椅子に座っている時、“腰が痛い”といったお悩みでお困りでしょうか。
実は腰痛の原因によって、良い座り方は異なります。そのため、自分の腰痛の病態(原因)がどこかを知る必要があります。
私が監修した『腰痛改善アプリ:YO-TSU DOCTOR』では、問診と疼痛除去評価からあなたの腰痛の病態を診断します。
初回問診は無料
ですので、ぜひ自分の腰痛の病態診断をしてみてください。

痛みの原因と正しい椅子の座り方を知ろう

椅子に座る時に“腰が痛い”といった方は、腰の関節から来る腰痛かもしれません。
腰の関節から来る腰痛の原因には大きく分けて3つあります。
・椎間板
・椎間関節
・仙腸関節

椎間関節・椎間板

椎間板から来る痛み

椎間板から来る痛みは、前かがみの姿勢になると強くなります。
例えば、ソファに深く腰をかけてお尻を下げた状態で座ると背中が丸まった姿勢になります。
この時椎間板に負担がかかっているのです。
そのため、椎間板性の腰痛をお持ちの方は椅子に浅く腰をかけて、骨盤を少し前に傾け、腰を反らして座ると腰痛が楽になります。

椎間関節から来る痛み

椎間関節から来る痛みは、腰を反らした姿勢になると強くなります。
例えが、背もたれがない椅子に腰をかけ骨盤を立てた状態で座ると骨盤が前傾した姿勢になります。
この時椎間関節に負担がかかっているのです。
そのため、椎間関節性の腰痛をお持ちの方は椅子に深く腰をかけて、骨盤を少し後ろに傾けて座ると腰痛が楽になります。

仙腸関節から来る痛み

仙腸関節から来る痛みは、座った時に自分の体重に対して椅子からの反発を受けることで骨盤の歪みが生じ、痛みが強くなります。
そのため、骨盤に直接圧がかかりにくい「正座」(内部リンク)の姿勢がおススメです。
また、椅子とお尻の間にクッションを置くのも効果的です。椅子と骨盤の間にクッションを挟むことで腰への負担が減り腰痛が楽になります。

仙腸関節

椅子に腰かけた状態で骨盤の前傾・後傾をしてみよう

椅子に座り骨盤を前・後ろに傾け、どの姿勢の時に痛みが強くなるか確認してみましょう。
自分で動かしながらチェックしてみると、自分の痛みが椎間板から来るのか椎間関節から来るのか見分けることができます。
骨盤の前傾・後傾

長時間の同一姿勢は腰痛を悪化させる要因に

椅子に座るということは、自分の体重に対して椅子からの反発を体のどこかに受け続けます。同じ場所に負担が加わり続ければ、自ずと違和感や痛みが生じてきます。
30分毎に立つ習慣や姿勢を変える習慣をつけることを心がけてください。
ストレッチ

まとめ

普段行っている日常生活動作を正しく行うことは意外と難しいものです。
実際に私のもとに受診される患者さんも、目の前で動いてもらうと腰に負担のかかる姿勢や動かし方をされている方が多いです。
体を正しく使うこと、鍛えることは腰痛予防だけでなく将来の寝たきり予防にも大切です。ぜひこの機会に自分の体の状態や使い方について見直してみましょう。

著者情報

金岡 恒治(かねおか・こうじ)MD,PhD
金岡 恒治(かねおか・こうじ)MD,PhD

早稲田大学スポーツ科学学術院教授

日本整形外科学会専門医・脊椎脊髄病医

日本スポーツ協会認定スポーツドクター

日本水泳連盟理事・医事委員長 ほか

この著者の他の記事を見る