つらい腰痛に悩まされていませんか?一言に腰痛といってもその原因はさまざまで、中には病院で治療を受けないと改善しないケースもあります。しかしその一方で、市販の対策グッズを使用することで症状がやわらぐ腰痛もあるのです。そこで今回は、腰痛の主な原因と受診目安、おすすめの腰痛対策グッズを紹介します。
中には治療が必要なケースも!腰痛の主な原因
「腰痛は加齢によるもの」「ひたすら我慢するしかない」と思い込んでいませんか?腰痛の原因が分からず、半ば諦めかけている方も多いのではないでしょうか。実は、腰痛は原因を知って正しい治療や対策を行えば改善できる症状です。その第一歩として自分の腰痛の原因を知りましょう。

病気やケガが原因の腰痛

腰痛には病気やケガが原因のもの、そして日常生活の動作が原因のものの2種類があります。最初に解説するのは病気やケガが原因の腰痛です。特に注意すべきなのは病気が原因の腰痛で、病気を治さない限り腰痛を改善させることは難しいでしょう。では、具体的にどのような病気があるのか一例を紹介していきます。
腰椎椎間板ヘルニア
・急性腰痛症
腰部脊柱管狭窄症
・消化器の病気(尿路結石、膀胱炎、腎盂腎炎など)
・泌尿器の病気(十二指腸潰瘍、膵炎など)
・血管の病気(腹部大動脈瘤、腹部大動脈解離など)
・婦人科の病気(卵巣嚢腫、子宮外妊娠など)
一見腰に関係のない病気でも、症状のひとつとして腰痛が現れることがあります。病気が原因の腰痛の場合、対策グッズを使って症状をやわらげることはできても根本的な解決にはなりません。

日常生活の動作が原因の腰痛

続いては、日常生活の動作が原因の腰痛についてです。病気ではないものの、日常生活の動作や姿勢によって腰痛が引き起こされている可能性があります。以下のようなシーンには注意が必要です。
・デスクワークや車の運転で長時間同じ姿勢でいる
・姿勢が悪い
・寝具が合っていない
・運動不足
心当たりはありましたか?日常生活の動作が腰痛の原因となっている場合は、その動作を回避することが最も重要です。腰痛対策グッズを活用してみるのも良いでしょう。

腰痛の受診目安は?

腰痛を感じた時、病院に行くべきか悩んだ経験はありませんか?多くの腰痛はすぐに受診する必要はありませんが、中には重い病気が隠れていることがあるため要注意です。「じっとしていても症状がある」と「動いた時だけに痛みを感じる」場合のそれぞれで受診すべきかを解説します。

じっとしていても症状がある場合

じっとしていても腰痛の症状がある場合は危険度大です。内臓系の病気が隠れている可能性があるため、早めに受診することをおすすめします。内臓系の病気以外にも、脊椎の病気が進行している可能性もあります。

動いた時だけに痛みを感じる場合

動いた時だけに痛みを感じる場合は、それほど心配な腰痛ではないことが多いです。日常生活の動作や疲労が原因であることが多いため、しばらく様子を見ても良いでしょう。ただし、痛みが激しくなった場合、痛みが3カ月以上続く場合は整形外科を受診することをおすすめします。

腰痛対策グッズの選び方

軽度で動いた時だけに痛みを感じる方は、腰痛対策グッズを活用してみてはいかがでしょうか。そこで続いては、対策グッズの選び方のポイントを紹介します。

腰痛が起こりやすいシーンによって選ぶ

特定の動作をした時だけ腰痛を感じる人は多いでしょう。腰痛が起こりやすいシーンを考え、そのシーンで効率的に使用できる腰痛対策グッズを選ぶと効果的です。
デスクワーク中に腰痛を感じる方は腰への負担をやわらげる椅子やクッションを、車の運転中に腰痛を感じる方は車用クッションをというようにシーンによって選びましょう。

生活スタイルや仕事の内容で選ぶ

人それぞれ生活スタイルや仕事の内容は異なります。1日の大半を椅子やソファに座って過ごす方もいれば、一日中立ち仕事をしている方もいるでしょう。それぞれの生活スタイルや仕事の内容に合わせて腰痛対策グッズを選ぶのがおすすめです。
例えば、立ちっぱなしの接客業や体を動かす仕事をしている方は、腰への負担をやわらげるコルセットやサポーターが向いています。デスクワークの方は、姿勢を保ってくれる座椅子や腰への負担をやわらげるクッションなどがおすすめです。

使用方法によって選ぶ

腰痛対策グッズは大きく、姿勢を矯正して腰痛を予防するもの、マッサージやストレッチで痛みをやわらげるものの2つに分かれます。症状やシーンに合わせて購入すると失敗しにくいです。
姿勢が悪いことを自覚しているなら、椅子や車のシートに固定できるクッションなどがおすすめです。作業中に装着するコルセットやサポーターなどもあります。長時間のデスクワークや車の運転で疲労を感じた時は、手軽にマッサージができるグッズなどを活用すると良いかもしれません。

おすすめの腰痛対策グッズ3選

最後に、シーン別におすすめの腰痛対策グッズを3つ紹介していきます。症状が軽く、動作時の腰痛を少しでも軽減させたい方はぜひお試しください。

デスクワーク中や運転中の腰痛におすすめの対策グッズ「IKSTAR低反発クッション」

「IKSTAR低反発クッション」は、デスクワークや車の運転中に最適なU形クッションです。長時間のデスクワークや車の運転は姿勢が悪くなりやすく、腰への負担もかかりやすいですよね。こちらのクッションはお尻と太ももの形に自然とフィットして、座るだけで良い姿勢をキープしてくれます。
クッションの裏側には滑り止めが付いており、椅子からズレたり落ちたりする心配がありません。カバーは取り外しができるため、衛生的に使える点も魅力です。5,000円以下で購入できるので、デスクワークや車の運転が多い方は購入して損はないでしょう。
参照:https://www.amazon.co.jp/dp/B072HG7HNG/

運転中の腰痛におすすめの対策グッズ「Dr.magico 腰椎コルセット スタンダード Pro」

「Dr.magico 腰椎コルセット スタンダード Pro」は家事や立ち仕事をすることが多い方におすすめのコルセットです。腰をしっかりと肯定してくれる16cmのコルセットで、腰を痛めやすい人の強い味方となってくれます。
コルセットというと重くて窮屈なイメージがあるかもしれませんが、こちらの商品は軽量で使いやすいく、装着したままのサイズ調整も自由自在です。通気性が良いので夏場でも快適に使えますよ。
参照:https://magico.store/products/detail.php?product_id=119

就寝中の腰痛におすすめの対策グッズ「MLILY マットレストッパー」

腰が痛くて熟睡できない方におすすめなのが腰痛マットレスです。腰痛マットレスを使用することで、就寝中の姿勢を安定させることができます。また、体への負担をやわらげることができるため、自然と腰痛を改善できる可能性があります。
今回ご紹介するのは、独自の二層構造で腰への負担をやわらげる「MLILY マットレストッパー」。体にやさしくなじみ、寝返りをサポートすることで快適な睡眠へと導いてくれます。低反発マットレスでも高反発マットレスでも満足できなかった方におすすめです。
参照:https://www.amazon.co.jp/dp/B013FUDDXW

まとめ

約2,800万人の日本人が腰痛に悩んでいると言われる現在。その多くは原因不明ということもあり、半ば諦めかけている人も多いのではないでしょうか。じっとしている時でも腰痛を感じる場合、激しい痛みが長時間続く場合などは迷わず受診することをおすすめします。特定の動作をした時だけに起こる腰痛、比較的軽度のものであればまずは腰痛対策グッズを試してみるのもありかもしれません。気になった方はぜひ今回ご紹介した腰痛対策グッズをチェックしてみてください。

著者情報

腰痛メディア編集部
腰痛メディア編集部

痛みや体の不調で悩むあなたへ、役立つ情報をお届け。

自分の体の状況(病態)を正しく理解し、セルフマネジメントできるようになることが私たちの目的です。

記事のご意見・ご感想お待ちしております。

この著者の他の記事を見る
バナー画像