女性にとって40代~50代は丁度体に変化が起こる時期です。出産される方や出産から解放され閉経を迎えられる方もおられます。

この時期は個人差が激しい時期です。更年期は女性ホルモンが急激に低下するため、体の不調を訴える人が多く、生理の終わる前後の10年間は更年期障害を経験される方も多いです。そのため、腰痛などの症状を訴える人が多くなっています。

女性特有の腰痛の原因と、女性特有の腰痛になる病気についてまとめてみました。

女性の腰痛の原因

女性特有の腰痛の原因とは、妊娠や生理痛など女性ならではの腰痛があります。生理痛が強い人は、下腹部痛だけでなく腰痛も伴います。

妊娠される方は妊娠中お腹を支えるため、体の重心が変化し上体をそらせた姿勢になるので腰痛になりやすいです。子宮が大きくなり、骨盤の周りの筋肉が引っ張られて腰痛になることもあります。

育児や家事に追われ身体的・精神的な負担が原因で、腰痛の慢性化になりやすいです。更年期障害になると、女性ホルモンのバランスが崩れることから腰痛が起こりやすくなります。

また、重い病気が隠れていることもあります。子宮内膜症のような婦人科の病気や、骨粗しょう症なども近年無理なダイエットなどで、この年代からも起こっています。

骨密度が減って椎骨に影響を受けやすく、圧迫骨折など起こって脊髄神経根が圧迫され、背中に慢性の痛みが起こり腰痛になる人もいます。

女性の原因となる病気(女性特有の腰痛)


内臓の異常による腰痛は関連痛というもので、痛みの原因と違う場所に発生する痛みのことです。その原因となる病気に次のような病気があります。

乳ガン

女性特有のガンで40代から急激に増加しています。また、ガンが転移して腰痛になることもあり、乳房周辺のリンパ節に転移しやすく、腕がむくんだりしびれたりすることがあります。

乳頭から血液が混じった分泌がでたり、乳房の近くにえくぼのようなものができたり、赤く腫れあがったり乳房の表面の皮膚に異常が現れてきます。

乳ガンは女性ホルモンが関係しているといわれますが、原因はまだはっきり分かっていません。早期発見だと治癒は可能で腰痛だと思って放置することは危険です。

近年は超音波検査やマンモグラフィーなど乳ガン検診も簡単に行われますので、定期的に検診を受けましょう。

子宮ガン


子宮ガンは近年40代~50代の女性に増えてきています。子宮ガンの割合は年々増え、症状は閉経後の不正出血です。そのほかに腰痛・下腹部痛・血尿・血便などの症状がでます。

近年出産経験がない人が増え、閉経が遅い人も多く、エストロゲンの刺激が長期間続くことが原因とされています。肥満やエストロゲンを分泌する腫瘍が原因です。

また、エストロゲンに関係なく発生する場合もあります。子宮ガンも早期発見が必要です。

子宮内膜症


子宮内膜症は40代の女性に多い病気で、原因ははっきり分かりませんが、生理がある5~10%の女性に発症するといわれています。

子宮以外の場所に月経周期により組織が増殖し、それを排出できないために起こる疾患です。自覚症状もない方もおられます。

症状は月経時の下腹部痛・腰痛・排便通・月経時以外の下腹部痛・性交痛などの痛みや不妊症の原因にもなります。

子宮筋腫


子宮の筋肉が変化して起こる良性腫瘍で、女性4人に1人が子宮筋腫をもっているといわれています。腫瘍の小さいうちは自覚症状がありません。

腫瘍が大きくなると生理痛が強くなり、経血増加、生理日数が10日以上続いたり、レバーのような血の塊が混ざったりなど月経時に症状がでます。このほかの症状に腰痛や下腹部痛、頻尿などの症状が出る場合があります。

筋腫にはそのほかに頚部筋腫(けいぶきんしゅ)漿膜化筋腫(しょうまくかきんしゅ)などがあり、下腹部痛や腰痛の症状がでてきます。

骨粗しょう症


骨粗しょう症は70歳以上の女性に多いといわれていますが、近年は食生活の変化や無理なダイエットから40代~50代女性でも骨粗しょう症になる方がおられます。

それを解消するには筋力を高めることが必要で、筋トレは骨折予防にも役に立ちます。閉経を迎え女性ホルモンが減少すると骨粗しょう症になりやすいです。骨粗しょう症は骨がカスカスになります。

圧迫骨折


骨粗しょう症で起こる骨折ですが、症状がでないこともあります。お尻から脚にかけしびれや痛みを感じ、身長が4cm以上低くなり、背中が丸くなっていると可能性が大きく、骨がカスカスで押しつぶされ変形してしまいます。

以上女性特有の病気で腰痛が出ることがあります。この場合は安静にしていても痛みが取れないことが特徴で、早めの医療機関への受診が必要になってきます。

栄養不良が原因の腰痛


腰痛と食事はあまり関係ないように思われますが、栄養バランスが乱れると腰痛か悪化することがあります。特に糖質を取りすぎるとその傾向は強いです。

AGE(糖化最終生成物)という物質は骨や軟骨・筋肉・じん帯を劣化させます。これは食事を摂取する中で糖質を摂取すると、体内で最終的にブドウ糖に変化しますが、多量にブドウ糖が体の中で存在するとAGEという物質を作り出します。

このAGEは椎間板の成分である線維輪(せんいりん)を劣化させもろくさせるので、背骨が移動して椎間板の中心にある髄骨がずれたとき繊維輪を傷つけるため腰痛になります。

過剰な糖分を取りすぎないことと、ビタミンDやカルシウム・マグネシウムやビタミン類などを摂取するよう心がけましょう。

骨といえばカルシウムですが、カルシウム以外にビタミンDはカルシウムの吸収を助け、マグネシウムも骨を作るうえで必須の栄養素です。

また、ビタミンCは骨・筋肉の腱・靭帯などに必要不可欠なコラーゲンの合成になくてはならない栄養素です。骨に関係する栄養素だけでも、多くの種類の栄養素を必要とします。

腰痛を解消するには骨だけでなく筋肉や神経機能も丈夫にしなければいけません。そのためには筋肉や神経機能を保つカルシウムやマグネシウムも必要となります。

また、これらの栄養素を運ぶのに血液の流れをよくすることが必要です。ビタミンEやEPA・DHAなど、疲労回復やストレスに強くなる働きのビタミンCやビタミンB群などの栄養素が必要となります。

女性の筋力低下が原因の腰痛

筋肉低下による腰痛
40代~50代にかけ、筋力も低下してきます。脊柱起立筋やその奥の多裂筋など、筋肉が衰えてくると筋力も弱くなりこれらを支えている筋肉が衰え腰痛に。

腹筋や背筋など姿勢をまっすぐに保つ筋肉が弱ると、ちょっとした動作でも負担となって骨を支える筋肉や関節などに支障をきたし腰痛の症状がでるのです。

腰痛の原因となる筋肉には多裂筋・最長筋・腸助筋・腰方形筋があります。これらの筋肉低下により、筋力が衰えてくると、骨を支えることが難しくなり腰痛につながります。

筋肉と腰痛との関係は密接です。筋肉は使用しなければ委縮して衰えますが、適度に筋肉を日常生活で意識的に使うだけで筋肉の衰えは遅くなります。

毎日ウォーキングなど続けるだけで筋力維持・筋力アップにつながります。50代になると基礎代謝量が低下するため肥満になる可能性が大きいです。

しかし、毎日ウォーキングや筋トレをすれば基礎代謝量が上がり、肥満も解消され腰痛も軽減されるでしょう。

まとめ


40~50代女性の腰痛の原因とそれに関連した病気をご紹介してきました。腰痛の多くは少しの注意や運動で改善できます。

しかし、それ以外に重篤な病気も潜んでいることがあるので、腰痛が酷くて楽にしても改善しないときは迷わず医療機関を受診しましょう。

腰痛の原因が分かれば対処もしやすくなります。腰痛となる病気の原因がないか観察して、医療機関に行かなければ治らないものは速やかに医療機関を受診し、心因性要因の腰痛は気の持ち方で腰痛が軽減されるので原因を知ることは大切です。

著者情報

腰痛メディア編集部

こんにちは。 腰痛で悩む多くの方に役立つ情報を毎日お届け。それぞれが違った痛みの場所・違った痛みの度合い・違った原因をお持ちです。 一人一人が自分の腰の状況(病態)を理解し、セルフマネジメントできるようになることが私たちの目標です。記事のご意見・ご感想お待ちしております♬

この著者の他の記事を見る