腰痛をどうにかしたい。痛みのない生活を送りたい。腰痛で悩まれている方は多く、その原因もさまざまです。負担のかかる姿勢や運動で痛めることが多いと思われがちですが、意外なことに心理的ストレスが原因の腰痛もあります。いつも不安や緊張を感じている、イライラしているなど、心が健康ではないと感じることはありませんか?心の疲れが蓄積して、腰に痛みを感じることがあります。腰痛の原因がストレスであった場合、おすすめしたいのが「アロマテラピー」です。ストレスにより血流が悪くなることで、体がこわばり、それが腰痛へと繋がります。この悪循環を改善してくれるのが植物の力が入っている「精油」と呼ばれるエッセンシャルオイルです。どんな症状にどんな精油を使えば良いのでしょうか。アロマテラピーを活用して、痛みをとるだけでなく、腰痛で悩まない生活を送りましょう!

アロマテラピーで腰痛を和らげたい

まずは、痛みをどうにかしたい方が多いと思います。鎮静作用のある精油と使い方をご紹介します。

痛みを和らげる精油の種類

精油の中には、色々な作用を持つ成分が含まれています。腰痛に対しては鎮静作用の強いものを使うと、痛みを和らげることができます。

・ラベンダー
よく耳にすることがあると思います。フローラルで万人受けする香りです。とても優れた鎮静作用を持っており、痛みの緩和とともに血液循環を促してくれます。

・クラリセージ
ハーブ調の強めの香りです。優れた鎮静作用があります。加温作用もあるので、冷えにも有効な精油です。

・マジョラム
温かみのあるスパイシーな香りです。優れた鎮静作用とともに、心も体も温めてくれる加温作用もあります。痛みでつらい心も和らげてくれます。

・サンダルウッド
木の温もりを感じられる香りです。優れた鎮静作用で腰痛を緩和してくれます。皮膚細胞の成長を促す作用もあるので、乾燥肌にも向いています。

・ブラックペッパー、ジンジャー
調味料でお馴染みのスパイスにも精油があります。筋肉弛緩作用や血行促進作用があり、痛みを緩和してくれます。

精油を使って痛みを和らげる方法「温湿布」

温湿布って?と思った方も多いかもしれません。実は、自宅でも簡単に作れます。

1.洗面器に熱湯を入れます。

2.上から精油を2〜3滴落とします。

3.タオルを二つ折りにします。真ん中ですくいとるようにして、水分と精油を染み込ませます。

4.精油が付着した部分を内側に織り込んで絞ります。両端は水分を含まないようにすると絞りやすいです。火傷には十分に気をつけてください。

5.痛みのある部分に優しく押し当ててください。10分程行うと、腰も温まり痛みがほぐれてきます。

時間が経つとタオルの温度が下がってきます。当てたタオルの上からラップをして、その上にもう1枚乾いたタオルをすると冷めにくいです。

精油を使って痛みを和らげる方法「マッサージ」

精油はそのまま皮膚に塗布せず、キャリアオイルに希釈してから使います。キャリアオイルとは、植物から抽出したオイルのことです。色々な種類がありますが、スイートアーモンドオイルやホホバオイルなどが使いやすくておすすめです。

・マッサージオイルの作り方

1.キャリアオイル25mlに精油を5滴入れてよく混ぜます。濃度は1%以下で作ります。

2.遮光瓶に入れて高温多湿を避けて保存し、早めに使い切ります。

・マッサージ方法

1.オイルを手のひらに取って温めます。

2.腰全体にオイルを伸ばして、人差し指から小指までの4指を使って、下から上にくるくると円を描くようにマッサージします。

3.次は親指を使って背骨の両側を押し、背骨に沿って上下にマッサージします。

4.お尻の骨の上を押したり、腰やお尻を叩いたりすると、こわばった筋肉がさらにほぐれてきます。

腰痛の原因を考える

一時的に痛みは和らいでも、腰痛の原因となるものを知らなければ、根本的な治癒は目指せません。腰痛の原因を考えて、改善していくことが大切です。

ストレスでの腰痛

腰痛は、姿勢が悪かったり、腰に負担をかけてしまったりすることだけが原因ではありません。『腰痛診療ガイドライン2019』(監修・日本整形外科学会,日本腰痛学会)では「腰痛の治療成績と遷延化には、心理社会的因子が強く関連する」とされています。ストレス社会の今、まずは自分の腰痛はなぜ起こっているのか考えてみてください。精神的にストレスがあるようなら、それが腰痛の原因となっている可能性があります。心理的ストレスは、アロマテラピーで癒すことができます。

アロマテラピーを利用してストレスを軽減

ストレスにもさまざまあります。アロマテラピーは身体だけでなく、心にも大きく作用します。人は生活する中で香りとは切っても切れない関係です。生活の中に、アロマテラピーを取り入れて癒しの時間を作ってみましょう。気分や心の状態に合わせた精油を使って、ストレスがある毎日を改善していくことができます。

ストレスによる腰痛におすすめの精油

リラックスできる精油はたくさんありますが、それぞれのストレスに合わせておすすめの精油をご紹介します。

・忙しくて疲れている 

毎日フル回転で働きとても疲れているという方には、リラックス効果も高く、安眠にもいいとされる「オレンジ」や「ラベンダー」がおすすめです。疲れをとり、いい睡眠が取れるとストレスも軽減されます。

・緊張して気持ちが不安定

気持ち的に滅入っているたり、緊張などによって情緒不安定の方には「ゼラニウム」がおすすめです。心身のバランスをとる万能なオイルです。心をときほぐしてくれる、バラに似た甘い香りの精油です。

・不満を溜め込んでいる

精神的な疲れから自分の殻に閉じこもり、心の中にストレスを溜め込んでいる方には、「フランキンセンス」や「ベルガモット」がおすすめです。不安や抑うつなどを和らげてくれて、深いリラックス作用があります。

・いつもイライラしている

毎日慌ただしく過ごしていて、イライラすることが多い方には「カモミール・ローマン」がおすすめです。優れた鎮静作用を持っており、怒りを和らげてくれます。安らかな眠りにも導いてくれるので、寝る前にもおすすめです。

お風呂や芳香浴で癒される

自分に合った精油を、お風呂や寝る前のリラックスタイムに使ってみてください。腰痛の原因のひとつに、血流が悪くなって痛みが出るということがあります。腰痛にもストレスにも効果のある精油で、お風呂で温まりながら香りと成分を取り入れてみてください。精油は「全身が浸かるくらいのお湯に5滴まで」の量で使用します。1つの香りだけでも、いくつか香りをブレンドしても大丈夫です。体が温まると痛みも軽減されて一石二鳥です。

また、もうひとつおすすめなのは芳香浴です。芳香浴とは精油を拡散させて香りを楽しむ方法です。「ティッシュペーパーやハンカチに1〜2滴」垂らして、机や枕元におきます。アロマディフューザーやアロマポットなどを使用して香りを楽しむこともできます。

まとめ

腰痛は痛みがつらいだけではなく、気持ちもつらくなりがちです。日々のストレスだけでなく、痛みのストレスも加わるとさらに悪循環です。なぜ腰痛があるのか、自分自身の腰痛の原因を考えてみましょう。もし、ストレスによって腰痛が引き起こされているのであれば、アロマテラピーは大変有効です。日々の痛みの軽減とともに、原因である心のストレスも改善できれば、より健やかな生活を送ることができます。

著者情報

腰痛メディア編集部
腰痛メディア編集部

痛みや体の不調で悩むあなたへ、役立つ情報をお届け。

自分の体の状況(病態)を正しく理解し、セルフマネジメントできるようになることが私たちの目的です。

記事のご意見・ご感想お待ちしております。

この著者の他の記事を見る
バナー画像