皆さんはストレートネックというものをご存じでしょうか。
本来であれば首から腰に掛けて骨は緩やかなカーブを描いていますが、前傾姿勢を続けることで首の頸椎が直線状になってしまった状態のことを“ストレートネック”といいます。
正常な状態とは異なる真っすぐな頸椎によって肩こり、頭痛、腰痛などさまざまな症状を引き起こしてしまうことがあります。

今回の記事では
・どうしてストレートネックになってしまうの?ストレートネックの原因について解説!
・ストレートネックが腰に及ぼす影響とは?症状について解説!
・自分がストレートネックか確かめる方法について解説!
・腰痛が改善?ストレートネックに効果的な対処法や予防法について解説!
・腰痛アプリで腰痛の種類を知ろう
以上についてお話していきたいと思います。

ぜひ最後までご覧ください。

なぜストレートネックになってしまうの?ストレートネックの原因は

なぜ緩やかなカーブを描いている首の頸椎が、真っすぐな状態になってしまうのでしょうか。

ストレートネックになってしまうのは、日ごろからの生活状況が大きな影響を及ぼすといわれています。

頭はボーリングでつかうボールほどの重さがあるため、無理な姿勢を続ければ首にも相当の負担がかかっていきます。

現在では普段から次のようなことをしていると、ストレートネックになりやすいといわれています。

スマホのいじりすぎ

今現在ほとんどの人が使用している「スマートフォン」ですが、長時間使用することによって「スマホ首」になるといわれています。

スマホ首とはすなわちストレートネックのことです。

手に持って使用するので、どうしても頭が下を向くうつむいた姿勢で操作しがちです。

頭の重さが約4~6kg程度といわれておりますので、首にはその重さに応じた負担がかかってしまいます。

長時間のデスクワーク

机に座ったまま本を読んだり、資料に目を通したり、パソコンを操作するなどのデスクワークでは前傾姿勢になることが多く、ストレートネックになりやすくなります。

また、長時間椅子に座って行う作業なので、首だけではなく、骨盤や背骨にも悪影響を及ぼすリスクがあります。

枕の高さがあっていない

高すぎる枕もストレートネックの原因になりやすいといわれています。
他にも、自分に合っていない枕を使用していると肩こりになったり、呼吸の通り道が狭くなりいびきをかきやすくなったりすることもあります。

猫背や反り腰

姿勢が悪いといわれている猫背・反り腰ですが、ストレートネックの原因になるといわれています。

本来の自然な曲線から骨盤の位置や首の位置がずれたままの姿勢を維持していることで、首や腰に負担がかかり、ストレートネックになってしまうのです。

ストレートネックによる症状や腰痛への影響とは

首の頸椎が真っすぐになることで、首の動きが悪くなり、左右を向くのがしづらくなってしまいます。首や肩の筋肉がこってしまい、頭痛や吐き気、不眠症などさまざまな症状を引き起こします。

また、背中の筋肉が凝り固まってしまい、最終的には腰にも負担がかかり、腰痛の原因になるのです。

また、背骨にはたくさんの神経が存在するため、ストレートネックなどの症状が悪化することで神経を障害してしまい、手や足のしびれを感じることもあるようです。

腰痛の原因はストレートネックかも?確かめる方法はあるの?

自分がストレートネックかどうか確かめる方法があったら便利ですよね。

自宅で簡単にできるストレートネックのチェック方法についてご紹介します。

力を抜いた状態で壁の前に立ち、かかと・お尻・肩を壁につけてみてください。

この状態で後頭部が壁についていれば正常ですが、意識してやっと壁につく、または意識していても壁につかない場合にはストレートネックである可能性が高いです。

バナー画像

首周辺でなく症状は全身にまで及んでしまうため、もしあなたがストレートネックの可能性が高い場合には早急に改善することをおすすめします。

自宅でできるストレートネックの改善方法・予防策

もしもストレートネックになってしまった場合、早めに改善することが望ましいです。しかし、会社勤めなどで日々を忙しく過ごされている人にはなかなか通院が難しいかもしれません。

また、日々の生活でストレートネックになってしまうような生活習慣を送っているのであれば、見直した方が良いでしょう。

ここでは自宅でもできるストレートネックの治し方についてご紹介します。

ストレートネックの予防法

正しい姿勢を意識する

スマートフォンやパソコンなどを使用する場合にはできるだけ俯く姿勢にならないように意識しましょう。

スマートフォンを使用するときには目線と同じ高さになるようにスマートフォンを持つことで前傾姿勢になるのを防ぐことができます。

パソコンを使用する際も同様に自分の目線と同じ高さに画面を配置することで、正しい姿勢を保持できます。

休憩する時間を設けるのもおすすめです。1時間使用したらストレッチなどをしてみることで首を休めてあげましょう。

枕の高さを調節する

枕に頭を乗せたときに目線がやや下を向くのが理想的です。

高さが合わない枕を使用している場合には自分に合った枕に買い替えた方がよいでしょう。

すぐに購入できない場合には、自宅にあるバスタオルなどを折りたたんで高さを調整してみると簡単に改善できますので、ぜひ試してみてください。

自宅でできる治し方

あごの体操

姿勢を正した状態で顎を引き、顎を手で二重あごを作るイメージで押します。その位置をキープしたまま、首の根本を意識して上を向いて5秒間キープしてください。

これを1日3セット目安に行いましょう。時間があるときに何度行っても良いです。

首のストレッチ

背筋を伸ばし、顎を引いた状態で左右に首を倒しこんでください。側面の筋肉が伸びているのか感じられるでしょう。息を止めずにゆっくりと行うのがポイントです。

次に、目線の高さを変えずに顔を真横に持っていくように左右に首を動かしましょう。その状態を5秒間キープしてみてください。

これを1日3~4セット行ってください。こまめにやってみても良いです。

腰痛問診診断・改善サービス「腰痛ドクター」で自分の腰痛の原因を知ろう

現代にはさまざまなツールがあり、スマートフォンではいろいろなアプリが存在しています。
「腰痛ドクター」とは、あなたの腰痛に対して、正確な原因を評価してくれたり、腰痛の改善が期待できたりするような効果的な体操やストレッチ方法を教えてくれるヘルスケアアプリです。

実際に腰痛患者複数人のデータをもとにしてつくられており、現在の腰痛の状態や症状別の危険度などを教えてくれます。
症状に合わせて動画を用いてわかりやすく説明し、毎日短時間で実践しやすい運動を行うことで、腰痛に対して細かくアプローチしてきます。
自宅でも職場でも好きな場所で問診診断をしたり、ストレッチを行ったりできるため、気軽にトライできます。
長年腰痛で悩んでいた人も改善を実感できるアプリです。
気になる人はぜひ試してみてください。

まとめ

ストレートネックの原因や腰痛に及ぼす悪影響についてお話しさせていただきましたが、いかがでしたでしょうか。

今回の記事のポイントは
・ストレートネックは前傾姿勢や俯いた姿勢が原因
・首だけではなく腰や全身にも症状がでることがある
・スマートフォンやパソコンは目線と同じ高さで使用する
・正しい姿勢や枕の高さを合わせることで予防できる
でした。

腰痛で悩んでいて、病院に行くべきか迷っている人にはぜひアプリを使って問診してみてください。
原因がわかることで、対処法も見つけやすくなります。
この記事を読み、少しでもあなたの腰痛が良くなることを願っています。

引用
きりん鍼灸整骨院
ストレートネックを自力で改善&予防! 今すぐできる4つの治し方

バナー画像

著者情報

腰痛メディア編集部
腰痛メディア編集部

痛みや体の不調で悩むあなたへ、役立つ情報をお届け。

自分の体の状況(病態)を正しく理解し、セルフマネジメントできるようになることが私たちの目的です。

記事のご意見・ご感想お待ちしております。

この著者の他の記事を見る