腰痛の時に痛み止めの飲み薬を使っていますか?
ぎっくり腰などの急性的な腰痛だけでなく、慢性的な腰痛にも湿布だけでなく内服の鎮痛薬を使う方は多いのではないでしょうか。じつは、内服の鎮痛薬を使い続けると「鎮痛薬乱用頭痛」になる可能性があります。腰痛だけでなく頭痛にも悩まれている方は注意が必要です。鎮痛薬乱用頭痛になると頭痛を抑えるために鎮痛薬を服用して悪循環に陥る可能性もあるので早めの対策をした方がいいでしょう。
今回は、「鎮痛薬乱用頭痛」の症状やなりやすい方、注意点などを解説していきます。

腰痛に使われる鎮痛薬とは

腰痛が起きた時に痛みを抑える薬には病院で医師の診断を受けて処方してもらう医療用医薬品から薬局やドラッグストアで購入できる市販薬まで様々な種類が存在しています。自分にあった治療薬を見つけることで腰痛で低下した生活の質を取り戻す可能性も高くなります。

ほとんどが非ステロイド性抗炎症薬

腰痛で使用される鎮痛薬は市販薬では非ステロイド性抗炎症薬と呼ばれる医薬品が使われることが多いです。非ステロイド性抗炎症薬は、痛みや発熱などの原因となる炎症反応を起こすプロスタグランジンという体内物質の生成を阻害することで鎮痛効果を発揮します。非ステロイド性抗炎症薬は、高い鎮痛効果があるため内服薬だけでなく湿布や塗り薬、スプレーなどの様々な商品が存在しています。

医療用医薬品なら選択肢が増える

市販薬以外にも医師の診断を受けて処方してもらうことで入手できる医療用医薬品というものがあります。医療用医薬品は高い効果が期待できる反面、副作用のリスクも市販薬に比べると高いことが多いです。しかし、医師や薬剤師の指示通りに服用することでリスクを最大限減らすこともできます。
腰痛で使われる医薬品には非ステロイド性抗炎症薬以外にもサインバルタと呼ばれる抗うつ薬やリリカという神経痛に強い鎮痛効果を発揮する医療用医薬品が存在しています。市販の鎮痛薬に思うような効果を感じない場合には医療機関へ受診してもいいでしょう。

非ステロイド性抗炎症薬には耐性はない

非ステロイド性抗炎症薬などの鎮痛薬を使い続けていくと効果が低下すると感じる方もいるのではないでしょうか。
非ステロイド性抗炎症薬には耐性が生じないとされています。耐性とは以前と同量の医薬品を使用しても効果が得られない減少のことをいいますが、非ステロイド性抗炎症薬を何回使っても鎮痛効果が低下することはありません。
そのため、鎮痛剤を使っても腰痛が治らない場合には症状が悪化している可能性があるため医療機関へ受診した方がいいでしょう。

鎮痛薬乱用頭痛になる可能性もある!

非ステロイド性抗炎症薬は常用を続けていると鎮痛薬乱用頭痛を起こすことが知られています。頭痛で鎮痛薬を常用しているとさらに頭痛が起きてしまい薬の効果がなくなったと感じる場合もありますが、耐性はないので鎮痛薬乱用頭痛の可能性があります。腰痛で鎮痛薬を使用してから頭痛も起きる場合には鎮痛薬乱用頭痛を疑ってください。

鎮痛薬乱用頭痛の症状は?

鎮痛薬乱用頭痛の名前が示すとおり、頭痛を主な症状としています。鎮痛薬乱用頭痛の方が鎮痛薬を中止すると頭痛がひどくなり、吐き気や発汗、不眠、震え、不安感、頻脈などの症状があらわれることがあります。

月に15日以上鎮痛薬を飲んでいる方は注意

鎮痛薬乱用頭痛の診断基準には「月に15日以上鎮痛薬を飲んでいる」というものがあります。市販されている鎮痛薬では無水カフェインが入っているものがあります。無水カフェインが配合されている鎮痛薬の場合には「月に10日以上」が診断基準になるので鎮痛薬の常用には注意が必要です。

無水カフェインの入っているものは特に注意

無水カフェインは、脳などの中枢神経を興奮させる作用だけでなく、他の鎮痛薬の鎮痛効果を補助する作用もあります。無水カフェインは、依存性を招きやすい物質でもあるため無水カフェインが配合されている鎮痛薬を使う場合には短期間の使用に留めた方がいいでしょう。

鎮痛薬乱用頭痛かもしれないと思ったら?

医師の診断で処方してもらった鎮痛薬を、医師や薬剤師の指示通りの量を決められた時だけ服用している場合には鎮痛薬乱用を起こすリスクはかなり少ないと言えます。
しかし、腰痛で市販の鎮痛薬を毎日使用しているけど頭痛も起きるという方は鎮痛薬頭痛の可能性があります。鎮痛薬乱用頭痛の対処法を紹介します。

鎮痛薬の使用をやめる

鎮痛薬乱用頭痛の疑いがある場合にはしばらく鎮痛薬の使用をやめてみましょう。
鎮痛薬頭痛は、鎮痛薬の中止を2週間ほど継続することで症状が落ち着くとされていますいてきます。しかし、鎮痛薬乱用頭痛は、鎮痛薬を再び使用すればるば症状が落ち着くのでなかなか止めることが難しく、腰痛も辛いものなので常用を止めることが難しいのが問題です。

長期連用は避ける

市販の鎮痛薬は長期間使用しないようにしましょう。薬物乱用頭痛の診断基準に「月に15日以上鎮痛薬を服用している」とあるので2週間連続して使用しない方がいいでしょう。
市販薬は、基本的に長期間使用するように開発されていません。一時的に症状を抑えて安静にして腰痛を抑えるくらいの目的で使用したほういいでしょう。

医療機関へ受診する

鎮痛薬乱用頭痛になると痛みに耐えて鎮痛薬の使用を抑える必要があります。しかし、日常的に痛みが継続すると日常生活に大きな影響が起きるので鎮痛薬の使用を中止することは困難と言えます。また、腰痛や頭痛が継続したり、症状が悪化する場合には重大な疾患である可能性もあるので不安に感じる場合には医療機関へ受診した方がいいでしょう。

鎮痛薬のそのほかの副作用は?

非ステロイド性抗炎症薬に代表される鎮痛薬には鎮痛薬乱用頭痛以外にも気をつけるべき副作用が存在します。そのため、鎮痛薬を使用して体調が変化する場合には使用を中止した方でいいでしょう。

胃腸障害

非ステロイド性抗炎症薬は、痛みや熱の原因となる体内物質のプロスタグランジンの生成を阻害することで解熱鎮痛効果を発揮します。しかし、プロスタグランジンは胃の粘液の分泌を促進させる効果もあるため非ステロイド性抗炎症薬を使用することで胃の粘液が減少して荒れてしまうことがあります。そのため、市販薬では胃を保護する成分が配合されていることがあります。

アスピリン喘息

非ステロイド性抗炎症薬を使用することでアスピリン喘息を起こすことがあります。喘息を持っている方は鎮痛薬を使う前にかかりつけの医師に相談した方がいいでしょう。

光線過敏症

一部の非ステロイド性抗炎症薬では、光線過敏症と呼ばれる副作用を起こすことが知られています。特に、非ステロイド性抗炎症薬が配合されている湿布を貼った部位に日光が当たることでかぶれたり、赤くなるなどの炎症を起こします。湿布を使う場合にはできるだけ光に当たらないように工夫する必要があります。

まとめ

腰痛が起こった時に頼れるのが鎮痛薬ですが、使用し過ぎると鎮痛薬乱用頭痛を起こす可能性があります。そのため、市販薬で痛みが治らないからと過量に服用したり、長期的に服用しない方がいいでしょう。鎮痛薬乱用頭痛は使用を2週間程度中止すると治まりますが、痛みに耐える必要があるため常用を止めることが困難です。医師の診断で処方された医薬品を指示通りに量とタイミングで服用している場合には鎮痛薬乱用頭痛のリスクはかなり低いものとなっているので腰痛だけでなく頭痛も感じる場合には無理をせずに医療機関へ受診した方がいいでしょう。

参考文献
一般社団法人日本頭痛学会 頭痛について知る
https://www.jhsnet.net/ippan_zutu_kaisetu_05.html
LOXONIN.S 薬物乱用頭痛
https://www.daiichisankyo-hc.co.jp/site_loxonin-s/understand/headache/type04.html
沖縄県薬剤師会 おくすりQ&A
http://www.okiyaku.or.jp/0_QA/kiso/kiso11.html

著者情報

腰痛メディア編集部
腰痛メディア編集部

痛みや体の不調で悩むあなたへ、役立つ情報をお届け。

自分の体の状況(病態)を正しく理解し、セルフマネジメントできるようになることが私たちの目的です。

記事のご意見・ご感想お待ちしております。

この著者の他の記事を見る
バナー画像