ぎっくり腰は、重い物を持ち上げる時や、急に腰を捻る動作をした時などに発症します。
腰がその動きや負荷に耐えられず、何らかの形で支障をきたし、痛みが生じます。腰のどの部分が痛むか、原因がどこにあるかは人によって、そのケースによって異なると言われています。
その一つとして、仙腸関節障害があげられます。
では、その仙腸関節とぎっくり腰はどのような関係があるのかみていきましょう。

仙腸関節とは

仙腸関節は、骨盤の骨である仙骨と腸骨の間にある関節であり、周囲の靭帯により強固に連結されています。
仙腸関節は脊椎の根元に位置し、画像検査ではほとんど判らない程度の3~5mmのわずかな動きを有しています。
その仙腸関節の役割は、脚と身体をつなぐ重要な関節で、上半身の重さや地面から衝撃を受け止めるために、
固い靭帯で幾重にも覆われています。

仙腸関節障害とは

人間の身体は、頚椎、腰椎、そして仙腸関節、股関節、ひざ関節、足関節などで外部からの衝撃を吸収しています。
しかし、仙腸関節以外の関節は地面と水平になっているため、垂直方向の衝撃を吸収しにくいとされています。
その骨盤を構成する仙腸関節が、日常生活での繰り返しの負荷や、事故の衝撃といった外からの力によって、
負荷がかかり微小な不適合が生じ、痛みが発生することを仙腸関節障害と言います。

ぎっくり腰の原因

重量物を持つ作業をされる方や肥満の方、頻繁に中腰姿勢をされる方などで多くみられます。
女性では産後の方に多いとされていて、これは出産による骨盤の緩みが仙腸関節を不安定にしてしまうことで、
炎症が生じやすい状態になりぎっくり腰のリスクが高まってしまっていることが考えられます。

症状

症状としては臀部痛、下肢のしびれ・痛み以外に重要な事として、傷んだ側の全身の関節や筋肉のが固くなることが考えられます。
仙腸関節は一度痛めると、その後は座っている・寝ることにより症状は悪化するため、起床後・30分以上座ったのちに症状が悪化する場合、仙腸関節が関係している可能性が高いとされています。

治療

安静、鎮痛剤、骨盤ゴムベルトといった保存的治療がまず行われます
骨盤ゴムベルトでは前締め、後締めを試し、疼痛が軽減される方を選択しますが、経過によって変わっていくこともあります。
骨盤ゴムベルトは、仙腸関節の微小な不適合の発生を抑える効果があり、仕事復帰時などの再発予防にも使えます。

参考文献
日本仙腸関節研究会|仙腸関節障害について

著者情報

岡田 ひかり
岡田 ひかり

保有資格

看護師、保健師

経歴

看護の大学を卒業後、都内大学病院の外科病棟で急性期の看護を学ぶ。

その後、福祉施設で通所介護や在宅支援へ向けた看護業務実施。

この著者の他の記事を見る
バナー画像