「書類の詰まったダンボールを持ち上げたときピリッとくる」
「長時間のデスクワーク後、背筋を伸ばした瞬間にピリリッとくる」 
「朝、起き上がるときにズキっと急にくる」

『これらの痛み』をどうにかしたいですよね。

腰の痛みを抱えながらの作業は集中できず、ミスばかりでイライラしてしまうという人もいるのではないでしょうか。

同僚や家族に八つ当たりしてしまったりすることもあるかもしれませんね。

わたしも以前『腰の痛み』に悩まされた一人でした。
マッサージしたり、湿布を貼ったり、温泉に入ったりといろいろ試してみましたが「痛みからの解放」は一時的なものでなかなか良くなりませんでした。

実は腰痛は原因に応じた正しい解決方を取らなければ治らないのです。

そこで、この記事では「成人男性が抱えている腰痛の種類とそれぞれの解決法」をまとめました。

原因と解決方法を知れば、あなたの『腰の痛み』も必ず良くなります。

この記事で腰痛の原因を明確にしてその正しい対処法を見つけてください。

こんなことまで!?意外と知らない腰痛の原因

まずはあなたの腰痛の原因を知りましょう。
腰痛になってしまう原因は意外と多く、種類もさまざまです。

厚生労働省の調べによると、いわゆる病名がつく『特異的腰痛』が15%、その他『非特異的腰痛』と分類され病院で検査しても原因がはっきりしない症状が85%あると言われています。
 参考:厚生労働省 腰痛対策

「結局腰痛の原因って分からないのか」と残念に思ったかもしれません。
でも安心してください。

このデータは、骨に異常が出る腰痛以外はレントゲンで見えないため、病院で原因をはっきり断定するのが難しいということが影響しているのです。

そこで説明するのが、「病名がつかない」いわゆる男性特有で腰痛の原因になりやすい症状です。

1. 反り腰タイプ
2. 筋肉の衰えによる腰痛タイプ
3. 喫煙からの腰痛タイプ
4. 心因性腰痛(ストレスタイプ)
5. 病気が潜んでいる腰痛タイプ

それぞれ詳しく見ていきましょう。

原因①反り腰タイプ

『反り腰』になると背骨が圧迫され慢性的な腰痛になるのがこのタイプです。

『反り腰』とは、お腹が突き出た状態(太鼓腹)になり、背骨が 反ることを言います。

からだを動かす機会の少ないデスクワーク、テレワークの方や、就職してから10kg以上体重が増えている方は心当たりがあるのではないでしょうか。

男性は女性より骨盤が広がらないのため、腹部に脂肪がついた時、骨盤の上に脂肪が付きやすく反り腰になりやすいです。

美味しいものが目の前にあると、ついつい食べ過ぎてしまいますよね。
甘い物の誘惑に負けてしまうあなたも注意が必要ですよ。

また、女性の場合、妊娠時は反り腰になりやすいです。

原因②筋肉の衰えによる腰痛タイプ

2つ目は、筋力が衰えることによる腰痛タイプです。

背骨を支えている主な筋肉は腹筋と背筋です。
筋力が衰えることにより背骨がキレイなS字を保てなくなり腰椎の神経を圧迫します。

その結果、腰痛を引き起こすのです。

仕事が忙しくて運動したくてもなかなか運動できない人やコロナの影響で外に出なくなったという人もいるのではないでしょうか。

そもそも、筋肉はだいたい30歳くらいから老化によって衰えてきます。

「足があがらず、コケやすくなった」
「階段を登ると、すぐ息切れしてしまう」
「太ってきたかも」

これらは、代表的な筋肉の老化によるものです。

社会人になるとどうしても仕事を優先にしてしまい、からだの微妙な変化に気づきづらくなりますよね。

原因③喫煙からの腰痛タイプ

喫煙を続けることにより、椎間板が変形を起こして腰痛になるのがこのタイプです。

椎間板とは、約8割が水分とコラーゲンで出来ているゼリー状の軟骨のことを示します。
このコラーゲンはビタミンCで構成されています。

喫煙習慣を続けることにより、体内からビタミンCは著しく減少してしまい、慢性的なビタミンC不足によって椎間板の老化を早め腰痛になってしまうのです。

タバコ1本では、体の変化に気づきにくいのが特徴で、気付かないうちに体内をボロボロにしていってしまいます。

また、喫煙による健康被害は腰痛だけではありません。
ガン、心筋梗塞、脳卒中など命にも関わる病気にもつながります。

原因④心因性腰痛(ストレスタイプ)

この腰痛は、「慢性化した腰痛の悩みがある方」や「大きな不安やストレスが原因」で、腰の痛みを強く感じてしまうタイプです。

「なかなか治らない腰痛に不安を感じている」
「腰の痛みからお腹が痛くなってきた」
なんて感じる人いるのではないでしょうか?

ストレスが溜まると心だけでなく、体にも影響が出てきてしまいます。
体への影響として、腹痛、下痢、めまい、不眠、動悸、肩こりなどを聞いたことがあるのではないでしょうか。

同じく「このタイプの腰痛」もその一つなのです。

脳内では「痛み」を抑えるためにドーパミンという成分が分泌します。

しかし、過度なストレスが原因で脳機能が低下すると、ドーパミンの分泌が減ってしまい、たいして痛みのない場所でも「強い痛み」を感じてしまいます。

結果、軽い腰痛でもストレスにより「強い痛み」を生じてしまうのです。

このタイプの腰痛は、痛む部位・度合いが日ごとに変わる、不安やストレスが増すと痛みも大きくなる、という特徴があります。

生きていく上でストレスは、切っても切り離せないモノですよね。
中には精神疾患、うつ病などが原因になっているケースがあるので要注意です。

原因⑤病気が潜んでいる腰痛タイプ

内臓の病気や腰椎の病気が原因で腰痛を引き起こしてしまったのがこのタイプです。
腰周辺の内臓が何らかの病気になると、臓器の神経を通して腰痛を引き起こしてしまうのです。

腰痛を伴う内臓の病気一例としては次のようなものがあります。
● 慢性膵炎
● 腎盂腎炎
● 尿路結石
● 十二指腸潰瘍

腰痛を伴う腰椎の病気一例は次のようなものがあります。
● 椎間板ヘルニア
● 脊柱管狭窄症
● 腰椎すべり症

なお、腰の片側だけ痛むなどの症状がでる場合があります。
● 腰の右側が痛む場合 
十二指腸潰瘍、右腎結石など
● 腰の左側が痛む場合 
膵臓、膵癌、左腎結石など

腰痛の痛みが3カ月以上続いている方、お尻や下半身にまで痛み・痺れを感じる方は要注意です。

また、湿布や薬を飲んでも効果がない方、じっとしていても痛む・背中が曲がってきたなどの症状がある方も病気が潜んでいる腰痛タイプかもしれません。

その場合は、早めに受診することをおすすめします。

【種類別】腰痛の解決方法

このように腰痛を引き起こす原因はたくさんあります。

そのひとつずつが、人により微妙に絡みあって腰痛を引き起こしてしまうのですね。

ひとつずつ丁寧に紐といてあげることが、私たちの腰痛解決方法に繋がります。

そこで、タイプ別に解決方法を見ていきましょう。

反り腰タイプの解決方法

解決策として、お腹の脂肪を落とすことです。

お腹の脂肪が減少することで、背骨の位置が正常な場所に戻り腰痛の改善につながります。

「わかっちゃいるけど・・・それができない。』そう思いますよね。
その気持ちわかります。

まずはウォーキングなどの軽い運動からはじめるのがおすすめです。
歩くときは、いつもより少し歩幅を大きくすると下半身の筋肉に負荷をかけることができます。
移動時のバスや電車の代わりに1駅歩くなど、歩く習慣を作るようにしましょう。

慣れてきたら、水泳や筋トレを習慣に加えると腰痛が改善されるだけでなく、脂肪の燃焼もアップするので体重を減らすことができ更に腰の負担を軽くできますよ。

筋肉の衰えによる腰痛タイプの解決方法

腹筋・背筋を鍛えることで、腰椎を守りキレイなS字を保てるようになり腰痛が改善します。

このタイプは、腰椎のズレから神経を圧迫して痛みが発症するのが原因です。

腹筋・背筋が腰椎を支えています。

腹筋・背筋を鍛えることにより、腰椎が正常な場所にもどり神経の圧迫がなくなり腰痛が改善に向かうのです。

また、筋肉量が増えることにより「体内の血行が良くなる」という効果がでてきます。

すると腰回りの冷えも改善され腰痛も改善に向かうのです。

まずは、プランクなどの軽いトレーニングから初めて筋肉量を増やしましょう。

プランクとは上の写真のような姿勢で行う体幹トレーニングです。
シンプルなトレーニングですが効果が高いので、初心者から上級者まで幅広く取り入れられています。

このプランクをまずは、15秒を2〜3セットくらいからスタートしてみてください。
たった15秒ですが、これが意外にキツイです。
体がポカポカしてきて、気分もリフレッシュできますよ。

もちろん無理は禁物です。
その日の調子を最優先にして、「少ない回数でも継続すること」を意識していきましょう。

喫煙からの腰痛タイプの解決方法

禁煙をする事で、椎間板の状態が改善し腰痛が解消されます。

ニコチンの血管収縮作用により、椎間板への栄養補給が不十分になり、椎間板が変形し神経を刺激してしまうのが腰痛の原因でしたよね。

これが、タバコをやめることで徐々に血流が改善、椎間板への栄養がしっかり行き届くようになり腰痛が解消されるのです。

「禁煙は難しいな」
「何回も失敗してるしな」なんて方も多いでしょう。

最近では、禁煙外来もかなり充実しているので「自己流禁煙」に失敗している方におすすめです。

なぜかというと、禁煙外来では、成功しているプログラムを元に、医師があなたに合った禁煙のスケジュールと薬のセレクトをしてくれるからです。

もちろん禁煙失敗のデータ豊富にあるので、あなたが失敗しそうな状況や場面になる前に医師が問診などでしっかりサポートしてくれます。

さらに、禁煙外来に通う事、「病院の先生と禁煙を誓う」事で、これまでの禁煙宣言より大きな目標を作る事ができるので、成功率もググッと上がってくるはずです。

日本医師会のデータによると禁煙成功率は7〜8割というから驚きですよね。
引用:日本医師会|禁煙推進webサイトより

禁煙が1カ月、2カ月と続くと「口臭が気にならなくなる」「疲れづらくなくなる」「イライラしなくなる」など、からだの変化をビックリするほど感じる事ができますよ。

3カ月で5回程の通院スケジュールや、費用が1万3000〜2万円程かかってしまうデメリットはありますが、健康保険が適用でき、何より1日1箱タバコを吸うより安上がりです。

しかも、最近では通院の一部をオンラインで行う病院も増えています。

禁煙外来は、内科や循環器科、心療内科、婦人科などで受付することができるので、気になった方はご近所の病院のホームページや電話などで確認してみてください。

心因性腰痛(ストレスタイプ)の解決方法

このタイプの腰痛は、過度なストレスから開放されることで、腰痛を軽減することが出来ます。

精神を安定させる事により、低下していたドーパミンの分泌量が回復し腰痛の痛みを軽減します。

鎮痛効果のある飲み薬や湿布では、あまり効果が得られません。

精神科や心療内科など受診し、抗うつ薬・抗不安薬を処方してもらい投薬していきます。

精神を安定させつつ、運動・娯楽・食事・旅行などでストレスを解消していきましょう。

一方でストレスの原因を探り、可能な限り改善できる方法を見つけていきます。
時には家族や友人、会社の同僚・上司などの協力も必要です。

ストレスが原因の場合は、解決策を見つけ出すことが非常に難しいですよね。

私たちは人生において、ストレスと上手く付き合っていかなければなりません。

「軽いウォーキングや運動で気持ちの良い汗をかく」
「家族や友人などと笑い話をして心を満たす」
「美味しいモノをいっぱい食べる」
など、ストレスを溜め込まないように工夫していきましょう。

病気が潜んでいる腰痛タイプの解決方法

このタイプは、腰椎または周辺の内臓の病気を治療することで腰痛が改善します。

病気の影響で、腰椎周辺の神経が刺激され腰痛の原因を引き起こされます。

3カ月以上腰痛が改善しない、薬や湿布の効果がほとんどない方などは整形外科や内科で診察することを強くおすすめします。

中にはガンなどの重大な病気が原因になっているケースもあるようです。

「忙しくてなかなか病院には行けない」なんて言ってる場合ではありません。 

しっかり検査をして健康を取り戻しましょう!

腰痛の原因と解決方法|あなたの腰痛はどのタイプ?のまとめ

今回は腰痛の原因と解決方法を5つご紹介しました。
● 反り腰タイプ
● 筋肉の衰えによる腰痛タイプ
● 喫煙による腰痛タイプ
● 心因性腰痛(ストレスタイプ)
● 病気が潜んでる腰痛タイプ
この記事で、腰痛を引き起こす原因がこんなにもある事が理解してもらえたと思います。 
そして、解決方法も分かってもらえたのではないでしょうか。
忙しい日常のなかで、私たちは少しずつ腰痛の原因を作ってしまっています。
わたしの場合は喫煙と筋肉の衰えが原因でした。
「このまま腰痛と一生付き合っていくのかな?」と不安に思ってましたが、禁煙の成功と筋トレによる筋力アップにより腰痛を改善することができました。
腰痛は原因に応じた対策を取ることで、確実に改善できます。
なので、あなたの腰痛も必ず良くなります!
今回紹介した解消法のどれかひとつでも良いので、まずは一歩踏み出してみましょう。

著者情報

腰痛メディア編集部
腰痛メディア編集部

痛みや体の不調で悩むあなたへ、役立つ情報をお届け。

自分の体の状況(病態)を正しく理解し、セルフマネジメントできるようになることが私たちの目的です。

記事のご意見・ご感想お待ちしております。

この著者の他の記事を見る
バナー画像