ほんどの方が一度は経験したことがあるといわれる腰痛ですが、腰の痛みで病院に受診してもレントゲン画像から特に骨に問題がなければ、筋肉の問題として扱うところもあります。そのままリハビリで体幹の強化や患部のケアなどでフォローしていくと思いますが、最悪の場合は「痛み止め」、「湿布」を処方しておしまいなんてところもあります。

実際にはこの評価だけでは筋肉の問題かどうかはわからないです。そのため脊椎の専門医を受診することをオススメしますが、受診する時間がない方も多いです。そんな時は現在無料で使える「オンライン自動問診による診断サービス」がオススメです。こちらは著明な医師が監修したサービスですので安心してご利用いただけます。自分がどのような状態の確立が高いのか判断してくれます。まずは一度試してみてはいかがでしょうか?

さて今日はそんなレントゲンだけでは判断できない腰痛について解説します。

レントゲンでは原因がわからない腰痛

まずレントゲンでわかるのは「骨」、「石灰」だけです。筋肉や神経、血管などは写りません。そのため骨折や変形によって起きた骨棘などがわかるぐらいの情報量しかありません。医師の中でもこのレントゲンから椎間関節の狭小化から腰椎椎間板ヘルニアと診断する方もいますが、これだけでは確定診断にはなりません。同じことから筋筋膜性腰痛の評価としても診断材料としては非常に少ないです。筋肉が写らないからです。身体所見を評価せずレントゲンだけ見て筋肉が弱っていると言われた場合はほとんど信用なりません。そのため脊椎の専門医などに診断してもらうことが重要です。

MRIでわかる腰痛

それではレントゲンではわからない病態の把握ですが、基本的にはMRIやCTが用いられます。特にMRIは腰椎椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症、腰椎分離症などの診断材料になります。腰椎分離症は骨の障害ですが、レントゲン初見からもわかりますが、その段階でわかる腰椎分離症は末期の状態であるため、レントゲンで異常がなくても腰椎分離症が疑わしい場合はMRIやCTで確定診断することが望ましいです。同じ理由から腰椎椎間板ヘルニアもレントゲンでは確定診断できません。MRIにて椎間板の状態を見てヘルニアが神経を圧迫していないか?そういった情報をMRIから得ることで診断の助けとなってくれます。筋筋膜性腰痛についてMRIでわかることは体幹筋群の肉離れが起きている場合は障害されている部位が高信号で示されます。しかし肉離れが起きるほどの障害はなかなか起きません。そのためMRIですべてがわかるわけではありません。

筋筋膜性腰痛はどのように診断するの?

画像診断ではなかなかわかりにくい腰痛ですが、実際は画像所見以外にも身体所見や圧痛などの評価を行い診断していきます。また画像診断で注目されているのが超音波診断装置(以下エコー)になります。これはお腹の中の赤ちゃんを見る機械でよく用いられています。整形外科ではあまり見たことがない方も多いかと思います。しかしここ数年はエコーで筋肉や骨、神経、血管、神経を観察リアルタイムで動態を確認できることから診断はもちろん治療やリハビリでも幅広く用いられている装置です。MRIやレントゲンは静止画になりますがこのエコーは動画で組織を確認できるため、筋肉と筋肉の滑走性や動きを観察できるため今まで、この筋が問題だろうと推測でしかなかったものが障害されている部位が実際に確認できるようになりました。エコーを用いることで何が原因で腰痛になっているか原因部位が特定しやすいため、筋力低下なのか?筋肉の動きが悪いのか?評価できるようになりました。

治療法は?

上記でも説明した身体所見、エコーなどから得られた情報を基に治療していきます。基本は腰椎を支える体幹深部筋と言われているローカル筋の活動が低下することで腰部の腰背部の筋筋膜への負荷が増大することで障害されることが多いです。そのためローカル筋のトレーニングで腰部を安定させ負担を減らします。そのほかにもコルセットや痛み止めなどで疼痛のコントロールを図ります。コルセットや痛み止めで疼痛は緩和され一時的に腰痛はなくなることもありますが、ローカル筋の機能低下は治るわけではないためトレーニングで機能を回復させ疼痛の緩和だけでなく、予防としての役割も多くあります。患部だけでなく全身的なアプローチで腰部の負担を減らすことを行うことも多いです。腰椎は脊椎の一部です。腰椎が問題なくても、胸椎の可動域が低下しているために腰椎で代償して腰痛を発症させます。そのため胸椎の可動域を促すようなトレーニングも重要です。しかし、ぎっくり腰のように突然痛みが起きたような方もいるかと思います。そのような急性腰痛の場合は腰椎椎間板ヘルニアや腰椎圧迫骨折などが原因でなければ、安静にしすぎると逆に疼痛を長引かせることになります。コルセットや痛み止めなどを併用しながら痛みのコントロール行いながら疼痛範囲内で動くことがオススメです。これにより日常生活や仕事復帰が安静にしているより早いといった報告が多く上がっています。

劇的に改善する⁉ハイドロリリース

前述したエコーでの評価で原因部位を特定することができ治療に役立っています。この評価をもとに生理食塩水を注射する「ハイドロリリース」があります。このハイドロリリースはエコー下で疼痛の原因と考えられる部位に注射を行い疼痛軽減させることや、筋筋膜などの滑走性が低下している部位に注射を行い改善を狙います。このハイドロリリースは狙った部位へ正確に行えるため非常に安全です。しかしブロック注射と同じで原因となっている部位へ注射できないと症状はあまり変わりません。原因となっている部位への注射ができれば症状は劇的に改善します。この方法と同じように鍼灸師がエコーガイド下で鍼を打つことで注射と同じように治療することができます。注射や鍼が打てない場合でもエコー下で筋肉をマッサージすることでも改善することが多くあります。ハイドロリリースはエコーを持っている病院やクリニック、また注射できる技術がある医師でないと行えません。

この治療を受けたい場合はあらかじめ確認しておくことをオススメします。

まとめ

いかがでしたでしょうか?筋筋膜性腰痛はレントゲンだけでは診断できない病態が多くあります。MRIやエコー、身体所見を合わせて初めて診断できるものです。腰に不安がある方は一度脊椎の専門医のもとで診断を受けることをオススメします。

しかしそのような暇がない人も多くいると思います。そんな人には自分がどのような状態かわかるだけでも安心するかと思います。そんな時は冒頭でもご紹介した無料で使える「オンライン自動問診による診断サービス」がオススメです。著明な医師が監修したサービスですので安心してご利用できるので、自分自身の病態をまずは簡単に知りたいという方はこちらのサービスを一度試してみてから医療機関に受診することも検討してみてはいかがでしょうか?

著者情報

金岡 恒治(かねおか・こうじ)MD,PhD

早稲田大学スポーツ科学学術院教授

日本整形外科学会専門医・脊椎脊髄病医

日本スポーツ協会認定スポーツドクター

日本水泳連盟理事・医事委員長 ほか

この著者の他の記事を見る