腰痛と一緒にお尻や足の痛みもあって悩んでいる!こんな人も多いのではないでしょうか?
実際に病院に受診される腰痛患者の中には殿部~足の痛みも同時に訴える人が多くみられます。
なぜ腰痛と一緒にお尻や足の痛みが出現しているのか、原因と対策の方法をお伝えします。腰痛や足の痛みで悩んでいる人は是非参考にしてみて下さい。

腰痛と関連している足の痛みの病態とは

腰が悪く足に痛みが出現している人は「腰の神経が圧迫」されている可能性があります。腰の神経は足の感覚に関与する神経が集まっており、この神経が圧迫されることによって足の痛みが出現します。
また、お尻にある「坐骨神経」が圧迫された場合にも足への痛みが出現することがあり、腰からなのか坐骨神経からなのかを鑑別する必要があります。
足が痛いからといって足に湿布を張ることや、マッサージを行っても一向に症状が良くなりません。腰部~股関節に対しての治療やリハビリが推奨されており、整形外科を受診することをおすすめします。
この記事を読むことで原因と病態を理解し、正しい治療を受けるようにしましょう。

足に痛みを出す疾患とは

腰痛の疾患の中には足に症状を出現させるものがいくかあります。代表的なものを以下に紹介します。

・腰椎椎間板ヘルニア
・腰部脊柱管狭窄症
・梨状筋症候群

などが下肢の痛みを出現させる腰部疾患として挙げられます。それぞれの症状をチェックしてみましょう。

腰椎椎間板ヘルニア

腰椎椎間板ヘルニアとは、腰部の回旋動作や前に屈む動作等の椎間板へのストレスによって椎間板の線維輪という組織の壁がすり減り、この箇所から髄核が漏れ出て腰の神経を圧迫します。
この腰の神経が圧迫されることによって殿部~足への痛みや痺れが誘発されるのです。腰の骨は5つありますがどのレベルの神経が圧迫されているかによって、痛みや痺れが出現する領域が変化してきます。
症状としては顔を洗う際などの前に屈む動作や、後ろを振り返る動作などの腰の回旋動作で腰痛や足の痛みが誘発されます。症状が強い場合には座っている時や就寝時などの安静時にも腰痛や足の痛みがでていることもあります。

腰部脊柱管狭窄症

腰部脊柱管狭窄症とは椎間板や椎間関節といった腰の神経付近の組織や関節が、変形や肥厚を起こすことで腰の神経を圧迫し足の痛みや痺れが誘発される疾患です。
足の痛みや痺れと腰痛などの症状が出現するタイミングとしては「歩行時」にみられることが特徴で、ベンチに座って休むことによって軽減する。歩く際に痛い場合は腰部脊柱管狭窄症が疑われます。

梨状筋症候群

梨状筋症候群とは、梨状筋といられるお尻の中央にある股関節の筋肉が硬くなることで、下方に走行している坐骨神経を圧迫してしまい足に痛みや痺れが出現する。背骨~股関節の柔軟性低下が関与していることが多いです。
痛みが出現するタイミングとしては、ガニ股でのランニングや歩行で梨状筋を過剰に使用する場合や長時間の座位姿勢時に症状が出現します。腰痛との関連性も高い疾患です。

これらの疾患の鑑別診断について

これらの疾患の鑑別検査には様々な種類がありますが一般の人が行うことは難しく、正確には整形外科を受診し医師の診断を受けることをおすすめします。また強い腰痛や足の痛みが出現しているケースでは症状がかなり悪化してしまっている場合が多く、下記の項目に当てはまる人はなるべく早期に整形外科を受診するようにしましょう。

・じっとしていてもジンジンする腰痛や足の痛みがある
・歩けない程の腰痛や足の痛みがある
・生活や仕事に支障がでている
・体のセルフケアを行っても改善しない

腰痛や足の痛みなどの症状を我慢し慢性化させてしまうと改善や完治までの期間が長くなることや、手術が適応されるケースもありますので十分注意して下さい。

治療とリハビリについて

これらの腰痛に関連した疾患に対しては保存療法ではブロック注射や痛み止め等の服薬等が処方され、同時に理学療法士によるリハビリテーションが開始されます。リハビリでは主に体幹部の安定性や股関節の柔軟性を高める腰痛に対しての治療や運動を行います。自宅で行うセルフケアの運動メニューも提供されるため整形外科を受診することをおすすめします。
また腰痛や足の痛みなどの症状が強い場合は手術適応となり手術が行われます。術後は早期からリハビリが開始し退院後も外来受診でリハビリが継続される場合が多いです。

腰痛に関連した足の痛みに最適なセルフケアの方法

背骨~骨盤の可動性を高める四つ這い運動

①肩の真下に手、股関節の真下に膝がくるように四つ這いの姿勢をとる
②腰を天井に突き上げながら丸め、おへそを覗き込むように首を曲げる
③その後、腰を反りながら顔は前方を向けるようにし首を反る
これを交互に5秒ずつ行い、背骨~骨盤をほぐします。リラックスしてゆっくりと行いましょう。

体幹の回旋を行う背骨~骨盤の可動性運動

①横向きに寝て膝と股関節を軽く曲げる
②両手を前方に伸ばす
③そこから身体を後方に回旋しながら腕を後ろに開き、背骨~骨盤を回旋する
上半身の動きに骨盤がついていき、骨盤が開かないようにかないように注意しましょう。これを左右10×2セット行いましょう。力まないようにリラックスして行いましょう。

体幹の安定性を向上させる運動

①肩の真下に手、股関節の真下に膝がくるように四つ這いの姿勢をとる
②お腹に「キュッと」軽く力をいれ、背骨~骨盤を反り過ぎず、曲げ過ぎず真っすぐ保つ
③ここから股関節を曲げることを意識しながらお尻を後方に移動させていく
これは体幹を安定させた状態で股関節の可動性を出していく運動です。お尻を後方に移動させた状態を5秒キープし戻すことを繰り返し行いましょう。

梨状筋のストレッチ

①椅子に座り片足を持ち上げもう片方のももの上に置く
②この姿勢から背筋を伸ばし、股関節を軸に身体を前方に倒す(背中を丸めないように注意)
③殿部の心地いいし伸張感を感じたらストップ
④その姿勢で20秒間キープ
20秒×3セット行い殿部にある梨状筋をストレッチしましょう。痛みが増悪する際にはストレッチを中止しましょう。

硬式テニスボールを用いた梨状筋マッサージ

①仰向けに寝て膝を曲げる
②テニスボールを殿部の下にいれる(お尻の中央部分に当てる)
③コリコリとした痛気持ちいい部分に当て1秒間に1回程度身体を左右に揺らす
これを2分程度行いましょう。徐々に痛みが軽減していくことを感じながら行うようにして下さい。もし痛みが増す場合は神経への負担がかかっている可能性が考えられます。痛みが増す場合はマッサージを中止しましょう。

まとめ

今回は腰痛に関連した足に痛みを出現させる腰の疾患について原因と対策を紹介させて頂きました。腰痛に関連した足に痛みを出す疾患は多くあり診断が難しいです。また早期に治療を開始することが望ましく、慢性化させないように症状が軽症な内に整形外科を受診するように心掛けましょう。
腰痛や足の痛みで悩んでいる方は、今回お伝えした自宅での運動を行うことで腰痛や足の痛みのセルフケアを是非行ってみて下さい。
今回の記事で自分自身の腰痛が気になった方は「自動問診」「腰痛ドクターアプリ」を活用してみてはいかがでしょうか。

引用・参考文献
1)松村 将司,三木 貴弘(2020年9月3日刊行)『適切な判断を導くための整形外科徒手検査法』メジカルビュー社
2)成田 崇矢(2019年2月3日刊行)『脊柱理学療法マネジメント』メジカルビュー社
3)整形外科リハビリテーション学会(2014年3月14日刊行)『整形外科運動療法ナビゲーション』メジカルビュー社

著者情報

枡中 昂也
枡中 昂也

保有資格

理学療法士

経歴

整形外科病院勤務12年目。現在は臨床業務を行いながら、当メディア内でWebライターとして記事の執筆と校正・校閲業務に携わる。

この著者の他の記事を見る