【金岡恒治先生】動画解説

2021年12月 早稲田大学 金岡研究室

急性腰痛とは

腰痛が出るタイミングで分けるとすれば、急に起きる急性腰痛慢性的にダラダラ続く慢性腰痛に大きく分けられます。

いわゆるぎっくり腰というのは、何かの拍子に起きてしまった動くこともつらい腰痛のことを指しますが、ぎっくり腰という名称は実は医学的な名前ではなく、“急に痛みが起きてしまった状況を表す表現”で、ある意味俗語です。腰の痛みが出る原因となる場所(組織)としては、大きく分けて椎間板(ついかんばん)、椎間関節(ついかんかんせつ)、仙腸関節(せんちょうかんせつ)、筋肉があります。ぎっくり腰はこれらのどこかの組織が痛みの震源地となって急に発生した腰痛のことを指すので、ぎっくり腰という言葉事態には治療に役に立つ病態を示すものではありません。

“ぎっくり腰”が起きてしまった場合

最初動くこともできないくらい辛い場合には、なるだけ痛みが出ないような姿勢で痛みがおさまるのを待つ。これはある程度仕方がないことかも知れません。しかし、痛みが少しでもおさまったら、動ける範囲で動いてください。じっとしていたほうが治りが早いと考えがちですが、実は安静にしすぎることも腰痛を長引かせてしまうと言われています。腰痛研究の進んでいるオーストラリアでは、“腰痛がおきてもStay Active!”という言葉でキャンペーンがされました。
痛みが強いときの薬物療法としては、消炎鎮痛剤がよく用いられますが、特に痛みがひどい場合には座薬(おしりの穴から入れる薬)をつかうこともあります。また最近では中枢神経に作用する弱オピオイドや神経障害性疼痛に用いられるプレガバリンという薬も使われることが多くなっています。

痛みの場所が例えば仙腸関節や筋肉の付着部のように一箇所に特定できるようならそこにブロック注射を打つこともあります。ブロック注射は神経の伝導をブロックする薬を痛みをおこしている組織に注入するものです。炎症が強い場合には痛み止めの効果は数時間程度のこともありますが、単時間でもブロック注射が効果を示した場合には、注射をした場所があなたの腰痛の震源地(障害組織)であることが確定できますので、病態診断するためにも有効な方法になります。

また徒手療法を痛みの治療だけでなく震源地の特定に役立てることもあります。つまり、何らかの動きのときに腰痛が出る人で、推定障害組織への負荷を徒手的に和らげてやることで動くときの痛みが軽減される場合には、その場所が震源地であることがわかるとともに、その部位への負担を減らしてやるのに最適なエクササイズが自ずと導き出されてきます。

“ぎっくり腰”の対策

ぎっくり腰も関節の柔軟性や普段の体の使い方が整っていないために起きることが多いので、1度ぎっくり腰を起こしてしまった人は、2回3回と起こさないようにするためにも、あなたの病態に最もあったエクササイズを行って、自分の体の機能を高めて次の発作を起こさないように努めていただきたいと思います。

慢性腰痛とは

もし腰痛が3カ月以上も続いてしまう場合は慢性腰痛と呼ばれます。日常生活での中の体の使い方や関節の可動性の悪さ、姿勢の問題などのいろいろな原因から一度傷めてしまって痛みを出しやすくなっている場所(障害組織)に負担が加わり続けることによって慢性化してしまいます。

また腰痛がつづいて慢性化してしまうと、気分も落ち込み、自分の価値が低くなってしまったと感じたりする心理的な因子も関わり、単なる腰痛が複雑な病態に変わってしまい難治性になってしまうこともあります。メディアで耳にする“腰痛は心の問題”と言われるのがこのような状態です。しかしこのような状態に陥ってしまう前には、障害組織への繰り返しの負荷が原因となっていることが多いので、慢性腰痛に対してもできるだけ早い段階で身体機能を高めてあげることが重要です。

慢性腰痛への対策

慢性腰痛に対しては、消炎鎮痛剤(痛み止めの薬)や注射(痛みを止める注射)はある程度は有効とされています。また心理的因子が関わってしまったかたにはうつ病に用いられる薬が使われることもあります。しかし、前にも述べたように、障害された組織への負荷を減らすために必要な身体機能改善が最も重要です。

つまり日常生活の何気ない動作の中でも、自分の体の使い方に問題があって、ある一カ所の障害組織に負担が加わり続けることで慢性腰痛がおきていますので、そこに負担のかからないような体の使い方を身に付けることが何よりも大事になります。そのためには自分で体を動かしてエクササイズ行うことが必要ですので、今、慢性腰痛がある人は、日常生活の活動の中で、障害部位への負担がかからないようにするための身体機能改善のためのエクササイズを行ってください。

 

 

 

<腰痛改善アプリのダウンロードはこちらから>
iphone
https://apps.apple.com/jp/app/yo-tsu-doctor/id1573869420

Android
https://play.google.com/store/apps/details?id=info.zen.jp.yotsu.doctor

<腰痛改善アプリ スタディの内容関連記事>
腰痛の痛みの原因・ステージの解説【金岡恒治先生】

<腰痛の専門医の金岡恒治先生と理学療法士成田崇矢先生の予約はこちらから>
SPINE CONDITIONING STATION

著者情報

腰痛メディア編集部
腰痛メディア編集部

痛みや体の不調で悩むあなたへ、役立つ情報をお届け。

自分の体の状況(病態)を正しく理解し、セルフマネジメントできるようになることが私たちの目的です。

記事のご意見・ご感想お待ちしております。

この著者の他の記事を見る

著者情報

林 慎一郎(はやし・しんいちろう)
林 慎一郎(はやし・しんいちろう)

専門

株式会社ZEN PLACE アプリ開発責任者

金岡恒治先生、成田崇矢先生監修のYO-TSU DOCTORの開発を担当

この著者の他の記事を見る
バナー画像