解離性大動脈や膵臓、腎臓、骨盤内の臓器の病気による痛みが、腰痛として感じることがあります。また乳がんや前立腺がんは、骨に転移しやすく、腰痛をおこします。

内臓疾患のセルフチェック方法

例えば、じっとしていたり、姿勢を変えても痛みが減らない、安静にしていても痛みがどんどん強くなってくる、夜寝ているときに痛くて眠れない、最近理由なく体重が減っている、食欲がない、などの症状があるときにはエクササイズはせずに病院を受診しましょう。

肝臓と腰痛

また肝臓は、痛みを感じる神経が肝臓の表面(肝被膜)にしかないので、肝臓が腰痛の原因ではないことは多いと思います。

著者情報

金岡 恒治(かねおか・こうじ)MD,PhD
金岡 恒治(かねおか・こうじ)MD,PhD

早稲田大学スポーツ科学学術院教授

日本整形外科学会専門医・脊椎脊髄病医

日本スポーツ協会認定スポーツドクター

日本水泳連盟理事・医事委員長 ほか

この著者の他の記事を見る