早稲田大学スポーツ科学学術院 教授 金岡恒治

ソチ五輪での日本選手団の活躍が大きく報道されたのをご存知だろうか。41歳のレジェンドは腰痛をコントロールしながら見事に銀メダルを獲得した。

一方、ロシアの皇帝は腰痛のため最終演技を棄権し、日本の19歳への世代交代を確定させた。このようにスポーツ選手に腰痛はつきものであり、学術的調査によってもアスリートに腰痛が多いことが明らかにされている。

そのため、近年において体幹を鍛えるコアトレーニングはスポーツに取り組む競技者や腰痛後のリハビリに取り組む患者にとっても常識と認識されている。
過度のオーバーワークは確かに体に悪いのであるが、適度な運動は腰痛の予防にもなる。

特に閉経期を過ぎた女性や高齢者など、骨密度に関連するホルモンが減少しており骨が脆弱になりやすいため、一定の運動は重要な役割を担っている。
そのため運動もクスリと同じように、正しい診断に基づいた適切な処方量や負荷量が大切であるのは言うまでもない。
しかし、日本人の多くはいまだ腰痛に悩まされているのが現状である。

事実、整形外科医学会のホームページ上でも腰痛はアスリートだけではなく非常に頻度の高い症候で、病院受診の理由として常に上位にあることが明らかにされている。
それにもかかわらず85%の腰痛は原因がはっきりしない非特異的腰痛であると報告されている。
例えば、頭痛で病院にかかっても診断名に“頭痛症”という病名が書かれることはないと思うが、整形外科のカルテには頻回に“腰痛症”と記載される(恥ずかしながら、今でもそうとしか書けないときもある)。

頭痛はその病態によって処方される薬が異なってくるため、たとえ画像所見に特異的な所見が認められなくても、病歴や症状の特徴によって病態を推定し、その病態にあった薬が処方される。

一方で画像所見にて何ら異常の見られない非特異的腰痛に対しては、消炎鎮痛剤と経過観察によってどのような病態でもある程度は良くなってしまうため、面倒な機能的診察で病態を推定する必要がないのかもしれない。

具体的な腰痛症の原因の多くは長時間の不良姿勢などにより引き起こされる。最近では、新型コロナウイルスの影響によりデスクワークに携わることから、肩こりや腰痛症に悩まされるケースも珍しくはないだろう。

非特異的腰痛の原因やメカニズムは解明されていないが、臨床や現場では多くがストレスや自律神経の乱れなどにより過剰に筋肉が緊張することも関係しているだろう。

そのため日常生活の習慣や職業、精神的な不安などを聴取し助言することも求められるのである。

腰痛に最も悩まされるのがスポーツ選手であろう。

なぜなら痛みをうまくコントロールしなければならないことに加え、コンディションを維持するためにはしなやかで強靭な身体造りをしなければならない。

そのためには病態を明らかにし、疼痛の原因を精査する必要がある。

腰痛の原因としては、変性して神経組織の入り込んだ椎間板、過度な負荷のかかる椎間関節や仙腸関節、突出した椎間板(ヘルニア)や増殖した骨(骨棘)によって圧迫された神経根、筋膜、筋腱の骨への付着部、疲労骨折を起こしかけている骨などが挙げられる。

スポーツ選手、いわゆるアスリートは一定の動作を繰り返し行うため、特定の病態に負荷をかけ続けているケースが多い。

医師は競技特性などを考慮し丁寧な診察によって負荷をかけている原因を明らかにしなければならない。そして、トレーナーがその特定の病態への負荷が少なくなるような身体の使い方を選手に指導していく。

おそらく葛西選手にもそのような地道な働きかけがあったからこそ、レジェンドになり得たのではないだろうか。

そうであればスポーツ医学が競技力向上に一役買ったことになり、関係者としては誇らしい限りである。

もし、スポーツ医学は一部のトップアスリートのための医学と思っている方がいらっしゃれば、それは間違えであると伝えたい。
なぜなら同じ人類であれば腰痛の病態は共通であり、その対処方法も共通として案が得られるからである。

そのため、最近ではプロ選手のスポーツトレーナーなどが腰痛予防対策としてパーソナルトレーニングを実施することは珍しくないだろう。

事実、現在においては健康への意識の高まりの根拠としてスポーツジムなどに通う方も多くなっている。

ここで知っておいてほしいことは、腰痛予防対策はそのまま皆さんの腰痛予防対策となり得ることだ。

腰痛のプライマリドクターである整形外科医は、病歴、現症、理学的所見などから、たとえ画像所見で異常所見がなくても病態を推定し診断をくだす。
そこで理学療法士やトレーナーなどのスタッフが病態への負荷の少ない姿勢指導や体幹筋トレーニングの指導を行うことが望まれる。

ここでポイントとなるのが自宅でのセルフケアやトレーニングである。

セルフケアとして最近注目を浴びているのが栄養と運動の関係である。

腰痛を予防するためには骨量や骨密度も重要な役割を果たすのは上述した通りである。

そのため、カルシウムやビタミンをバランスよく摂取することも大切である。
可能であれば、食事から摂取することが望ましいが、完全に食物より難しい場合にはサプリメントなどの栄養補助食品も手段のひとつとして取り入れても良いだろう。

加えて軟骨の変性を予防するためには、軟骨に弾力性のあるグルコサミンやコラーゲンの働きを強めるビタミンCなども摂取することが望ましい。

自宅での運動に関しては、最近ではYouTubeなど動画により簡易に自宅でもセルフエクササイズとして取り入れることが可能であるが、まずは専門職など実際に腰部の状態を確認した後、日常に取り組むことをおすすめしたい。

特に痛みが強い時期や慢性化している場合には独自での運動はかえって腰痛症を増悪する危険性もあり注意が必要だ。

また、腰痛症のおすすめの対策としては適度なダイエットも推奨したい。

なぜなら肥満であれば膝関節にも負担がかかりやすいことや体幹の筋力の低下により腰椎や胸椎など脊椎の可動性で姿勢を維持するため腰痛症になりやすい傾向があるからだ。

運動の効果を実感するためには「継続すること」も重要である。

体幹の筋力トレーニングは地道にコツコツ行うことが重要であるが、効果を実感するまでに諦めてしまう方も多く、そのような場合にも正しい動作やモチベーションを維持してくれるトレーナーなどの役割は大きい物であろう。

腰痛が増悪すると、著しくに日常生活に支障をきたす。年齢を重ねるにつれ腰椎ヘルニアや腰部脊柱管など下肢の神経痛や痺れの症状を伴う場合もみられ長期的に通院が必要、あるいは手術をすることもある。

気付いた時にはすでに遅いのが現状であるのは間違いない。

診察に来る多くの患者の悩みが「もっと身体に気遣えばよかった」、「ここまでひどくなるなんて」など悲観的や後悔の発言が多くみられる。

そのために現在は予防医学に注目が集まっているのだ。

腰痛に悩まされている方には、自分の身体を変えていくことを心がけることで楽になっていくことに気づいて欲しい。


(参考図書:「一生痛まない強い腰をつくる」高橋書店、「体が生まれ変わるローカル筋トレーニング」マキノ出版)

著者情報

腰痛メディア編集部
腰痛メディア編集部

痛みや体の不調で悩むあなたへ、役立つ情報をお届け。

自分の体の状況(病態)を正しく理解し、セルフマネジメントできるようになることが私たちの目的です。

記事のご意見・ご感想お待ちしております。

この著者の他の記事を見る