生理は女性にとって必要なものとわかっていても、毎月の月経痛に悩まされることも少なくありません。
月経痛は毎月のことでもなかなか慣れることがないと感じる程、腹痛や腰痛などの症状に悩まされることも多いです。
今回は、毎月のつらい月経痛について紹介していきます。
症状を和らげる対処法を紹介しているので、痛みを和らげたい人は必見です。
月経痛に伴う腰痛や腹痛と思っていても、原因は他のところにあるかもしれないということを押さえておきましょう。

月経痛とは

生理が始まる前後で下腹部や腰に痛みが生じることがありますが、これは子宮が収縮したことで起こる症状で月経痛と言います。
生理は妊娠するために必要なものです。
25日から38日の周期が一般的で、この期間に合わせて女性が妊娠できるように体作りを行っています。
しかし、そうとわかってはいても月経痛はつらいことも多く、生理が憂鬱と感じている女性も少なくないです。
月経痛が頻繁にある人とあまり痛みを感じない人などそれぞれですが、痛みがあっても生理だから仕方ないと放っておいてはいけない場合もあります。

月経痛が起こる原因とは

月経痛が起こる原因として体のつくりによるものと、生活習慣によるものがあります。
まず、体のつくりによるものとして、生理のときに分泌されるプロスタグランジンという物質の分泌される量が多いことが挙げられます。
生理のときは子宮の収縮を起こしますが、プロスタグランジンの分泌が多いときは子宮の収縮が活発に行われるのです。
これが下腹部や腰のつらい痛みを引き起こしています。
続いて子宮の出口がせまいことが挙げられます。
これは子宮の出口から経血が流れ出ますが狭いが故に経血が出づらく痛みが生じるのです。
これが原因となるのは比較的若い女性と出産の経験がない女性に多いとされています。
生活習慣によるものは、体の血の巡りが悪いことや精神的なストレスなどにより痛みが生じることがあります。
女性には冷えが大敵と言われている程で、血液循環が関わってくるのです。
また、ストレスが多くかかった状態であればホルモンバランスなどが乱れ、血の巡りを悪くさせることにもつながっています。

月経痛の症状とは

それでは月経痛にはどのような症状があるか紹介していきます。
月経痛の症状として以下のものが挙げられます。

  • 腹痛
  • 腰痛
  • 下痢
  • 胃のむかつき
  • 貧血
  • 頭痛
  • 情緒不安定

生理のときに最も多い症状として表れるのは腹痛です。
腹痛や下痢も、先ほど紹介したプロスタグランジンという物質が原因となり痛みが生じています。
ホルモンが関係して起こるのは情緒不安定などで、気分が不安定になりいつもは何とも思わないことでもイライラしたり悲観的になったりと感情の起伏が激しいと感じることも。
いくら妊娠するために必要な生理とわかっていても、月経痛の症状は慣れないと感じる人も多いです。
対処法を知ることで痛みを緩和できるので、月経痛について理解することから始めましょう。

月経痛がひどいときは病気が潜んでいるかも

月経痛は腹痛や腰痛が当たり前になっている人も多いかもしれませんが、その痛みは月経痛以外にも病気を知らせるサインかもしれません。
主に子宮の病気が考えられますが、子宮の病気を患っている人は多いので他人事と思わずに確認しましょう。
子宮の病気で多いのが子宮内膜症です。
子宮内膜症は生理があると病気が進行するので、月経痛の痛みの程度がひどくなっていないかチェックしましょう。
次に子宮筋腫という言葉も聞き馴染みがあると思いますが、良性の腫瘍ではあるものの月経痛がひどくなる原因となっています。
腰痛や不正出血などが起こる場合があるので、頭に入れておくと良いです。
最後に子宮腺筋症ですが、強い月経痛や腰痛、月経時以外での腹痛がある場合は要注意です。

生理時以外にも気を付けること

先ほど月経時以外にも腹痛などの症状が現れることがあると紹介しましたが、月経痛は生理のときだけ気をつければいいわけではありません。
腰痛を例に挙げると普通の腰痛かなと放っておくと子宮の病気だったということもあります。
月経痛がひどい方は特に気を付けておいてほしいのですが、生理以外でも腰が痛いときは普通の腰痛を決めつけずに病院受診が望ましいです。
月経時に良く出る症状の腹痛や腰痛は他の病気が潜んでいる可能性があるので、軽く考えないようにしましょう。

月経痛を和らげる方法

月経痛を和らげる方法を知っていると、つらい生理もいつもより楽に乗り越えられます。
月経痛を和らげる方法として、代表的なものは鎮痛薬を服用することです。
薬局やドラッグストア、最近ではスーパーでも月経痛に対応した鎮痛薬は多く存在し、手軽に手に入ります。
鎮痛成分が痛みにダイレクトに働きかけるので薬に頼るのもありです。
また、生理には冷えが良くないので体を温めると痛みが和らぐことが多いです。
体を温めるのは生理があるときだけではなく、日常的に意識的に行うと良いとされています。
生理のときに痛みが生じているタイミングでお腹や腰辺りを温めるのも効果的です。
温めるという意味では浴槽にゆっくりとつかり体全体を温めるのもおすすめです。
月経痛がひどいときは運動量を減らしたり無理をしないなど、体と心を労わるように心がけましょう。

月経痛にはストレッチやヨガも効果的

月経痛はお腹や腰が痛くなることがあり動きたくないと思う反面、じっとしておくのも辛いと感じることも多いです。
そんなときに効果的なのは、ストレッチやヨガなどで体を動かすことです。
場所や道具を必要としないものとして、腰をまわすストレッチも最適。
手を腰に当てて両足を肩幅程度に開き、ゆっくりと円を描くように腰を回していきます。
腰以外は動かさずに左右で5回程度を目安に行いましょう。
他には滞った血流を流して体を温めるものとして、椅子に座ったままできる足首の曲げ伸ばしもおススメです。
椅子に深く座った状態で床につけている足裏を足のつま先だけ持ち上げるようにして5秒程度そのままの状態を保ちます。
次につま先をおろしてかかとを持ち上げるようにして5秒程度状態を保ちます。
背筋を伸ばした状態で、これらの動きを5セットを目安に行うと良いです。
他にも経血コントロールヨガなどは、全身的な動きで凝り固まった体をほぐしてくれるのでおすすめです。
ストレッチやヨガは生理以外のときも日常的に行うと生理の症状が和らぐ場合が多いので、時間があるときは実践していくと良いでしょう。

まとめ

ここまで月経痛について紹介してきました。
生理は毎月付き合っていかないといけないものですが、腹痛や腰痛などの痛みを生じると体も心も憂鬱になってしまいます。
しかし日常的に体を温めたり、ストレッチを行うなどして予防していくことで症状も軽くなってきます。
生理のときによく起こる腹痛や腰痛ですが、月経痛以外の要因が潜んでいる場合も。
いつものことだからと腹痛や腰痛を放っておかずに早めの病院受診がおすすめです。
生理は女性にとって非常に重要なものですが、その痛みから多くの人が苦しめられているのも事実です。
日常的にストレッチやヨガなどで体を動かし予防に努めるのも良いでしょう。
腰痛や腹痛の痛みが強い場合は、月経痛以外の可能性も考えられるので早めに病院を受診するようにしましょう。

バナー画像

著者情報

腰痛メディア編集部
腰痛メディア編集部

こんにちは。 腰痛で悩む多くの方に役立つ情報を毎日お届け。それぞれが違った痛みの場所・違った痛みの度合い・違った原因をお持ちです。 一人一人が自分の腰の状況(病態)を理解し、セルフマネジメントできるようになることが私たちの目標です。記事のご意見・ご感想お待ちしております♬

この著者の他の記事を見る