が当てはまっていないかよくチェックしてみてください。

敷布団・マットレスが固すぎる・薄すぎる場合

「腰痛持ちには固い敷布団やマットレスが良い」という話を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか?しかし、これには個人差があり、一概にそうとは言い切れません。

固すぎる敷布団・マットレスで寝ると、先述の「体重分散」がうまく行えず、背中と腰に過度な負担がかかった状態になってしまいます。そのため、あまりにも固い敷布団・マットレスを使うと、背中や腰に体圧が集中し、しびれや痛みを引き起こす要因となってしまいます。

また、横向きになった際には、背骨が地面に対してアーチを描くようにカーブしてしまいます。これは首などに負担をかけるだけでなく、体全体の歪みを生み出し、腰痛だけでなく内臓器官などにも影響を与える可能性があるでしょう。

同様に、薄すぎる敷布団・マットレスで寝ても、床の固さで背中や腰が圧迫されてしまいます。腰を痛めてしまう大きな原因にもなり得ますので、「背中を押し上げられているような感覚がある」という方は、十分に注意してください。

敷布団・マットレスが柔らかすぎる・厚すぎる場合

反対に、敷布団・マットレスが柔らかすぎるのも、腰痛を引き起こす原因となります。敷布団・マットレスが柔らかすぎると腰周辺が沈んでしまい、常に猫背の状態で寝ることになってしまいます。

横向きになった際には、肩や腰が沈んで背骨が逆アーチ状にカーブしてしまい、場合によっては寝返りを打つことすら難しく感じられるかもしれません。

厚すぎる敷布団・マットレスで寝ても、全く同じ現象が起きてしまいますので、要注意です。そのため、敷布団を2枚重ねて寝るという方法もおすすめはできません。

腰痛に効果的な敷布団・マットレスの選び方

正しい寝姿勢や、敷布団・マットレスが腰痛を引き起こす原因を解説したところで、ここからは腰痛に効果的な敷布団・マットレスの選び方を解説していきましょう。「自分の敷布団・マットレスが合っていないかも?」と感じた方は、以下の2点に注目して選んでみてください。

腰痛に効く敷布団・マットレスの選び方 1:固さと反発性

第一に注目したいのは、「固さが適切であるかどうか」という点です。先述の通り、敷布団・マットレスは固すぎても柔らかすぎてもいけません。寝た時に体重が均等に分散され、立っている時の姿勢や背骨のS字をキープできるようなものが、理想的な固さと言えます。

よく腰痛グッズとして「高反発」と謳った商品も出ていますが、反発が高ければ必ずしも良いとは限りません。実際にご自身で寝た時の姿勢が一番の判断材料になりますので、購入前には必ず試しに横になってみることをおすすめします。

腰痛に効く敷布団・マットレスの選び方 2:耐久性

もう一つ注目したいのは「耐久性」です。敷布団・マットレスは消耗品としての性格も少なからず持ち合わせており、特に安い商品だとすぐにへたってしまうことも考えられます。また、ベッドでも質の悪いスプリングを使用したものだと、すぐに腰回りの部分がくぼんでしまいます。

初めは良くても、すぐにへたってしまうと何度も敷布団・マットレスを買い替えなければなりません。その度に、また一から商品を比較すると手間がかかってしまいますので、耐久性の高い高品質な物を選ぶと良いでしょう。

もちろん「高ければ良い」というわけではありませんが、腰痛を慢性的なものにしないためにも、十分な耐久性が備わっているかを見極めることも、非常に大切です。

正しい敷布団・マットレスを選んで、腰痛のない暮らしを!

敷布団・マットレスが腰痛を引き起こす原因などをご紹介しましたが、「思い当たる節があった」という方も多いのではないでしょうか?特に朝起きた時に腰が痛いという方は、敷布団・マットレスが腰痛の原因である可能性が考えられるので、一度見直してみることをおすすめします。

慢性的な腰痛は、睡眠の質をアップすることで改善される可能性が十分に考えられます。「寝てもいま一つ疲れが取れない」という方は、ぜひこの記事を参考に腰痛に優しい敷布団・マットレスを選び、腰痛のない健やかな毎日を手に入れましょう!

◆参考資料
https://www.bauhutte.jp/bauhutte-life/lumbago-mattress/
https://www.nishikawa1566.com/column/lifestyle/20180212040000/
https://kaimin-times.com/back-pain-futon-11297
https://www.sakuramichi3776.co.jp/category/COLUMN/SHIKIFUTON_YOUTSUTAISAKU.html
http://www.e-futon-kobo.com/normalpost/%E3%81%8A%E5%B8%83%E5%9B%A3%E3%81%8C%E8%85%B0%E7%97%9B%E3%81%AE%E5%8E%9F%E5%9B%A0%EF%BC%81%EF%BC%9F%E8%85%B0%E7%97%9B%E3%81%AB%E3%81%8A%E3%81%99%E3%81%99%E3%82%81%E3%81%AE%E5%B8%83%E5%9B%A3/

著者情報

腰痛メディア編集部

こんにちは。 腰痛で悩む多くの方に役立つ情報を毎日お届け。それぞれが違った痛みの場所・違った痛みの度合い・違った原因をお持ちです。 一人一人が自分の腰の状況(病態)を理解し、セルフマネジメントできるようになることが私たちの目標です。記事のご意見・ご感想お待ちしております♬

この著者の他の記事を見る