椎間関節性腰痛とは

腰の骨の後ろ側には骨と骨を連結する椎間関節(ついかんかんせつ)があり、腰をそらしたりひねったりすると、この関節に負担が加わり炎症がおきます。

この様な負担が長年続いていると、関節の軟骨は減っていって関節の変形が起きてしまいますので、腰への負荷を減らすためのエクササイズを行いましょう。

著者情報

腰痛メディア編集部

こんにちは。 腰痛で悩む多くの方に役立つ情報を毎日お届け。それぞれが違った痛みの場所・違った痛みの度合い・違った原因をお持ちです。 一人一人が自分の腰の状況(病態)を理解し、セルフマネジメントできるようになることが私たちの目標です。記事のご意見・ご感想お待ちしております♬

この著者の他の記事を見る