女性の腰痛原因となっている「骨粗しょう症」は女性に多い疾患だというのはご存じでしょうか?その理由は女性ホルモンが密接に関係しているからです。今回はこの女性ホルモンの働きから骨粗しょう症の病態、できる対処法についてご紹介しました。更年期前に意識したいこともまとめています。骨を丈夫にして、腰痛などに悩まされることなく、健康に生きていきたいですね。

骨粗しょう症とは

骨粗しょう症は簡単にいうと「骨がスカスカになる病気」です。骨の中のとくに「海綿骨」と呼ばれる部分の密度が低下する病態です。骨は「皮質骨」と呼ばれる外側の白い殻に相当する部分と「海綿骨」と呼ばれる皮質骨の中身、スポンジのような部分に分かれます。この中身の部分がスカスカになると、外力に対して骨が非常にもろくなり、容易に骨折してしまう状態です。症状が進行すると、自身の体重により骨がつぶれ、骨折してしまうことも。気づかぬ間に起こる腰痛の原因として考えられる疾患が骨粗しょう症なのです。

一般若年成人(20~44歳の健康な成人の骨密度を100%ラインとしている)の骨密度量の70%を下回ると「骨粗しょう症」の診断がつきます。骨粗しょう症自体は、発見が早ければそんなに大きな問題にはなりません。早く発見できればその分早期に治療することで、骨密度を上昇させることができるのです。治療中は転倒や外力による骨折に注意して、生活することが重要です。

骨粗しょう症の要因となる女性ホルモン「エストロゲン」

女性の骨粗しょう症が多い理由として、密接に関係しているのが「エストロゲン」と呼ばれる女性ホルモンです。エストロゲンにはさまざまな作用があります。
代表的なものは以下です。
・二次性徴の発育促進
・子宮内膜の増殖
・卵胞の発育促進
・骨吸収作用抑制
・骨端線の閉鎖促進
・脂質代謝改善作用
・血液凝固能促進

骨に関わるエストロゲンのはたらきには、「骨芽細胞の」働きを促進し骨を丈夫にし、「破骨細胞」の数を抑制する作用があります。
エストロゲンは女性の周期において重要な役割を果たします。卵胞の発育促進作用からもわかる通り、排卵前の時期に活発に分泌されます。女性の一生の中で、二次性徴後は一定の周期でエストロゲンが分泌され、正常に骨代謝が行われるので、多くの場合骨粗しょう症は更年期前には見られません。しかしながら、女性は更年期以降にグッと骨粗しょう症に罹患する人が増えてきます。

更年期っていつから起こるの?

一般的に更年期は50歳前後に起こります。近年の栄養摂取状況や環境要因から初経の年齢に若年化していますが、更年期の平均年齢だけは、昔と大きくずれてはいないのが実情です。これは遺伝子に組み込まれた自然の摂理ともいえます。

更年期=閉経を迎えたころから、エストロゲンの分泌はグッと右肩下がりに減少しますが、実際にはその2~3年ほど前から緩やかに減少し始めます。また、40歳以降になると徐々に生理周期も遷延し、エストロゲンの影響を受ける機会が減ってくるのです。

このころから女性は徐々に骨粗しょう症対策を始めていく必要があります。

エストロゲン以外で女性が骨粗しょう症になりやすい理由

女性は多くの場合、妊娠出産を経て更年期に突入します。妊娠・出産により胎児に移行するためのカルシウム損失がおこります。また、過度なダイエットの経験があれば、カルシウムの損失がおこり、骨粗しょう症まではいかなくとも、骨密度が低下している人もいます。
それでなくても女性は男性よりも骨が細くできています。

また、女性は日焼けを避ける傾向があります。日光に当たる時間が極端に少ないと、体内でビタミンDの合成が行われません。これもまた女性の骨がもろくなる要因となっています。

骨粗しょう症から起こる腰椎圧迫骨折

女性はさらに、筋力が男性よりも低い傾向があります。骨粗しょう症による腰椎圧迫骨折が多いのは、このことも原因であると考えられています。

つまり、女性の方が男性よりも骨がもろく、筋肉も脆弱で、自分自身の体重を支えきれずに脊椎の椎体が圧迫骨折し、腰痛の原因となっているのです。

普通に考えると、骨折しているのですから、腰痛は相当ひどいはずなのですが、これも女性の特徴で、女性は比較的痛みに強く、我慢が出来てしまいます。骨粗しょう症で腰椎圧迫骨折しているにもかかわらず、市販の痛み止めや湿布薬、市販の腰痛防止ベルトを装着しながら、腰痛をのらりくらりとかわし、生活をして圧迫骨折が発見されないこともあるのです。

・腰椎圧迫骨折の初期症状
転倒など、思い当たるきっかけがないにもかかわらず骨折をした場合は、自身の体重で骨がつぶれ、骨折に至ったのだと考えられます。この場合は、その他の椎体も連続して骨折が起こるケースも見られます。多椎間で骨折が起こると、腰痛はもちろんですが、身長が低下したり、円背が激しくなったりと、外観上からも変化がみられることもあります。

中には腰痛は実感していることはあっても激しくないため、気が付か図に自然治癒するケースもあります。特に高齢者の場合はこの特徴がよく見られます。ときどき身長を図るなどして、脊椎の健康の目安にするとよいでしょう。

骨粗しょう症になる前にできる対処法

骨粗しょう症は一般的には60歳以降に増える疾患ですが、最近では、上記に説明した理由によりもともと骨の予備力が低く、更年期に入って間もないうちに骨粗しょう症が発現することもあります。骨の健康を守ることは生涯元気に自立して生活することにつながります。できるだけ早いう力カルシウムやビタミンDを摂取し、骨量を獲得していきたいですね。

できれば毎日行いたい「運動と日光浴」

適度な運動もまた、日常的に行うとよいでしょう。運動により骨が刺激されることで、骨代謝が行われます。また、筋力を維持することで、骨を支える力がアップし、骨折するのを防いでくれます。女性は男性よりも筋肉がつきにくいので、日常的に簡単に行えるものを取り入れるとよいでしょう。

ウォーキングなどは、日光浴も兼ねられるので一石二鳥です。日光浴はなにも全身に日光を浴びる必要はありません。手の甲だけでも十分です。一般的には15分程度で大丈夫といわれているので、日光を浴びるようにしましょう。

まとめ

いかがでしたか?高齢者に多いと思われている骨粗しょう症ですが、早ければ閉経後の50代のうちに発症する人もいます。骨粗しょう症予防には「栄養・運動・日光浴」がキーワードです。今からでも遅くはありません。発症したらなかなか改善までに至るのが大変なのも「骨粗しょう症」です。できることから少しずつ取り組んで、健康に元気に長生きしたいですね。

著者情報

腰痛メディア編集部
腰痛メディア編集部

痛みや体の不調で悩むあなたへ、役立つ情報をお届け。

自分の体の状況(病態)を正しく理解し、セルフマネジメントできるようになることが私たちの目的です。

記事のご意見・ご感想お待ちしております。

この著者の他の記事を見る
バナー画像