慢性腰痛の解説

  

まず、腰痛とは・・

腰痛とは、腰背部(腰や背中)の筋肉、筋膜、腱、関節、靭帯に炎症がおき、痛みを生じる現象をさします。

慢性腰痛とは・・

慢性腰痛は発症経過による分類です。定義として、器質的原因の有無に関わらず、少なくとも3-6カ月以上腰痛が持続するものとされています。小学生から高齢者まで幅広い年代に見られ、特に30~50歳代の事務職や介護職に多いです。

慢性腰痛の原因

解剖学的に原因の明らかな腰痛(腰部椎間板ヘルニア・腰部脊柱管狭窄症など)と、明らかでない腰痛(非特異的腰痛)に分類されます。慢性腰痛の原因は、90%が画像診断などの検査で痛みの原因が明確でない非特異的腰痛です。

慢性腰痛の診断

慢性腰痛の診断には急性腰痛と比較して、問診の重要性が大きいです。器質的な疾患の有無の評価に血液検査、画像検査(X線・CT・MRI)などは、急性腰痛同様必要となります。

慢性腰痛の治療の目標

経過の長い腰痛に関して、完全な除痛を目標にすることは極めて困難です。従って睡眠の質の改善や精神面での安定、労作については日常生活レベルの改善(休み休みでも歩ける距離が少しのびた・出来なかった動作ができるようになったなど)を目標にもつことが大切です。また慢性腰痛に関しては、痛いから動かさないでなく、本人の可能な範囲で日常生活労作を行うことが重要です。

慢性腰痛の治療

単回の神経ブロックや手術が、急性腰痛ほど痛みの軽減に関して効果を示すことは少ないです。慢性腰痛において湿布や薬物療法(抗うつ薬・筋弛緩薬・抗不安薬)の他に、非薬物療法としてリハビリ(理学療法や運動療法)・認知行動療法が注目されています。 整形外科医、精神科医、麻酔科医(ペインクリニック内科医)、内科医、歯科医、専門師、理学療法士、臨床心理士など多職種で集学的な医療提供がその一助となります。

慢性腰痛の予後

腰痛が慢性化(長期化)することにより、脳生理に変化をもたらし心理・社会的な側面の関与が痛みをさらに増強させることが知られています。急性腰痛は医療機関を受診後4週間以内に9割程度軽快しますが、慢性腰痛は画像診断などから痛みの原因が明らかとしても、心理的な要因も併存するケースも多く両側面からのアプローチがバランスよくコントロールされることで日常生活労作(ADL)が緩徐ではあるが良化することが多いです。

慢性腰痛の治療効果を高める、受診前に自答のチェックリスト

9
・いつから腰痛で困っているのか?
・腰痛以外に痛い箇所があるか?(例;下肢や臀部痛の有無)
・腰痛が出る労作内容(例;安静時・長時間歩行時)
・腰痛による睡眠障害はあるか??
・腰痛を誘発する環境はあるか?あればどういう時か?(例;職場に行くと痛くなる 姑の家に料理を作りにいく曜日など)
・腰痛により日常生活に具体的にどのような制約があるか?(例;自宅の階段が介助なしでは上がれない。など)
・腰痛を忘れる時にしていることを列挙。(例;手芸をしていると痛みを忘れる など)
・腰痛があってもできていることはどんなことか?(例;スーパーへの買物・階段5段までの昇降 など)
・希望する治療内容(例;手術の希望・ブロック注射の希望・薬物療法の希望・診療してほしい・話を聞いてほしい など)
・治療後のゴールを決めておく。(例;スーパーに買い物に行けるようになる・休まず15分ゆっくりでも歩けるようにしたい など)
・腰痛以外で心理的・社会的に困っていることはあるか?ないか?(例;就労制限での経済苦・うつ病・人間関係のストレス など)
・他の医療機関や接骨院やマッサージの受診歴とその治療の満足度
・天気や気圧などによる痛みの増強の有無は?

慢性腰痛に関するQ &A

・整形外科・接骨院・マッサージ・鍼灸などどこが一番効果的ですか?

(A) 明確な回答はありません。薬物療法や器質的な疾患の除外のための画像診断は医療機関(病院・診療所・クリニック)でしかできません。非特異的腰痛ならば、自身の満足度の高い施術を受けれる機関で良いと思います。


・数多くの医療機関を受診しましたが、一向に慢性腰痛が良くなりません。

(A) セカンドオピニオンという言葉もあります。複数の機関を受診することは悪いことではありません。しかし、慢性腰痛に関する痛み治療のゴールの設定に、複数の医療機関を受診することは不利です。信頼できる場所で腰を据えて治療することが症状軽快の近道です。


・慢性腰痛に対するブロック注射は薬が切れたら余計にいたくなりますか?

(A)慢性腰痛の痛みは脳で感じます。神経ブロックの効果は痛みの悪循環(回路)を一旦遮断し、血流を改善します。反復することで痛みを感じない時間が長くなっていき痛みを忘れていくことで、治療効果を発揮します。


・慢性腰痛に抗うつ薬を処方されました。うつではないのに・・

(A) 脳からの司令で生理的に痛みを感じにくくする「下降性疼痛抑制系」が人には備わっています。抗うつ薬は、それを活性化し慢性腰痛による痛みを感じにくくすることで治療効果を発揮します。


・慢性腰痛に漢方薬を処方されました。インターネットで調べても効果ありとは書いていない。

(A)漢方薬に鎮痛薬は存在しません。ただし、冷えを改善したり、血流を改善したり体質を改善することにより、全身の種々の症状の改善が得られることがあります。慢性腰痛にも効果を示すものがあることが知られています。


・慢性腰痛に入浴は効果的ですか?

(A) 冷えや血行障害はしばしば、慢性腰痛を悪化させます。入浴やマッサージなど温めて、血流を良くする習慣は慢性腰痛を改善する効果が期待できます。


・慢性腰痛があるのですが、ここ数日体動困難な激痛です。慢性腰痛には痛くても運動とのことですがいかがでしょう?

(A) 自覚症状がいつもの腰痛の症状より極めて強い場合は、症状が治まるまでは安静にしましょう。体動困難なレベルの激痛がおさまればまた痛みがあっても運動を再開してください。


・好きな人ができました。慢性腰痛が少し良くなった気がします。気のせいでしょうか?

(A)恋や適度な運動は、脳からドパミンの放出を促すことで痛みを抑える仕組みが活発化することが生理学的に示されています。恋でなくとも、本人が楽しいと思えることをすることは慢性腰痛の症状軽減に有利です。

まとめ

慢性腰痛に関して、おわかりいただけましたでしょうか??
慢性腰痛は急性腰痛との比較で、手術や痛み止め(内服・シップ)などが著効することは少ないです。一方慢性腰痛は自身がゴールを設定し、痛くてもできる心を豊かなるよう打ち込めるものを見つけることが大切です。
最後に慢性腰痛の治療において、特効薬はない代わりに意識として「小さなことからコツコツと精神」が、緩徐ではあるが良化に導くことをお伝えしたいと思います。


(参考文献)
1, ペインクリニック 診断・治療ガイド―痛みからの解放とその応用 日本医事新報社
2, 腰痛が人生を好転させる 朝倉穂高 著.
3, 慢性痛は治ります! 北原雅樹 著.

著者情報

腰痛メディア編集部
腰痛メディア編集部

痛みや体の不調で悩むあなたへ、役立つ情報をお届け。

自分の体の状況(病態)を正しく理解し、セルフマネジメントできるようになることが私たちの目的です。

記事のご意見・ご感想お待ちしております。

この著者の他の記事を見る
バナー画像