棘突起間インピンジ障害とは

腰をそらす動作を行うスポーツ選手では、腰の骨の後ろにある棘突起が隣の骨の棘突起にぶつかって、その繰り返しによって骨と骨の間に炎症が起きて腰痛をおこします。

その特徴はまっすぐ後ろにそったときだけ痛みが出て、斜め後ろでは痛みが出ません。

対策としては、腹筋群を強くするエクササイズや股関節や胸椎胸郭の可動性を高めるエクササイズを行いましょう。

バナー画像

著者情報

金岡 恒治(かねおか・こうじ)MD,PhD
金岡 恒治(かねおか・こうじ)MD,PhD

早稲田大学スポーツ科学学術院教授

日本整形外科学会専門医・脊椎脊髄病医

日本スポーツ協会認定スポーツドクター

日本水泳連盟理事・医事委員長 ほか

この著者の他の記事を見る