姿勢が悪かったり、無理して負担をかけたりと腰痛にはさまざまな原因があります。現在はテレワークがきっかけとなり、腰痛で悩んでいる方が増えています。長時間同じ姿勢でいると、血流が悪くなり、筋肉がこわばって痛みが出ます。また、疲れやストレスが溜まることも原因のひとつです。リラックスタイムも兼ねてアロマテラピーで腰痛を改善しませんか?今回は、腰痛を和らげるおすすめの精油をご紹介します。少し聞き慣れない名前も出てきますが、血流改善や筋肉の凝りに作用する精油を詳しく解説していきます!

精油とは?

植物の花や葉、果皮、樹皮などから抽出した天然の素材です。有効成分を高濃度に含有した揮発性の芳香物質で、香り以外にもさまざまな機能を持っています。種類によって、心や身体、お肌に作用する働きが違っており、香りだけでなく症状によって使い分けができます。また植物の芳香成分は、産地の土壌や天候などの影響を受けやすいため、同じ精油でも主産地によって香りに違いが出ることもあります。

痛みや凝りに対する作用

精油によってさまざまな作用があります。腰痛改善に役立つ作用とは、一体どのようなものがあるのでしょうか。

⒈ 鎮静作用
張り詰めた神経を鎮めて、心や身体を落ち着かせてくれる作用です。腰痛には緊張やストレスなどが原因で痛みが出ることもあります。また痛みで辛かったり、イライラしたりする気持ちを和らげてくれます。

⒉ 鎮痛作用
身体の痛みを和らげる作用です。腰痛には、キャリアオイルで希釈してマッサージをするほか、お風呂での使用が効果的です。

⒊ 血行促進作用
血行を良くする働きのことです。全身に作用します。血行が良くなると筋肉の痛みや凝りを和らげることができます。

⒋ 筋肉弛緩作用
筋肉の緊張をゆるめる作用のことです。筋肉が緊張すると痛みや凝りの原因となります。筋肉の緊張をゆるめることで、腰痛の緩和につながります。

腰痛を和らげるおすすめ精油

腰痛改善に役立つ作用を持っている精油を7つご紹介します。

⒈ タラゴン
フランス料理などでよく使われるハーブです。スパイシーな中にも甘みのある香りです。血行促進作用があり、滞った血行をよくして筋肉の痛みや凝りを和らげてくれる働きを持っています。また、筋肉弛緩作用も持っているので、緊張した筋肉をゆるめてくれます。ストレスで筋肉がこわばり、腰に痛みがあるという方におすすめします。心にも刺激を与えて前向きにしてくれるので、痛みを緩和するとともに、明日への力となる香りです。刺激が強い精油なので、使用量に注意してください。また、妊娠中の方は使用を避けてください。

⒉ ベチバー
とてもスモーキーで独特な香りです。強い鎮静作用を持っています。ストレスや緊張を和らげてくれて、心を落ち着かせてくれる精油です。血液循環を促進する作用もあるので、腰痛を和らげてくれます。血行が良くなると腰痛の辛さも和らぎます。それと同時に、疲労回復の働きも持っているので、1日の終わりにマッサージオイルとして使用すると、疲れた体に力を与えてくれます。他の精油に加えると香りを長く持続させる保留剤となるので、ブレンドして使用するのもおすすめです。香りが強く残りやすいので、その点は注意をしてください。また、妊娠中の方は使用を避けてください。

⒊ マジョラム
温かみがあり少しスパイシーさもある香りです。心と身体のどちらも温めてくれる作用があり、ほっとさせてくれます。心地の良い安らぎを与えてくれるだけでなく、鎮痛作用もあります。ストレスなどで筋肉がこわばって腰痛がある方におすすめです。緊張で張り詰めた心も一緒に落ち着かせてくれます。血行を良くするので、冷えからくる腰痛も緩和してくれる精油です。リラックス効果も高く安眠にも良い香りなので、寝る前の使用が最適です。物事に集中したい時や車の運転前は使用を避け、妊娠中の方は使用しないでください。

⒋ ラバンジン
原料となっているラバンジンは真正ラベンダーとスパイクラベンダーの自然交配によって生まれた種類です。香りはラベンダーと似ていますが、少しシャープな印象です。効能も同じような働きをします。鎮痛作用に優れていて、痛みや筋肉の凝りをほぐしてくれます。腰痛や肩こりなどにおすすめの精油です。香りも一般的なラベンダーより少しスッキリしているので、腰の痛みを取り除いてリフレッシュしたい時に適しています。注意点として、妊娠中の方は使用は控えてください。

⒌ レモングラス
レモンのようなスッキリさと少し渋みを持った香りです。ストレスを解消し心身ともに元気にしてくれる精油です。レモングラスの最大の特徴は、乳酸を排出する働きがあることです。スポーツ後の筋肉疲労を回復してくれるだけでなく、筋肉痛や凝りなどにも役立ちます。立ち仕事などの疲労による腰痛を緩和してくれる精油です。リンパの循環を刺激して老廃物を流すことができるので、マッサージがおすすめです。濃度が高いと皮膚刺激を引き起こすこともあるので注意をしてください。また妊娠中の方は使用を避けてください。

⒍ ローズウッド
名前にバラが入っていますが、全く異なる植物の木部から採れた精油です。ウッディーさを持っており、バラに似たフローラルな香りがします。精神的に疲れた時などに気持ちを明るくしてくれる作用があります。また、免疫力を高めて、身体全体を丈夫にしてくれる作用も持っています。腰痛を改善してくれる鎮痛作用があり、血行促進作用もあるので痛みや凝りに役立ちます。心身ともに疲れた時には疲労を回復してくれる精油なので、リラックスタイムにおすすめです。

⒎ ローズマリー
スッキリとした清涼感のある香りです。心身を目覚めさせてくれ集中力を高めてくれます。精神的な過労や無気力を改善するだけでなく、鎮痛作用も併せ持っています。腰痛や肩こり、筋肉痛などを緩和し、血行促進作用で血液循環も良くしてくれます。老廃物を排出し、冷えやむくみの改善にも役立ちます。ずっと同じ姿勢で体が冷え、筋肉が縮こまって腰に痛みを生じている方におすすめです。刺激が強いため、高血圧やてんかんの持病がある方は使用を避けてください。また、妊娠中や授乳中の方も使用はしないでください。皮膚刺激があった場合もすぐに洗い流して使用を控えましょう。

⒋ まとめ

腰痛の辛さを緩和する精油は、身体だけでなく心への働きもあります。痛みや凝りを取り除くだけでなく、心のストレスを癒したり気持ちをリフレッシュすることができます。腰痛の改善だけでなく、合わせて心も元気になれば明日への活力となるのではないでしょうか。今は、世界が未知のウイルスに支配され、色々な我慢やストレスが体にも現れてきています。その中でも腰痛は、生活に支障をきたすこともあり、気持ちまでも辛くしてしまいます。腰痛を和らげるだけでなく、辛くなった心も一緒に和らげることができるのがアロマテラピーです。ただ痛みを緩和するだけでなく、精神的なストレスからくる腰痛にも役立ちます。手軽に生活に取り入れることのできるアロマテラピー。自分の好きな香りや、体調に合った精油を見つけて腰痛を改善していきましょう。

【参考文献】:『アロマテラピー用語辞典』(公益社団法人 日本アロマ環境協会)
     『アロマテラピーのすべてがわかる事典』(監修 グリーンフラスコ)
      

著者情報

Hasumi
Hasumi

保有資格

AEAJ アロマテラピーアドバイザー

 

AEAJ アロマテラピー検定1級

AEAJ アロマテラピーインストラクター

AEAJ 環境カオリスタ検定 取得

この著者の他の記事を見る
バナー画像