若い運動選手がスポーツの動作で、バッティングや、キック動作、など身体を反らして廻すような動作を繰り返すと、腰の骨の後ろにある椎弓に負荷が加わり続けて、骨の成長が妨げられ疲労骨折になってしまいます。

疲労骨折が進むと痛みが強くなり、我慢して運動を続けていると骨は分離してしまいます。これを腰椎分離症と言います。

しかし、分離してしまっても腰への負担を減らす身体の使い方をすることで痛みをなくすことはできますので、エクササイズを行いましょう。

バナー画像

著者情報

金岡 恒治(かねおか・こうじ)MD,PhD
金岡 恒治(かねおか・こうじ)MD,PhD

早稲田大学スポーツ科学学術院教授

日本整形外科学会専門医・脊椎脊髄病医

日本スポーツ協会認定スポーツドクター

日本水泳連盟理事・医事委員長 ほか

この著者の他の記事を見る