痛み止めを飲んでいるけど慢性的な腰痛が改善しないとお悩みのはたはいませんか?
アセトアミノフェンやNSAIDsなどを飲んでいても症状が強い場合には効果が十分に得られないこともあります。
ほかの薬で効果が得られず、日常生活でお困りのかたは「オピオイド」という鎮痛剤も選択肢として検討しても良いかもしれません。
今回はその「オピオイド」について詳しくみていきましょう。

オピオイドとは

オピオイドは、痛みに関わりの深いオピオイド受容体に作用する物質です。
一般的に、手術に伴う痛みや、外傷、がん性疼痛、非がん性の慢性痛に用いられます。
非がん性慢性痛は、腰痛症などで日常生活の支障がきたす痛みが3か月以上続き、
アセトアミノフェンやNSAIDsなどの鎮痛剤では効果が望めないときにオピオイドの使用は検討されます。
腰痛に使用されるオピオイドは麻薬の含まれない非麻薬性オピオイドが多く使われます。

オピオイドと一般的な鎮痛剤の作用機序の違い

NSAIDs

一般的な鎮痛剤はNSAIDsと呼ばれ消炎鎮痛剤の役割をはたします。
ロキソニンやイブプロフェンなどがこれにあたります。
これらは、局所的に炎症を引きおこすプロスタグランジンという物質を抑え、痛みを抑制します。

オピオイドは

オピオイドは痛みの発生している部分に効果を発揮するのではなく、脳へ作用し痛みを抑制します。
オピオイドは痛みの経路となる、脳→脊→末梢神経の痛みの回路に作用し
痛みの伝達自体を脳に伝えにくくすることで痛みを抑制します。

オピオイドの副作用

オピオイドはNSAIDsと比較し強い鎮痛作用が期待できます。
その分副作用症状も出現しやすいとされています。
主な副作用として、嘔気・嘔吐・便秘・眠気などが挙げられます。
とくに多く報告されているのは便秘や嘔気があります。そのため下剤や吐き気止めを併用して対応することもあります。
重篤な副作用には呼吸抑制があります。適切に使用する分には出現率は高くありませんが注意は必要です。

まとめ

オピオイドは鎮痛作用が高く期待できる分、一般的な鎮痛剤と比較し副作用出現率も高くなっています。
使用する際には、処方医ときちんと相談し、痛みの改善の程度と副作用の評価をしっかりしてもらうようにしてくださいね。

【参考文献】 
非がん性慢性[疼]痛に対するオピオイド鎮痛薬処方ガイドライン
https://www.jspc.gr.jp/Contents/public/pdf/shi-guide03_10.pdf

著者情報

岡田 ひかり
岡田 ひかり

保有資格

看護師、保健師

経歴

看護の大学を卒業後、都内大学病院の外科病棟で急性期の看護を学ぶ。

その後、福祉施設で通所介護や在宅支援へ向けた看護業務実施。

この著者の他の記事を見る
バナー画像