「お尻から太ももが痺れて痛い」「腰の痛みも良くならない」。坐骨神経痛にお悩みの方は、このような症状にお困りではないでしょうか。

坐骨神経痛は腰痛だけでなく、下半身の神経痛も伴うため、非常につらい病気ですよね。日常生活に支障が出ている読者の方も多いことと思います。

坐骨神経痛の原因は多々ありますが、そのほとんどは「ある2つの疾患」が原因となります。本記事では、原因疾患ごとの特徴や、楽な姿勢などをお伝えしていますので、ぜひ参考になさって下さい。

また、坐骨神経痛は生活スタイルを改善することで、予防・緩和することが可能です。坐骨神経痛がつらい方は、ぜひご自身のライフスタイルと照らし合わせてみて下さい。きっと、生活の改善ポイントが見つかるはずですよ。

坐骨神経痛とは?

坐骨神経痛は、その名のとおり「坐骨神経」が刺激されることによって引き起こされる疼痛の総称です。

坐骨神経は、正しくは「総腓骨神経」と「脛骨神経」の2つの神経で構成されていますが、共通の膜に包まれているので、肉眼的には1本の神経のように見えます。そのため、一般の方には「坐骨神経」という名称のほうが馴染み深いのだと思います。

ここでは、坐骨神経痛の症状の特徴と、2大原因についてお伝えしたいと思います。

坐骨神経痛の症状はバリエーションが豊富

坐骨神経痛の典型的な症状は、腰痛に始まり、殿部・大腿の後ろ側・すね・つま先などに疼痛やビリビリとした痺れが生じます。

しかし坐骨神経は、人体の中でも最大の神経と言われる通り、神経は殿部から始まり、枝が足底にまで及ぶ長さを有します。そして、その長さがゆえに、坐骨神経痛は神経が刺激される箇所によって、症状にも違いが見られるのです。

つまり、医療機関で「坐骨神経痛ですね」と診断されても、殿部の痛みだけの人もいれば、疼痛に加えて足先までの痺れを伴う患者さんもいるのです。

このように、坐骨神経痛の症状はバリエーションに富んでいるので、素人が診断するには難しい場合があります。「坐骨神経痛かな?」と思ったら、一度医療機関で正しい診断を受けることをおすすめします。

坐骨神経痛の原因は実はたくさん

「坐骨神経痛」という名称は、坐骨神経由来の痛みであれば、原因がなんであれ名付けられます。裏を返せば、坐骨神経痛の原因は多岐にわたるということです。

ここでは、坐骨神経痛の最もメジャーな原因である「腰部脊柱管狭窄症」と「腰椎椎間板ヘルニア」の2つについてお話ししたいと思います。

●腰部脊柱管狭窄症は前屈姿勢がおすすめ
脊柱管は、背骨で囲まれたスペースのことです。このスペースには、脊髄や神経が格納されているのですが、何らかの原因で神経が圧迫されることで、神経症状が惹起されることがあります。この理屈で坐骨神経が圧迫されると、坐骨神経痛の診断が下るのです。

脊柱管は色々な理由で圧迫されることがありますが、原因として最多なのは「脊椎の変形」です。脊椎(背骨の別名)が曲がることで、それに囲まれた脊柱管もゆがみ、神経を圧迫するのです。高齢の男性に多くみられ、2つ以上の椎間(背骨と背骨の間)で起こることが特徴です。

腰の痛みはもちろん、特徴的な症状は「間欠跛行」と呼ばれる症状です。間欠跛行は、歩くことで足の痛みが生じ、連続して長い距離を歩けない症状を指します。連続しては歩けませんが、前屈姿勢をとったり、しゃがみ込んだりすることによって足の痛みが速やかに消失し、また歩けるようになる特徴があります。

この症状は、なかなか他の病気で見られることはないので、医師が病気を見分けるときの手がかりにもなります。

●椎間板ヘルニアは正しい姿勢がおすすめ
椎間板は、背骨と背骨の間に存在するクッションのことです。クッションがないと、背骨と背骨が直接ぶつかり、痛みが出るだけでなく、背中が滑らかに動くことができないのです。そのためにも、椎間板は必須の組織なのですね。

椎間板ヘルニアは、この椎間板が背骨より飛び出ることで神経を圧迫し、神経症状が出現します。このときに坐骨神経を圧迫することで、坐骨神経痛が引き起こされるのです。

腰部脊柱管狭窄症に比べ、年齢層は圧倒的に若く20代が最も多い特徴があります。

症状の増悪要因も腰部脊柱管狭窄症とは対照的で、前屈みになると腰痛や足の痺れなどが悪化する傾向があります。そのため、あぐら・猫背・中腰での動作はなるべく避けるよう意識しましょう。

おすすめの姿勢は、ずばり「正しい姿勢」をとることです。人間の背骨は、横から見ると緩やかなS字カーブを描いています。このカーブを意識して、胸を張りすぎず、かといって背中を丸めすぎない姿勢が理想的です。ご自身の姿勢が気になる場合は、横から見た姿勢を鏡でチェックしてはいかがでしょうか。

坐骨神経痛を予防する生活スタイルは?

坐骨神経痛を予防・緩和するには、普段からの生活スタイルが大切です。ここでは、日頃から心がけることで、坐骨神経痛に効果的な4つの習慣について解説したいと思います。

禁煙で血流アップ

喫煙は血管を縮ませる作用があるため、血液の流れを悪化させます。血流が滞ると、栄養や酸素の運搬が阻害されることで、腰部の筋肉が硬くなりやすく、背骨や椎間板の変性にもつながります。結果、腰の変形を引き起こし、坐骨神経痛へとつながるのです。

また、喫煙は腰痛だけでなく、動脈硬化やがんの発症率を高めることは周知のとおりです。「そんなことは分かってる!止めたくても止められないんだ!」という方は、病院の禁煙外来を受診してみてはいかがでしょうか。健康保険を利用して、正しい方法で禁煙をすることができます。ぜひ一度検討してみて下さい。

正しい姿勢を心がける

椎間板ヘルニアの章でもお伝えしましたが、姿勢と腰痛は深い関係があります。人間の背中は、緩やかなS字カーブを描いているので、このカーブを自然に保つことが大切です。

よくありがちなのが、「正しい姿勢」を意識するあまり、極端に背筋を伸ばしがちなことです。この直立姿勢は、社会的には良い姿勢かもしれませんが、腰への負担がかかりやすい姿勢になります。直立姿勢は、解剖学的には「正しくない姿勢」なので、あまり胸を張りすぎることは避けましょう。

また、イスに座って作業をする姿勢も、腰痛の原因になることがあります。あくまで目安ですが、椅子の高さは身長の4分の1が適切な高さと言われています。可能であれば、腰痛持ちの方は昇降式のイスを使い、机との高さのバランスを取ることで、腰の負担を抑えつつデスクワークができますよ。

肥満を防ぐ

肥満による体重増加が腰への負担になることは、想像に難くないと思います。特に、お腹がぽっこりと出た肥満体型の場合、体のバランスを取るために「反り腰」になりやすく、さらに腰への負担が大きくなりがちです。

肥満の根本的な解決策はダイエットですが、一朝一夕で痩せられるものではありません。肥満の方は、まず「反り腰」などの悪姿勢を改善することや、坐骨神経痛が辛いのであれば、コルセットを使用することから取り組んではいかがでしょうか。

痛みが少しでも改善すれば、ダイエットへの意欲も湧くかと思います。

適切な靴を選ぶ

サイズが合わなかったり、歩きにくい靴は姿勢を歪める原因になります。坐骨神経痛を引き起こしやすいほか、股関節や膝関節の障害にもつながりかねません。

具体的には、ヒール部分が低めの靴や、靴ヒモなどで足へのフィッティングを調節できる靴がおすすめです。靴屋さんによっては、靴の専門家である「シューフィッター」が勤務する店舗もあります。靴選びで悩んだら「シューフィッター」が常勤するお店へ出向いてはいかがでしょうか。

まとめ:坐骨神経痛は日常生活の改善で予防・緩和が可能

今回の記事では、坐骨神経痛の概要と、日常生活における注意点をお伝えしました。

腰痛や神経痛があると、日常生活すらダルく、ましてや外出などは敬遠しがちになってしまいます。本記事で紹介したポイント実践していただければ、完治とはいかないものの、痛みが緩和される効果は十分にあります。

毎日の生活スタイルを見つめ直すだけで、坐骨神経痛が改善する可能性はグッと高まります。坐骨神経痛と腰痛にお悩みの方に、本記事が役立つことを心より願っております。
 

参考文献
・標準整形外科学 第14版
 医学書院 
井樋 栄二 / 吉川 秀樹 / 津村 弘 / 田中 栄 / 高木 理彰

・【”いまさら聞けるわけがない”学びなおしの整形外科キソ知識20】脊椎編 脊柱管狭窄症と椎間板ヘルニア、坐骨神経痛の違いは?(解説/特集)
寺井 智也
整形外科看護 (1342-4718)25巻3号 Page204-205(2020.03)

著者情報

腰痛メディア編集部
腰痛メディア編集部

痛みや体の不調で悩むあなたへ、役立つ情報をお届け。

自分の体の状況(病態)を正しく理解し、セルフマネジメントできるようになることが私たちの目的です。

記事のご意見・ご感想お待ちしております。

この著者の他の記事を見る
バナー画像