「1日中座ってばかりいると、腰に鈍い痛みがある」
「腰が痛くて、日常生活の動作も思うようにうまく動かせない」

今、日本でこのような腰痛持ちのほうが非常に多くいます。

平成28年の厚生労働省の調査によると、「一番困っている症状は何ですか」という質問に対して、「腰痛」と答える人は男性で第1位、女性は肩こりに次いで第2位でした。

頻度として、男性で9.2%, 女性で11.6%となり、約10人の1人は腰痛で悩んでいることがわかりますね。

腰痛は、「肋骨の一番下の骨とお尻の骨の間が1日以上続く痛み」と定義されています。ここからわかる通り、腰痛はあくまで症状のため、病気の名前ではありません。一言で「腰痛」といっても、実際に腰痛を引き起こす疾患は数多くあります。

以前の「腰痛診療ガイドライン」では、欧米の権威ある雑誌に発表された論文を引用し、「原因のわからない腰痛が85%を占める」とされていました。

しかし、近年は日本の整形外科専門医による腰痛の原因を詳しく調査した報告によると、「原因のわからない腰痛」は22%であり、75%以上で診断可能であるとされており、2019年のガイドラインから改訂されています。

一番多いのは、筋肉のつっぱり、炎症によって起きる、筋肉から来る腰痛ですね。重い物を持ったとき、体をひねったとき、ずっと同じ姿勢でいるときなどに起こります。急にくる筋肉由来の腰痛を「ぎっくり腰」と呼びます。

他にも、骨や骨同士をつなぐ椎間板・腎臓やすい臓などの内臓・脊髄の神経にダメージがあると、「腰痛」となって身体のサインが現れます。

数ある原因のうち、「危ない腰痛」の代表的なものに「脊髄腫瘍」があります。脊髄腫瘍は、一言でいえば「背骨の神経にできた腫瘍」のことです。単なる腰痛だからといって放っておくと、腫瘍が成長し神経にダメージを与え、場合によっては他の場所に転移して、最悪お亡くなりになるケースもあります。

そのため、腰痛が脊髄腫瘍の腰痛かどうかのサインを早く見つける必要があります。今回は、「脊髄腫瘍」の腰痛かどうかを自分でチェックできるポイントを4つ厳選しました。

脊髄腫瘍とは?

その前に、脊髄腫瘍についてもう少し詳しく見ていきましょう。

「脊髄腫瘍」の「脊髄」とは、背骨の中を通る神経のことです。神経は薄い「神経鞘」に守られ、さらにそれを「硬膜」と呼ばれる膜で包まれています。それをさらに固い骨で包んで外からの刺激から傷つかないように頑丈に守られています。

そして、「脊髄腫瘍」の「腫瘍」とは、「細胞が異常に増殖して塊(かたまり)になったもの」です。

どんな細胞にも寿命があります。死ぬ前に自分自身を増やして身体を維持しています。これを「細胞分裂」といいます。しかし、たまに細胞分裂するときにミスを起こして「異常な細胞」ができることがあります。これが「腫瘍」です。

そして、どの細胞が「異常」になったかで、腫瘍の種類が異なります。

神経そのものが異常になった場合が「神経膠腫」、薄い神経鞘が異常になった場合が「神経鞘腫」、硬膜が異常になった場合が「髄膜腫」と呼ばれます。この3つが代表的な脊髄腫瘍です。

通常は良性腫瘍といって、その場所で大きくなるだけで、他の場所に細胞が育つこと(これを「転移」といいます)はありません。しかし、非常にまれに他の場所でも増殖する悪性腫瘍になることもあります。

また、肺がん・乳がん・前立腺がん・胃がん・甲状腺がん・腎細胞がんなどの他の腫瘍から脊髄に転移する「転移性腫瘍」の場合もあります。

脊髄腫瘍の症状は?

脊髄腫瘍の症状は、腫瘍の種類に関わらず、神経を圧迫することで起こります。腰の脊髄腫瘍の場合、「足のピリピリするような痛み」「しびれる感覚」「感覚自体が鈍くなる」「筋肉に思ったように力が入らない」といった症状が代表的です。

中には、急に「手足が動かない」「尿や便が勝手に出て漏らしてしまう」など重い症状から出る人もいます。

最近はMRIやCT検査などの画像検査が進歩しており、何の病気のサインもないのに偶然検査で見つかるケースもあります。

脊髄腫瘍の治療は?

一部の腫瘍を除いて、手術で腫瘍摘出や神経除圧(神経の圧迫因子を除去すること)を行いますが、腫瘍が大きく育ちすぎて神経の中に食い込んでいる場合は、後遺症が残ってしまうこともあります。

また、「転移性腫瘍」の場合は、もともとの腫瘍を治療する場合もあるでしょう。

このようなことがないように、腰痛が出す「危ないサイン」に気づくことがとても大切です。

「脊髄腫瘍」の腰痛と他の腰痛と見分ける4つのサインとは?

最新の腰痛診療ガイドラインの中には危ない腰痛を示すサインとして、腰痛の「レッドフラグ」が提唱されています。この中で、特に脊髄腫瘍に特徴的な4つのサインをご紹介します。

① 18歳以下や50歳以上から発症する腰痛

一番腰痛の原因として多いのは、筋肉由来の腰痛だと述べました。こういった腰痛は、普段の日常生活で腰を多く使う、逆に同じ姿勢を取り続けることで起こります。年齢としては、仕事や家事を積極的にする20代~40代を中心に起こりやすくなります。

一方、18歳以下や50歳以上では、そうした腰を使う機会があまりありません。
加えて、脊髄腫瘍も発症しやすい年齢でもあります。

この年代に該当する人で、以下に挙げる症状がある場合は、特に気を付ける必要があります。

② 体重減少や全身のだるさ、発熱などの全身症状がある

筋肉から来る腰痛の場合は、腰の筋肉が炎症しているだけなので、全身の症状が来ることはあまりありません。

もちろん腰痛が強い場合、日常生活が制限されて「重だるい感じ」になることもあります。しかし、食事制限もしていないのに体重が減ったり、発熱をきたしたりする頻度は低いといえます。

一方、脊髄腫瘍による腰痛場合、腫瘍を外から追い出そうと免疫が働くので、戦うサインとして「発熱」「全身のだるさ」が出ることがあります。また、腫瘍から栄養が取られるので体重が減ってくることもあります。

こうした全身のサインが出てきている場合は、特に要注意で、早めに病院やクリニックに受診したほうが良いでしょう。

③ 我慢できないような夜の痛みや6週間くらい続く

「ぎっくり腰」に代表される急性の腰痛の場合、長期間続くことはありません。鎮痛剤を飲みながら、リハビリすることで徐々に良くなっていきます。また、動かさないといけない日中に悪くなり、運動しなくてもよい夜には治まりやすい傾向があります。

一方、脊髄腫瘍は取り除かないとなくならないので、腰痛の時間は昼夜を問わず起こります。逆に、腫瘍が時間とともに増大するので、痛みが激しくなっていくのが特徴です。安静にしているのに時間とともに痛みが強くなったり、神経症状が出るようなら、脊髄腫瘍の腰痛かもしれません。

④ ガンにかかったことがある

脊髄腫瘍は原発性の良性腫瘍の他にも「転移性腫瘍」の場合も多くあります。女性では乳がん(57~73%)、男性では前立腺がん(57~84%)に骨転移が多いといわれています。他にも肺がん(19~32%)、甲状腺がん(19~50%)、腎がん(23~45%)が代表的です。

こうしたガンを治療したことがある人は、後で脊髄に「転移」することで発症することがあるので、一般の人よりも特に注意する必要があるでしょう。

まとめ

脊髄腫瘍による腰痛を見分けるポイントを4つに厳選して紹介しました。

最近は画像も進歩しており、初期の腫瘍も高い精度で見つかるようになってきました。

4つのポイントに当てはまるほうや、少しでも「おかしいな」と思ったら、CTやMRIなど詳しい画像検査してもらえる病院に、早めに受診するようにしましょう。

【参考文献】
1、 日本脊椎脊髄病学会HP
http://www.jssr.gr.jp/student/sick/disease.html#Anchor11

2、 腰椎診療ガイドライン2019年 改訂第2版

3、 日本脳神経外科 脳神経外科疾患情報ページ
https://square.umin.ac.jp/neuroinf/medical/405.html
4、 Winters, M.E, et al.: Back pain emergencies. Med Clin North Am, 90: 505-523, 2006

5、 Hipp, A & Sinert, R : Clinical assessment of low back pain. Ann Emerg Med, 47: 283-285, 2006

著者情報

腰痛メディア編集部
腰痛メディア編集部

痛みや体の不調で悩むあなたへ、役立つ情報をお届け。

自分の体の状況(病態)を正しく理解し、セルフマネジメントできるようになることが私たちの目的です。

記事のご意見・ご感想お待ちしております。

この著者の他の記事を見る
バナー画像