皆さんは腰痛になったことがありますか?腰痛と言ってもその症状や痛みの程度は人によって様々ですが、腰痛が悪化すると椎間板ヘルニアに移行することも少なくありません。では腰椎椎間板ヘルニアとはどんな病気なのでしょうか?今回は腰痛とヘルニア、その治療法についてご紹介していきます。

体の構造と椎間板ヘルニア

私達人間は、進化の過程で直立二足歩行を獲得しました。そして元々は4本足だったものが2本足で全体重を支えなくてはならなくなりました。

2本足での動作の起点となる部分は骨盤と脊椎、その周りに着く筋肉などで構成されている「腰部」です。腰では上半身の重さと重力を常に受けている上に、常に腰を起点にして動くためかなりの負担がかかっています。そこへ体の歪みや関節の接合の形、その人の性格、毎日の生活習慣、筋肉の強弱やストレスなど、いくつもの理由が重なり合ってバランスを崩し、痛みの閾値を超えた時、腰痛が起こります。

背骨1つ1つの骨を椎骨と呼び、頸に7椎の頸椎・背中に12椎の胸椎・腰に5椎の腰椎・その下に5椎の仙椎と数個の尾椎があります。これらが全て連結して脊椎となり、私達の姿勢を支えています。

椎骨と椎骨の間には水分量の豊富な繊維軟骨である「椎間板」が存在しており、椎骨にかかる衝撃を吸収するためのクッション材の役割を果たしています。私達の様々な生活習慣や加齢によって背骨に過剰な負荷がかかり続けると、椎骨と椎骨の間で頑張っている椎間板が悲鳴を上げ髄核の一部が外に飛び出してしまいます。飛び出した髄核が背骨周辺に張り巡らされている神経の一部を刺激することで、強烈な痛みを発生させるのです。これが椎間板ヘルニアの正体となります。想像しただけで恐ろしい痛みです。

従来のオペや治療で腰痛が完治しない理由

これまで行われてきたオペや治療で、腰痛を治癒させることは難しくなってきています。なぜなら、私達現代人の生活の多様化に伴って、現代病とも言える「腰痛」の原因や状態も多様化してきているからです。

では、一度症状が出ると治すことが難しい腰痛を改善するためには何が必要なのでしょうか?

まずは自分の体の状態を正しく理解することが重要となってきます。しかし、自分で体の状態を理解することは困難であり、体の専門家に詳しく診察してもらう必要があります。一方で、いざ体の専門家に診てもらおう!と思うと、こんな苦労や心配が発生してきます。

・1日仕事を休まなければならない。
・スペシャリストに診察してもらうには検査も含めると1~数万円かかることも。
・病院が自宅の近くにあるとは限らないので、時間と交通費をかけて目的の病院まで行かなければならない。
・慣れない病院に行って慣れないことをするので、帰宅する頃にはかえって腰痛が悪化しているということも。

これらのデメリットを覚悟した上で、病院に行くことになります。

これらの苦労を乗り越えて自分の体の状態を「正しく」知る=腰痛に対する病態を評価し、障害の程度を把握することが出来れば、「腰痛をきちんと治す」ことが不可能ではなくなってくるのです。ですから、正しく知ることが「鍵」なのです。

ただ、ハードワークを抱えている男性、仕事と家庭を両立している女性と、現代の私達はとにかく多忙な日常を送っています。
その中で仕事を休んでまで、他のことを犠牲にしてまで病院に行く、ということは、決して現実的ではないのが実情でもあります。

このような実情がなかなか改善できないからこそ、オペや週1回程度の治療では腰痛を治癒することが難しいのです。

ヘルニア治療の選択肢

実際に腰椎椎間板ヘルニアになってしまった時、私達にはどんな治療の選択肢があるのでしょうか?

  • 整形外科で投薬治療・リハビリ
  • 整骨院(接骨院)で患部に対する施術治療
  • 鍼灸院で患部に対する施術治療
  • 手術

ざっとあげると上記の選択肢となります。

ヘルニアの重症度によって必要な治療は変わってきますが、多くのヘルニア患者が抱える痛みや下肢の痺れの症状を改善するためには、その患者の体を理解し、病態と障害の程度を把握することが何よりも重要です。ここを正しくクリアできて初めて、正しい治療手段を見出すことが出来るからです。病態と障害程度が正しくなければ、当然治療も正しくないものになってしまいます。上記に挙げた近年の病院や治療院では、正しく判断できる知識と実力を持った人は少なく、それを実現することが難しいのが現状なのです。

このような状況を改善したい。その強い思いで立ち上げたあるプロジェクトがあります。

その思いを形にするために立ち上がったのは、早稲田大学スポーツ科学学術院教授 整形外科医 金岡  恒治 氏、桐蔭横浜大学 スポーツ健康政策学部教授 理学療法士 成田  崇矢氏という、2人のスポーツ科学スペシャリストです。

彼らは、全国で約2800万人にも及ぶ腰痛に苦しむ人達を何とか出来ないか、どの病院に行ったらいいのかわからない、忙しくて行く時間がない人達のためにどうにか出来ないか、そんな想いで全く新しい発想による腰痛ケアのシステムを生み出すことに成功しました。

その名は「腰痛改善サービス」。

このシステムは腰痛を改善し根本的に解決することをより多くの人が実現できるようにするため、この時代に広く普及しているスマホのアプリという形で誕生しました。腰痛の原因と環境、病態を正しく把握することができる、業界初の画期的なアプリなのです。

新常識「腰痛アプリ」とは?

「腰痛改善サービス」とは、正確な「病態評価」と、必ず改善を実感することができる運動療法を組み合わせたシステムとなっており、腰痛治療の最前線で活躍するプロフェッショナルドクターと理学療法士の全面的な協力によって監修されています。

実際の腰痛患者150人以上のデータをもとに作り込まれた正確な問診を元に正しく病態評価され、腰痛の状態、病態別の危険度をパーセンテージで教えてくれます。
その情報を元に50種類以上の運動療法の中からあなたに最適な運動療法を分かりやすく解説した動画を表示。名医による最先端の問診診断と運動療法を、病院に通わずに気軽に自宅で行えるため、つらい腰痛を何とかしたい人にとって、治療へのハードルがぐっと低くなっているのです。

1日たったの60秒の運動を毎日行い、都度効果判定を行います。さらに定期的な再問診もありますので、移り変わるあなたの腰痛の状態に合わせて細かくアプローチしていきます。今まで様々な病院や治療院に通って効果が出なかった人でも、1日たった60秒前後の運動で長年悩まされている腰痛を改善方向に導くことができるのです。

ヘルニアは治るのか?

私達は生きています。毎日呼吸をし、食事をとり、仕事をし、排泄をし、運動をし、睡眠を取るなどして1人1人違った生活を積み重ねています。この生活の積み重ねは、「生活習慣」として私達の体や心に確実に影響を及ぼしています。良い影響ならいざ知らず、悪い影響が増えれば増えるほど、体や心のあちこちにひずみを作り、それが痛みや歪みとなって表れます。

ここで1つ考えてみます。

何十日、何年と積み重ねてきた体の歪みや痛みを、週1回程度の治療で治癒させることは、本当に可能でしょうか?

何十日、何年と生きて来た中で出来上がってしまった自分の体の状態は、逆に考えれば「その反対方向」に自分自身で、毎日少しずつ進んでいけば、元の状態に近づいていくのではないでしょうか?

「積み重ね」というのは、いわば、「塵も積もれば山となる」ということです。毎日少しずつ歪んできたもの、痛みが出て来たものに対して、毎日少しずつ逆方向に進めば、完璧にとは言いませんが限りなく元の状態に近づけることは可能なのです。

これを可能にしたのが、「腰痛改善サービス」です。

1日たったの1分程度なら、どんな人でも時間が取れるはずです。このたったの1分という時間が、あなたの未来の姿を変えるための「投資」だとしたら、「苦しんできた腰痛とサヨナラできる」ための貴重な1分だとしたら、あなたはこの1分を作りますか?それとも忙しいと言い訳をして、1分を無駄にしますか?

腰痛は改善できます。自分で作ってきた腰痛を病院などに頼る時代は終わりに近づいているのかもしれません。自分で作った腰痛は、自分自身で治すことが最も効率的で確実な方法だと証明するのが、この「腰痛改善サービス」というアプリなのです。

腰痛アプリ先行モニター募集中

1日60秒を毎日続けることで腰痛改善を実感できる「病態評価」と「効果判定」。

全国で3千万人近くの人々が苦しんでいるヘルニアなどの腰痛は、現代病とも言えます。この現代病を効果的に改善していくためには、「病態評価」によって自分の腰痛の病態と程度を明らかにしていくことが何より重要で先決なポイントとなります。オンラインシステムとAI(人工知能)の特性を生かし、毎日、病態評価によって導き出される運動療法の実践と効果判定を繰り返し行うことで、オーダーメイドの治療院が自宅にでき、使えば使うほどあなた専用の腰痛ドクターが改善に導いていきます。

この「腰痛改善サービス」アプリは、現在期間限定で、オンライン無料問診・病態評価モニターを募集しています。腰痛をお持ちでいらっしゃる方はどなたでも対象となります。是非この機会にお試し頂き、正しい評価と運動療法で導き出される「腰痛の改善」を実感してみませんか?

著者情報

腰痛メディア編集部
腰痛メディア編集部

痛みや体の不調で悩むあなたへ、役立つ情報をお届け。

自分の体の状況(病態)を正しく理解し、セルフマネジメントできるようになることが私たちの目的です。

記事のご意見・ご感想お待ちしております。

この著者の他の記事を見る