腰痛といってもさまざまな種類があります。腰痛によって感じる痛みが変わってくるのです。今回は、腰痛の感じる痛みについて・足の痺れがある腰痛について・腰痛が治らない理由について解説していきます。

腰痛ってどんな痛み?

腰痛の痛みは全て一緒ではありません。感じる痛みによって、さまざまな原因があります。痛みの種類から考えられる原因について解説します。

ズキッとくる腰の痛み

座っていて立ち上がる時や寝返りを打った時など、ズキっとくる腰痛の場合、筋肉や背骨に問題がある可能性があります。

筋肉による腰痛

筋肉の痛みとは「筋・筋膜性腰痛」といい、普段姿勢の維持をしている脊柱起立筋という筋肉が何らかの原因で異常を起こしている状態です。原因は、無理な体勢をしたり重たい物を持ち上げたりした時に起こる、いわゆるギックリ腰のような急性腰痛があります。
また、筋肉の疲労や長時間の不良姿勢、ストレス、体の冷えなどにより慢性的に起こることもあります。筋肉による腰痛は、左側・右側と左右差が出ることも多いです。

背骨による腰痛

ただ、ズキっとくる腰痛には、背骨の異常による痛みがあるので注意が必要です。代表的な病気は「腰椎圧迫骨折」です。これは高齢者の方に多いもので、「いつの間にか骨折」とも呼ばれています。その理由は、高齢になると骨がもろくなり骨粗鬆症になることで、ちょっとした外力や重力により背骨の骨折を起こすためです。

例えば、ちょっと尻餅をついたとか重たい物を少し持ち上げたとかで背骨に微細な損傷が起こり、徐々に背骨がつぶれてくるのです。背骨がつぶれて背中が丸くなると、内臓が圧迫されて便秘が起きることも多いです。高齢者の方で痛みが強い場合は、早めに医療機関を受診しましょう。

内科的な病気による腰痛も!?

動いた時にズキっと痛むだけでなく、じっとしている時もズキズキと痛かったり脂汗が出るぐらい痛かったりした場合は、内科的な病気があるかもしれません。ギックリ腰でも動けないぐらいの痛みが出ることがありますが、原因がハッキリしていることが多いので問題ありません。しかし、何も思い当たる原因がなく激しい腰痛が発生した場合は、注意が必要です。

有名なのは、結石といわれる尿路結石・腎結石・胆石症・膀胱結石、腎盂腎炎などです。内臓の痛みで、かつ炎症を起こしているので激しい痛みが発生します。早急に医療機関を受診しましょう。

ズーンと重だるい腰の痛み

座っていたり立っていたり、寝ていたりしてもズーンと重だるい腰痛を感じる場合は、慢性的な「筋・筋膜性腰痛」か「仙腸関節性腰痛」が考えられます。長時間にわたり不良姿勢を続けていると、腰の筋肉に負担が掛かり疲労や血流不足を起こし、痛みが起こります。

また、不良姿勢は骨盤にも負担が掛かるため、仙腸関節という骨盤の後ろにある関節にも影響を起こします。仕事でどうしても事務作業や立ち仕事が多く、1日の中で座っている時間や立っている時間が長い方は、何か対策することをおすすめします。

足の痺れを伴う腰の痛み

腰痛だけでなく、足に痺れがある場合は要注意です。足を支配している神経は、脊髄の腰の部分から背骨の隙間を通り、足に伸びていきます。脊髄の神経が背骨から出てくる部分で圧迫されると、足の痺れが出てきます。圧迫される原因はさまざまですので、下記の方で詳しく解説していきます。

足の痺れがある腰痛の原因について

足の痺れがある腰痛の主な原因を紹介していきます。前述の通り、腰で神経を圧迫して足の痺れが起きますが、圧迫している原因によって病気が異なります。

腰椎椎間板ヘルニア

足の痺れがある腰痛で有名なのが「腰椎椎間板ヘルニア」です。背骨は積み木のように重なり構成されていますが、背骨と背骨の間には椎間板というクッションがあり、体に掛かる衝撃を吸収しています。この椎間板が、無理な体勢により外力が加わり逸脱してしまいます。逸脱した椎間板は神経を圧迫し、足の痺れを引き起こします。

正中ヘルニアという、両方に足の痺れが出る場合もありますが、基本的に右側か左側か、どちらかに足の痺れが起こります。
変形性脊椎症
背骨が加齢により変形する病気を「変形性脊椎症」といいます。人間誰でも年齢を重ねると、骨は徐々に変形してきます。その変形の進行が人より早く、神経を圧迫したり炎症が起きて痛みが発生したりすると病気になります。無症状で変形が進んでいる方もいます。

この場合、特に思い当たる原因もなく、足の痺れが発生します。腰椎椎間板ヘルニアと同様に、足の痺れは右側か左側か、片側に起こることが多いです。

腰椎すべり症

子供の時にスポーツを盛んにしていて、腰痛があった場合は「腰椎分離症」になっていた可能性があります。この病気は腰の骨の疲労骨折で、全国大会に出場し好記録を出していたりして、腰痛があってもスポーツを休めずにいた方に多いです。

当時、医療機関を受診し「腰椎分離症」と診断され、治療していたなら問題ありません。腰が痛いのにも関わらず、スポーツを休まず続けていると、疲労骨折した腰の骨は治っておらず、腰の骨は分離した状態のままです。分離した骨は、上下にある背骨からずれてしまい「腰椎すべり症」となるのです。腰椎すべり症になると、背骨の後ろにある脊髄に影響を与えるので、足の痺れが発生します。

脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症とは、背骨の後ろにある脊柱管という脊髄が入るトンネルが、何らかに圧迫されて起こる病気です。上記のような、腰椎椎間板ヘルニア・変形性脊椎症・腰椎すべり症などによる圧迫、背骨周りの靱帯が分厚くなることによる圧迫などがあります。

腰痛と足の痺れはもちろんあるのですが、他の病気と違い症状が特徴的です。その症状は間欠性跛行(かんけつせいはこう)といい、歩いていると両方の足の痺れが発生して歩けなくなり、前屈姿勢でまた休むと歩けるというものです。これは、一部の病気でしか現れず、腰が原因の病気では脊柱管狭窄症しか現れません。

なぜ、あなたの腰痛は治らない?

どうして腰痛が治らないのでしょうか?それは、痛みを起こしている原因が取り除けていないからです。原因を治さない限り、腰痛は良くなりません。上記のような病気がある場合は、なかなか湿布や痛み止めだけでは治らないので、早めに医療機関を受診しましょう。

他にも、腰が痛い原因の一つに「日常生活の癖」が考えられます。いくら腰の痛みがおさまっても、日常生活で腰に負担が掛かる癖をしていては、また腰が痛くなります。
座っている時、腰を曲げて座っていませんか?
座椅子に座って足を伸ばしていませんか?
ソファーに腰が丸まった状態で座っていませんか?
寝る時、左側が痛いのに右側を上にして、横向きで寝ていませんか?
うつ伏せで肘をついてスマートフォンを見ていませんか?
これらの日常生活の癖は、腰にとても負担が掛かってします。この癖を改善するだけでも腰痛は治りやすいです。腰を曲げて座っている人は、腰痛クッションなどを購入して対策しましょう。座椅子に座っている方はイスにし、ソファーに座っている人は座る時間を短くしてみましょう。寝る時は痛い方を上にして寝てください。うつ伏せでスマートフォンを見ずに、座るか横向きで見ましょう。

まとめ

腰痛にはいろいろな種類がありますので、自分がどの腰痛に当てはまるか確認しましょう。しかし、自分で全て判断せずに、早めに医療機関の受診をおすすめします。

著者情報

腰痛メディア編集部
腰痛メディア編集部

痛みや体の不調で悩むあなたへ、役立つ情報をお届け。

自分の体の状況(病態)を正しく理解し、セルフマネジメントできるようになることが私たちの目的です。

記事のご意見・ご感想お待ちしております。

この著者の他の記事を見る
バナー画像