「腰が痛いと思っていたらトイレで血が混じった尿があった」そんな経験はありませんか?今回は女性に多いとされている血尿が起こりやすい疾患をご紹介していきます。
もし異変を感じている方は、早めの病院受診を心がけてくださいね。

血尿とは

血尿は尿に血液が混ざっていることをいいます。肉眼で確認できるものと、顕微鏡を使い検査する必要があるものに分かれます。
血尿を起こす疾患は多くあり、早期治療により根治可能なケースもあるので、血尿を確認した場合には早めに病院を受診しましょう。

腰痛や血尿を引き起こしやすい疾患

今回は症状として腰痛と血尿を発症する可能性のある疾患をご紹介いたします。

急性膀胱炎

急性膀胱炎は尿道から膀胱へ細菌が侵入し、膀胱内で細菌が増殖し炎症を引き起こします。
原因となる細菌の多くは大便中にある大腸菌とされています。そのほかブドウ球菌やセラチアなどの細菌が考えられます。
急性膀胱炎は女性に多いとされており、その理由として女性の尿道が男性よりも短いことや、肛門と尿道口が近いため男性よりも細菌が入りやすく膀胱炎になりやすいとされています。誘発要因としては、疲労やストレスで免疫力の低下や、性行為、長時間のトイレの我慢などがあり、血尿が生じる場合があります。

腎盂腎炎

次にご紹介する疾患は腎盂腎炎です、これは膀胱炎を放置し炎症が増悪した場合に引き起こされます。膀胱炎の治療が長期にわたっていると、膀胱内にある細菌が尿管をつたって逆行し膀胱へ侵入します。そうすると腎臓内で炎症が広がり腎盂腎炎になります。
腎盂腎炎の症状は腰や背中の痛み、排尿時痛や血尿のほかに高熱などが挙げられ、全身の倦怠感や嘔吐などの消化器症状なども引きこされ、二次的障害として脱水などにも注意する必要があります。
また、細菌が腎臓から血液をつたって全身に広がった場合には、急性腎不全やショック状態となり命に関わることもあるため大変注意が必要です。

バナー画像

尿路結石

尿路結石は、尿道から腎臓までの尿路に結石が生じていることをいいます。
こちらは閉経後の女性に多いとされています。
尿路結石の症状としては、突然の腰や背中の痛み、血尿が特徴的な症状です。
結石によって尿の流れが悪くなると、腎臓の機能が低下する原因にもなるので、速やかな治療が大切です。
結石の成分としてカルシウム結石が大部分を占めており、尿が酸性に近付いたりすることで、カルシウム結石が発生しやすとされています。尿が酸性に傾くときは脱水状態にあるときです。尿量が少なく脱水傾向にあるとアシドーシスという状態になり酸性に傾きやすくなるため十分な水分補給が必要です。またメタボリック症候群や高尿酸血症などの生活習慣病に当てはまる方は、尿管結石が発症しやすいので注意が必要です。

トイレを我慢せず、清潔を保つことが大切

上記で紹介した疾患の予防としては、長時間トイレを我慢しないことが重要です。排尿をすることで尿道の細菌の侵入を防ぐことができます。十分な尿量を排出するためには水分補給も大切です。さらに、尿意がなくてもトイレに座り排尿を試みる習慣をつけることも大切です。
女性の場合はナプキンやおりものシートをこまめに取り換えることや、シャワーや入浴で清潔を保つことも細菌を防ぐためには効果的です。

まとめ

いかがでしたか。
腰痛と血尿は意外にも関係性があることがわかりましたね。
女性の場合は特に細菌感染しやすいため、意識して水分補給などを行い予防につとめていきましょう。

参考文献
血尿診断ガイドライン編集委員会(2013)「血尿診断ガイドライン 2013」ライフサイエンス出版
三鴨 肇ら(2005)「尿路結石による腎盂腎炎で敗血症性ショックをきたした1救命例」日本農村医学会学術総会抄録集

バナー画像

著者情報

岡田 ひかり
岡田 ひかり

保有資格

看護師、保健師

経歴

看護の大学を卒業後、都内大学病院の外科病棟で急性期の看護を学ぶ。

その後、福祉施設で通所介護や在宅支援へ向けた看護業務実施。

この著者の他の記事を見る