若い頃はなんでもなかったことが年を重ねると辛くなることはありますよね。特に体力がなくなることはわかっていたことですが、実際に加齢による体力や筋力の低下を体感してみると思ってた以上に足が最近疲れやすくなったり、動かしづらくなったと感じたり、お尻から足にかけて痺れたりしたことはありませんか?

もしかしたらその症状は運動不足や加齢による筋力の低下が原因ではなく腰が原因の病気かもしれません。
特に歩いたり、腰を伸ばしたりしたときにだけ症状が出るのであれば要注意です。足の痺れや疲れなどの症状の原因は背骨から生じている可能性が高いです。

また、背骨が原因の病気であれば腰痛の原因となりますので、腰も痛くなることもあります。

今回は足の痺れや腰痛の原因となる背骨に起こる病気について説明していきます。

足が痺れた場合に考えられる背骨が原因の病気

背骨が原因で足の痺れや腰痛のもととなる病気としてはヘルニア、脊柱管狭窄症、すべり症、圧迫骨折などがあります。

脊柱管狭窄症

症状

脊柱管狭窄症とは背骨を構成する一部である脊柱管や椎間孔が狭小化し、そこを通っている神経が圧迫されることで、特有の神経症状を呈する症候群です。

狭小化する背骨の場所は腰部が最も多く、次に首が多いです。腰部に起きた脊柱管狭窄症であれば、症状としてお尻から足にかけての痺れや疼痛、脱力・神経性間欠跛行がみられます。

重症化すると膀胱直腸障害が起こる可能性がある病気で、かならず腰痛を伴うわけではありませんが、腰痛を引き起こすこともあります。

※神経性間欠跛行とはしばらく歩くと足に痛みやしびれを生じ、少し休むとまた歩けるようになる症状のことをいいます。足以外にも腰やお尻にも痛みやしびれ、だるさが出て来ることがあります。

また神経性間欠跛行は歩くだけが契機ではなく、立って家事をするとふくらはぎが痛くなるなど立つことで痛みが引き起こされることがあります。

休むときにはベンチに腰掛けたり、しゃがみ込んだりと、座っている姿勢に近づけると痛みが引いてくるのが神経性跛行の特徴です。

脊柱管狭窄症の歴史は1949年までさかのぼることができます。当時、Verbiestという人が「脊椎の他の異常とは無縁の腰椎管狭窄の特殊な形態」を報告したことが歴史の始まりです。指摘された患者が仰向けになると症状はすぐに消失し、安静時の神経学的検査では異常は認められなかったといわれています。

脊柱管狭窄症の症状のパターンは、腰回りと太ももの後側の鈍い痛みが徐々に出現するものから、太もも、ふくらはぎ、足の鋭い神経痛まで様々あります。

基本的には両方の足に症状が出現しますが、背骨の狭窄化の状態によっては左右の足の片側にのみ症状が出ることもあります。

原因

脊柱管狭窄症の原因となる背骨の変化には、椎間板や靭帯が加齢によって椎間関節包の肥大、椎間板の高さの喪失、椎間板の膨らみ、靭帯の肥大などが考えられます。

それらの原因により脊柱管が狭くなり、神経の通っている水の袋が押されて、痛み、しびれ、腰痛などの症状を呈します。

つまり背骨の中を通っている神経や骨が高齢化して変形することで圧迫されてしまうことが主な原因となります。
脊柱管狭窄症の中でも、腰の背骨に生じる腰部脊柱管狭窄症というのは、椎間板ヘルニアと並ぶ二大腰痛の一つで、腰痛の原因としても珍しいものではありません。

治療

基本的な治療は保存的なもので、薬などで様子をみて、治らなければ手術を考えます。手術はできるだけ骨を削るのを最小限にして身体へのダメージを少なくします。

症状が発症してしまった後の話としては、
2013年に、磁気共鳴画像法で診断された脊柱管狭窄症の患者34人を平均11.1年の追跡調査をした研究が発表されました。
患者の平均年齢は初診時58歳であり、参加者全員が10年以上にわたり、薬の有無にかかわらず保存的治療を受けています。

この論文は結果として、症状は約30%の患者で改善し、30%の患者では変化なし、30%の患者では悪化したと記載されています。
結論としては保存的治療を受けた60%以上の患者では脊柱管狭窄症の症状は発症しなかったことが示されており。診断時に軽症から中等度の脊柱管狭窄症の方であれば経過は良好であると考えられます。

悪化した人たちに関しても、初診時の硬膜嚢断面積の平均面積が50mm以下であったと書かれていますので、診断時で既に重症に近い人はその後の経過が良くなく、軽症から中等度の症状の人が重症になる可能性は低そうだといえます。

しかしながら、脊柱管狭窄症の症状は痛みを呈することから、歩行や運動などの日常生活や仕事におけるパフォーマンスに大きな影響を与える可能性があります。

症状がある患者のほとんどは、歩行できる力が制限されており、歩行補助具を必要としたり、症状がひどければ歩行を避けることさえあります。

腰痛があり、足の痺れなどもみられた場合はこの病気を疑っても良いかもしれません。そのままにしていても悪化することなく過ごせることもあるでしょうが原因が治る可能性は少ない病気です。

放っておくと歩行など運動の制限から健康全般と身体能力に影響を及ぼしかねないので、気になったら早めに病院へ行きましょう。

腰椎変性すべり症

腰椎変性すべり症も腰痛の原因として多い病気で、分離すべり症と変性すべり症があります。 分離すべり症というのは、子供の時に生じる先天性のものなので今回は割愛します。

症状

腰痛変性すべり症は、脊椎が変化することにより、1つの椎体という背骨の一部分が下の椎体の上を滑る原因となる障害です。

腰の骨がずれてくるのですね。

そうすると背骨の中にある神経が圧迫されてしまい、腰痛や足のしびれや痛みが出現します。最も一般的な訴えは腰痛で、多くの場合この腰の痛みは何年にもわたって再発していきます。

他の原因の腰痛と同じように重たいものを持てば腰が痛くなり、痛みは1日のうちに出現したり引っ込んだりします。

腰椎変性すべり症で出現する足の痛みは特徴的であり、痛みは左右の足に移動します。あるときは片方の足の神経性疼痛を訴え、別の時は反対側の足の神経性疼痛を訴えます。

膀胱にいく神経が圧されて、排尿障害などの膀胱や直腸の障害も起きます。
腰椎変性すべり症は、背骨の中でも腰椎レベル(L5-S1)で最も頻繁に発生し、ほとんどの場合、L4-5レベル(骨盤のなか)で発生します。
理由としては主に腸腰靭帯がL5を解剖学的位置に強く保持しているためであるとして、L4-L5椎間は、他の脊椎より6-9倍の頻度で影響を受けるといわれています。

原因

背骨が変化してしまうことが直接的な原因となります。そのため高齢になればなるほどリスクが高くなります。

特に、骨がすかすかになってくる骨そしょう症は女性の方がなりやすく、女性の方で60歳以上だと3分の1、70歳以上なら半分近くの方に骨密度の逸脱した低下がみられます。

加齢とともに骨が弱くなって椎体が潰れやすくなり、変形性腰椎すべり症が起こりやすくなります。
その他に変性腰椎すべり症の発症につながると考えられる主な原因は、正常な構造的支持力を失った関節の関節炎、靭帯安定化成分の機能不全、支持筋肉の筋肉量の低下です。

治療

治療は保存療法が優先されますが、しかし加齢とともに生活に大きな支障をきたすようなら、手術的治療が行われます。

2000年に行われた手術をしないで保存治療をされている変性性脊椎症患者145名を最低10年間の追跡調査を行った研究があります。

結果は初診時に足の痺れなどの神経学的障害を認めなかった110例中84例(76%)は、10年後の追跡調査でも神経学的障害を認められませんでした。

この研究では10年以上にかけて、レントゲン写真の変化、臨床症状の変化、機能的予後を調査しています。

進行が認められなかった患者では、経過観察時にスリップした部分の椎間空間の大きさが有意に減少していました。腰痛は、椎間空間の大きさが減少した後に改善したと書かれています。

進行性の脊椎症は49例(34%)に認められましたが、症状の変化と脊椎症の進行との間には相関関係はなかったと結論づけられています。

症状が悪化したのは初診時に間欠性跛行や膀胱直腸障害などの神経学的症状があり、手術を拒否した患者35人のうち29人(83%)の方だけでした。残念ながら手術を拒否した患者たちの最終的な予後は非常に良くなかったと書かれています。

つまり脊柱管狭窄症と同じように軽症や中等度の症状で、生活に支障がない場合は手術せずに経過をみながらゆっくり治療していくことも有効である可能性があります。

まとめ

脊柱管狭窄症と腰椎変性すべり症について解説してきました。どちらも症状や原因が似ている病気で、足やお尻、腰が痛くなったり痺れたりしますが、背骨の病気です。

症状が出ている部位にだけとらわれずに、どういうときに痛みが出てくるかを加味して判断すれば違和感に気付くのが早くなるかもしれません。

病気は早く発見して早く治療すれば、それだけ病気の進行を食い止められて生活に悪影響を及ぼすことが少なくなりますので、

おやっ!
と思ったら注意深く観察して早めの受診を心がけましょう。

ⅰ Akihito Minamide , Munehito Yoshida, Kazuhiro Maio:The natural clinical course of lumbar spinal ste-nosis: a longitudinal cohort study over a minimum of 10 years:J Orthop Sci. 2013 Sep;18(5):693-8. doi: 10.1007/s00776-013-0435-9. Epub 2013 Jul 10.
ⅱ S Matsunaga , K Ijiri, K Hayashi:Nonsurgically managed patients with degenerative spondylolisthesis: a 10- to 18-year follow-up study:J Neurosurg. 2000 Oct;93(2 Suppl):194-8. doi: 10.3171/spi.2000.93.2.0194.

著者情報

腰痛メディア編集部
腰痛メディア編集部

痛みや体の不調で悩むあなたへ、役立つ情報をお届け。

自分の体の状況(病態)を正しく理解し、セルフマネジメントできるようになることが私たちの目的です。

記事のご意見・ご感想お待ちしております。

この著者の他の記事を見る