昔に比べて、プロゴルフがメディアで取り上げられるようになり、趣味でゴルフをされている方が増えていると感じます。そんな中、ゴルフをされている方の多くは、大なり小なり腰痛を持っています。今回は、ゴルフと腰痛の関係性、起こりやすい原因と予防法を紹介します。
で腰痛は起こりやすい!

ゴルフで腰痛は起こりやすい!

ゴルフというスポーツは、身体を捻る動作がメインなため、腰痛を起こしやすいです。プロゴルファーのように、日頃から運動やトレーニングをしている状態でゴルフをするのであれば、そこまで腰痛は起こらないでしょう。しかし、趣味でされている場合は、普段あまり運動していない方がゴルフをすることが多いため、どうしても腰痛が発生しやすいです。

ゴルフによる腰痛の原因とは?

では、どんな事で腰痛が発生するのでしょうか?具体的な原因を紹介していきます。
準備運動ができていない
ラウンドを回る時や打ちっ放しをする時、準備運動ができていないと腰痛が起こりやすいです。筋肉は急に動かしてしまうと、防御反応が働き痛みを引き起こしますので、準備運動をして筋肉を動かす状態にする必要があります。
ストレッチをする時、大抵の方は腕や足ばかり伸ばそうとして、腰のストレッチはしようとしません。なぜなら、腰のストレッチをしっかりしようとすると、寝転んでする必要があるため面倒なのです。

ラウンド中スイングする時以外は動いていない
ゴルフ場でラウンドを回っている時、どのように過ごしていますか?大体の方は打つ順番が回ってくるまで立って話していたり、移動する時はゴルフカートに乗っていたりしていることが多いです。もし準備運動がしっかりできていたとしても、スイングする時まで筋肉を動かさずに過ごしていると、結局は準備運動前の身体に戻ってしまいます。そして、スイングした時に腰痛が発生してしまうのです。

正しいスイングができてない
ゴルフを始めたばかりの方やフォームを研究中の方などで、正しいスイングができていないと腰痛が発生しやすいです。特に、身体がしっかり回転せずに腕の力だけでスイングしている方は要注意です。身体が回転していないと、腰の筋肉は無理をしながら働きますので負担が大きく掛かります。遠くへ飛ばそうと、腕や手に力が入りがちですが、体幹を使ってスイングする方が遠くへ飛ばすことができます。

そもそも身体の柔軟性が低い
準備運動をしっかりして、順番を待っている間も身体を動かし、正しいフォームでスイングできているのにも関わらず、腰痛が発生することもあります。なぜかというと、その人の身体の柔軟性が低く、腰痛が起こりやすい状態だからです。筋肉が硬いと、ちょっとした動作でも痛めることがあります。直立した姿勢で前屈した時に、床に手がつかない方は注意が必要です。
ゴルフで起こる腰痛の予防法
いま腰痛に悩んでいて悪化したくない方、腰痛は治ったが再発したくない方は予防をしましょう。どんなことをすれば良いか解説していきます。
しっかり準備運動を行う
ラウンドを回る前や打ちっ放しをする前に、必ず準備運動を入念にしておきましょう。前述の通り、もしスペースと時間があれば、寝転んで腰のストレッチをしましょう。寝転べない場合は、立った状態で体幹を前屈したり後屈したり、捻ったりして腰の筋肉をほぐしておきましょう。ラジオ体操は準備運動にピッタリな運動が沢山入っていますので、一部だけでも行うことをおすすめします。

スイングする前に少し動いておく
順番が回ってくるまでに身体を動かしておき、プレーをする準備をしておきましょう。寝転んでストレッチはしなくてもいいですが、素振りをして体幹を動かしておくと腰痛を予防できます。

正しいフォームを身に付ける

上記の通り、腕や手でスイングしていると腰に負担が掛かりますので、正しいフォームを身に付けましょう。軸がブレないよう身体の回転をしっかりして、ボールに力を伝えることが大切です。

身に付ける方法としては本やネットで学ぶのもいいですが、マンツーマンで指導してくれるようなゴルフレッスンがおすすめです。なかなか自分1人では正しいフォームを見つけるのは困難ですので、誰かに指導してもらうのが一番の近道です。きっと自分に合ったフォームが見つかります。

しかし、レッスン代がもったいないという方は、スマートフォンアプリなどでゴルフのフォーム分析してくれるものもあります。動画を撮影して、その映像をAIが分析してくれるのです。手軽にフォームチェックができます。

反対側にスイングする

右打ちのゴルファーは、左側のみ身体を捻るので、筋肉の負担が偏り腰痛を引き起こします。左側に身体を捻ると左側の筋肉は収縮し働きます。右側の筋肉は逆に伸ばされます。このストレスが積み重なると腰痛が発生しますので、予防のために反対側にスイングしましょう。

理想は打ちっ放しや素振りなどでスイングした同じ数を反対側へスイングします。しかし、なかなかそこまでするのは難しいので、せめて半分の数ぐらいは反対側へスイングしましょう。腰痛の予防だけでなく、身体のバランスが整い、また違ったパフォーマンスが生まれる可能性がありますよ!

キャディバッグ(ゴルフバッグ)の持ち方も大切!
キャディバッグ(ゴルフバッグ)を持つ時、どのように持たれていますか?ほとんどの方は、左右どちらかの肩に掛けて持たれていますよね。片方の肩で持つと、キャディバッグが重たいため、身体が肩に掛けた方に傾いてしまいます。そのような姿勢になると、腰に負担が掛かり腰痛を引き起こします。

最近はゴルフカートが普及しどこのゴルフ場でもあるようになりましたが、たまに無いゴルフ場もあります。カートが無いゴルフ場で移動する時は、キャディバッグを持たなければいけません。そんな時に腰痛が起こりやすいです。

これを予防するには、キャディバッグを斜め掛けで持つといいでしょう。キャディバッグをそのまま肩に掛けるのではなく、反対側の肩に掛けてみてください。そうすると身体の傾きが軽減されます。またリュック型になっているキャディバッグや、ローラーが付いているキャディバッグを購入する方法もあります。

腰痛ベルトを装着する
腰痛が出ていなくても、腰痛ベルトを装着しておくと予防になります。なぜなら、腰を支えてくれるベルトをしながらゴルフをすれば、腰に掛かる負担が軽減されるためです。

腰痛ベルトには2種類あって、コルセット型と骨盤ベルト型があります。ゴルフの腰痛予防におすすめなのは骨盤ベルト型です。腰痛ベルトといえばコルセット型を想像されやすいですが、それでは腰が固定されすぎてうまく身体を捻ることができません。

それと比べて、骨盤ベルト型は腰のウエスト部分にベルトをしませんので身体の捻りを制限しないのです。腰の骨の土台である骨盤部分にベルトを装着し腰の動きをサポートします。一度是非試してみてください。
まとめ
ゴルフと腰痛は密接な関係があるといわれています。原因を考えることで予防ができますので、どの原因に自分が当てはまるか考えてみましょう。ゴルフ中やゴルフ後の腰痛は、上記のようなことが関係している可能性があります。
そして、予防をすることで、楽しくゴルフをプレーできますので、ぜひ試してみてください。

著者情報

腰痛メディア編集部
腰痛メディア編集部

痛みや体の不調で悩むあなたへ、役立つ情報をお届け。

自分の体の状況(病態)を正しく理解し、セルフマネジメントできるようになることが私たちの目的です。

記事のご意見・ご感想お待ちしております。

この著者の他の記事を見る
バナー画像