高齢者に多いとされている圧迫骨折。
大きな衝撃でおこるとされていますが、骨粗鬆症などで骨がもろくなっている人では、
椅子に腰かけただけでも骨折してしまうことがあります。
では圧迫骨折とはどのようになるのか、どんな治療法があるのかみていきましょう。

圧迫骨折とは

圧迫骨折は骨に強い衝撃が加わった際におこります。誘発の要因として年齢や運動習慣などの生活習慣や、
閉経後のホルモンバランスの乱れなどがあげられます。
しかし、特に強い衝撃が加わらなくても骨折してしまう場合があります。
それは、骨粗鬆症です。骨粗鬆症によってもろくなった骨は非常に骨折しやすい状態にあります。

症状

腰椎圧迫骨折では強い痛みが出ます。骨折が重症化すると神経に触れ、足にも痛みや痺れを訴える方もいます。
また、胸椎から腰椎にかけ複数の場所で骨折が生じることもあります。
脊椎は複数の骨で形成されているため、一部の骨に変形が起きるだけではなく
胸椎から腰椎にかけての複数の箇所で起きることもあります。

治療

治療には、保存療法と外科的治療があります。
多くの場合にはまず保存療法が行われます。コルセットで腰を固定し、日常で安静を心がけ生活を送ります。
また、痛み止めなどで痛みのコントロールを行います。数か月程度で症状が改善するとされています。
この保存療法で、痛みのコントロールができなかった場合には外科的選択がされます。
手術では椎体形成術と呼ばれる手術が行われます。
手術による侵襲や合併症のリスクも踏まえ、外科的治療に移行するか検討されます。

予防

圧迫骨折の要因の主は骨粗鬆症になります。そのため骨粗鬆症を予防することが圧迫骨折の予防につながります。
そのためには、食事のバランスに気をつけ充分な栄養、カルシウムをとることが大切です
。また、骨を丈夫にするために運動習慣をつけることや日光にあたることも効果的です。
重い荷物を持ち上げるなど、腰に負担をかけないことも重要です。
また、女性はホルモンバランスの乱れにより誘発されることもあるので、定期的に骨密度検査を受けることもお勧めです。

まとめ

骨粗鬆症なっている場合には、いつ骨折してもおかしくない状況です。
転んだ時から腰痛が続いているなど、体の不調を少しでも感じたら、一度病院で検査してもらいましょう。

【参考文献】
一般社団法人 日本骨折治療学会
https://www.jsfr.jp/ippan/condition/ip02.html

著者情報

岡田 ひかり
岡田 ひかり

保有資格

看護師、保健師

経歴

看護の大学を卒業後、都内大学病院の外科病棟で急性期の看護を学ぶ。

その後、福祉施設で通所介護や在宅支援へ向けた看護業務実施。

この著者の他の記事を見る
バナー画像