まだ10代の中高生あるいは小学生のうちから、「腰が痛い」とお子さんが訴えることはありませんか?それは、側弯症(そくわんしょう)だからかもしれません。側弯症は大人も子供もなる可能性があり、腰痛を引き起こしてしまう病気です。若いうちから腰痛で悩まされぬよう、側弯症の予防や対処法などをここで徹底的に解説していきます。

側弯症ってどんな病気?

背骨とは、医学的に見ると首の骨から腰までの骨のことを指します。この骨をそれぞれ首の位置のものを頸椎、腰より上のものを胸椎、腰のものを腰椎といいます。これらの骨は正面から見るとまっすぐになっています。
側弯症とはこの背骨が回旋といい、ねじれながら左右のどちらかに曲がっていってしまう状態のことをいいます。軽度の側弯症の場合は1000人中3~5人程度入ると考えられており、手術が必要なほど重度な側弯症は全人口の0.1%以下であると考えられています。
側弯症は早期発見、早期治療を行うことが改善への糸口となるのですが、ただ腰骨が曲がっているというのは気づきにくい方が多いものです。
側弯症の症状として起こりやすいのが腰痛です。腰痛が起こっていないという場合でも例えば、鏡を見た時に左右の肩の高さが違っている、肩甲骨が突出している、腰の高さが左右で非対称である、前かがみをした姿勢で後ろから背中をみたときに腰の骨が隆起しているなどといった変形が見られた場合には側弯症である可能性が高いと考えられます。
ですので、腰が痛いけれどほかに症状がないという場合には、ボディラインを確認することでセルフで側弯症かどうかをチェックすることができるのです。
また、側弯症が進行すると心臓や肺を守っている胸郭という部分も変形してしまうため、心臓や肺を圧迫し、息苦しさや息切れ、肺活量の低下がみられるようになります。

参考
側弯症|KOMPAS|慶応義塾大学病院医療健康情報サイト
側弯症は身体にどのような影響を与えるのか?|側彎症TOWN|日本側弯症学会
 

なぜ子供も側弯症になってしまうの?側弯症の原因は?

冒頭でもお話ししたように、側弯症は子供でもなりうる病気で、早い子では10歳未満、小学校低学年くらいから発症してしまいます。なぜ低年齢から発症してしまうのか、側弯症の原因についてご紹介します。
側弯症は機能性側弯症と構築性側弯症の2つに分類されます。機能性側弯症とは、背骨そのものには問題のない側弯症のことをいいます。例えば日々の姿勢の悪さや腰椎椎間板ヘルニアという病気によるもの、骨盤が傾いているといった原因が考えられます。機能性側弯症の場合にはこれらの原因を取り除くことで側弯症を改善させることができる可能性が高いのです。
一方、構築性側弯症とは背骨そのものに異常がある側弯症なのですが、構築性側弯症はさらに原因が分かっているものと分からないものに分類されます。原因が分かっているという場合は、生まれつき背骨の形状に異常があったり、筋肉や神経の病気が原因だったり、放射線治療、やけどなどによるケロイドや骨そのものに病気が発生したことによって、側弯症となってしまいます。原因が分からないタイプの構築性側弯症のことを突発性側弯症と呼びます。突発性側弯症は側弯症全体の80~85%を占めており、これが子供がなってしまうタイプの側弯症です。3歳以下で発症した場合は男の子に多いのですが、10歳以降に発症するのは女の子が多いです。また、3歳以下よりも4歳から9歳で発症した場合の方が進行する可能性も高いと考えられています。東京都に在住する女子中高生を対象として行った実験によると、生活習慣や通学時に所有しているカバンの重さなどは側弯症に影響を受けなかったものの、痩せ形の女の子に多い傾向にあることが分かっています。また、クラシックバレエ経験がある子は、経験のない子よりも1.3倍側弯症となっている子がいたという結果が出ていたもののこちらについてはさらに追跡研究が続けられることとなっています。

これらのことから、大人で側弯症であるという方の場合は、子供の頃からの側弯症が進行してしまったという場合と、病気などによって側弯症になってしまったという方がいます。ですが、子供の頃に側弯症ではなかった、あるいは側弯症を誘引する病気になっていなかったという方でも中高年になって骨が弱くなってくることでいきなり側弯症となってしまうこともあります。

参考
側弯症|KOMPAS|慶応義塾大学病院医療健康情報サイト
側弯症は身体にどのような影響を与えるのか?|側彎症TOWN|日本側弯症学会
 

側弯症を予防するにはどうすればいい?

側弯症になりたくないという方に、側弯症を予防する方法はあるのでしょうか。実は大人になってからの側弯症の場合には具体的な予防方法はありません。ですが、骨に異常がないタイプの側弯症であれば、日々の姿勢に十分気を付けることで側弯症を予防できる可能性があります。また、前述したように早期発見をすることで悪化することなく、改善へと向かうことができますので、例えば、椎間板ヘルニアを経験した後に方の位置がおかしい等の姿勢の変化に気づいたり、感染症や背部の火傷、腰にできた腫瘍を摘出したりしても、まだ姿勢がおかしい、腰の痛みが続くという場合には側弯症を疑って早めに検査や治療を受けるとよいでしょう。子供の場合には、成長期までは背骨のねじれが続いてしまうものの、成長期が終わるとともに進行も止まることがあります。変形した状態は残ってしまうのですが、それによる腰痛などが出現する可能性も低いですし、妊娠や出産に対する影響も少ないと考えられています。

脊柱側弯症|社会福祉法人 恩賜財団済生会

側弯症かも…治療はどうするの?

腰痛もあるし、肩の位置もおかしい、前屈姿勢を取った時に背骨のねじれや腰骨の隆起もはっきりとわかり、側弯症かもしれないとなったとき、どのような治療を行うのでしょうか。
側弯症の治療は年齢や側弯症の程度などによって異なりますが、主に装具をつけるかつけないかという治療になります。
装具をつけない治療の場合は、成長期であるということが前提です。また、湾曲が25度未満と軽い場合にのみ適応されます。ですので、主に子供が対象と考えておいても良いでしょう。装具をつけずに経過観察のみをしていくのですが、この経過観察中も定期的に医療機関を受診して、3-12カ月毎にレントゲン写真を撮影して側弯の進行の具合をチェックしていくことが必要となります。
装具をつける治療の場合は、が20~45度程度湾曲をしている中等度の側弯症の場合に適応となります。ですが、こちらも15歳以下の骨が未成熟な子供が治療の対象となり、大人は治療の対象にはなりません。装具は基本的に1日着用し、こまめにレントゲン撮影をして、湾曲状態をチェックしていくことが必要です。
30度から40度以上の湾曲をしていてなおかつ息苦しさや腰痛などで日常生活に支障が出ているという場合には手術の対象となります。手術は子供だけでなく骨の成熟が完了した大人でも受けることができます。手術をすることで側弯症の進行を予防したり、側弯症を改善したりすることが可能です。湾曲の角度以外でも生まれた時から側弯症であるという先天的な場合も手術治療の対象となります。
また、骨には異常のない突発性側弯症であった場合には大人も子供も経過観察となることがほとんどで、腰の痛みには、痛み止めを服用していきます。

参考 
「側弯症」|日本整形外科学会 症状・病気をしらべる
側弯症|KOMPAS|慶応義塾大学病院医療健康情報サイト
側弯症は身体にどのような影響を与えるのか?|側彎症TOWN|日本側弯症学会

発症も進行も子供に多く、治療対象もほとんどが子供となりますが、大人でも側弯症の場合、経時的にレントゲンを撮って観察をしたり手術をしたりといった治療を受けることができます。自分側弯症かも?と思った場合には早めに整形外科に相談されるとよいでしょう。また、普段から自身の姿勢を意識し、突発性の側弯症を予防していきましょう。

著者情報

腰痛メディア編集部
腰痛メディア編集部

痛みや体の不調で悩むあなたへ、役立つ情報をお届け。

自分の体の状況(病態)を正しく理解し、セルフマネジメントできるようになることが私たちの目的です。

記事のご意見・ご感想お待ちしております。

この著者の他の記事を見る