昔と違って最近は接待ゴルフの機会が減ってきましたが、未だに社会人のたしなみとして多くの人がゴルフを楽しんでいます。

若い世代から中高年まで幅広い年齢層が楽しめるゴルフですが、スポーツである以上怪我の可能性は充分に考えられます。

この記事を読めばゴルフの最中にどんな怪我になりやすいのか、どんな動きすると怪我をおこすのかがわかるでしょう。

ぜひ最後までご覧ください。

ゴルフでなりやすい怪我

ゴルフは他のスポーツと違い激しい運動とは程遠いスポーツですが、以外と怪我や故障が多いスポーツなのです。

ここではゴルフで怪我しやすい身体の部位について解説してきます。

① 首・肩

構えて打つ際にボールと自分の頭の位置が垂直になるよう構えるのがゴルフの基本ですが、この時の体勢はやや前傾姿勢になります。

人の身体は背骨がS字になることでバランスよく支えられているのですが、前傾姿勢によって身体の重心が動いてしまいます。

人の頭はボーリングのボールと同じくらい重さがあるため、重心がずれることで首や肩へ負担がかかり、肩こりの原因になったり、ひどいケースでは頸椎ヘルニアになることもあります。

② 肘・手首・手のひら

初心者に多い怪我としては間違ったフォームでスイングすることにより手にマメができたり、ボールとクラブまたは地面にクラブが当たったときの衝撃で腕を痛めてしまうことがあります。

腕の力で無理にスイングするとそれだけ腕の筋肉に負担がかかるため注意が必要です。

また、ゴルフ肘と呼ばれる怪我があります。

ゴルフのスイングによって部分的に組織が損傷したり、炎症をおこすことで痛みを伴います。

長年のゴルフによる腕の酷使や過度の運動による疲労骨折などもあり、ゴルフでの腕の怪我はとても多いです。

③ 背中・腰

ゴルフは全身を捻ることでインパクトをより強固なものへと変えていくので、腰の捻り運動が多いスポーツです。

腰を強く動かすことで椎間板ヘルニアやぎっくり腰などといった腰痛を伴う怪我になりやすく、もともと腰が悪い人では腰を壊しやすいといわれています。

間違ったフォームで無理に続けていることで筋・筋膜症をおこしてしまい、腰や背中の筋肉を傷めてしまうこともあります。

④ 膝・足首

ゴルフでは全身の捻り運動をタイミングよく合わせてボールへと力を伝えていくので、インパクトの瞬間は足首や膝、特に左足の足首に大きな負担がかかります。

コースの状況によっては傾斜や芝生、砂地など足場をとられやすい場所でのスイングを求められますので、足場がしっかりしていないとぐらついてしまい、捻挫をおこしてしまうかもしれません。

ゴルフで怪我しやすい状況

ゴルフではスイングの時に怪我をしやすいといわれておりますが、他にも怪我を引き起こしてしまうような状況があります。

ペナルティエリアなどは特に足場が悪いため、スコアを気にして無理に打とうとすると転倒してしまうリスクがあるため注意が必要です。

移動中は徒歩かカートを使用しての移動となりますが、ゴルフ場のカートはある程度のスピードがあるため、思わぬ事故につながることもあります。

ハンドルを誤って落車してしまった際には大怪我は免れないでしょう。

また、ゴルフ場内では他のプレイヤーもプレイしながらコースを回っています。

思わぬところからボールが飛んできてぶつかってしまうこともあり、注意が必要です。

飛んでくるボールは約200㎞/hほどのスピードがありますので、もし頭に命中したりすれば脳震盪や脳出血のおそれがあります。

ゴルフでは腰痛になりやすい

ゴルフはおとなしいスポーツと勘違いされている方も多く、十分な準備運動を行わないままプレイに臨む人も多いです。

そのため、スイングによる腰の怪我になってしまうこともしばしば見受けられます。

ゴルフに多い腰痛としては次のようなものがあります。

・ぎっくり腰

ぎっくり腰というのはある日突然発症することがあります。

一度発症すると激しい痛みにおそわれてしまい、最悪動けなくなってしまうなんてことも。

ゴルフの動作では立ったままボールをとろうとしたときに発症することが多いといわれています。

・椎間板ヘルニア

ゴルフでは前傾姿勢やしゃがみこんだ状態になることが多く、身体にとって負荷がかかる体勢をとってしまいがちです。

こうした無理な体勢を続けていると背骨と背骨の間にある椎間板が変形もしくは飛び出てしまい椎間板ヘルニアになってしまうことも。

椎間板ヘルニアではしびれを伴うこともあり、長期的に腰を休める必要があるため避けたい怪我です。

・筋・筋膜性腰痛

腰の使い過ぎによって腰周辺の筋肉や筋膜がダメージを追うことで炎症を起こしたり、断裂してしまうことがあります。
筋・筋膜性腰痛はぎっくり腰の原因の一つともされており激しい腰痛におそわれます。

無理なフォームや過度な練習が原因となりうるので定期的に体のケアを行い、休息ととるなど対策した方が良いでしょう。

・腰椎分離症

腰を捻ることでボールへ力を伝えるスポーツですが、捻る動作をやりすぎてしまうと腰椎の骨にヒビが入ったり、割れてしまうことがあります。

若年層に多い怪我ですが、筋肉が衰えた高齢者でも起きることがあります。

激しい痛みにおそわれ、人によっては太ももやお尻あたりに痛みを伴うことがあります。

ゴルフで腰痛にならないためにやるべきこと

ゴルフによって腰痛に悩まされている人は多く、それだけ注意が必要です。

激しい運動をしないからといって準備運動を怠らず、プレイ前にはしっかりと柔軟やストレッチを行うことをおすすめします。

より上達したいと練習に励む人もたくさんいるでしょう。

ですが、過度な運動は腰痛の原因になりますので、適度に休憩を行うことを忘れずに。

少しでも腰に違和感がある場合には無理に運動はせず、体調がよくなるまでしっかり休みましょう。

また、フォームはとても大切です。

間違ったフォームを続けていると腰だけでなく腕や足首などの怪我にもつながりますので、定期的にフォームチェックをし、無理のないスイングを心がけましょう。

腰痛問診診断・改善サービス「腰痛ドクター」で自分の腰痛の原因を知ろう

スマートフォンではいろいろな会社がさまざまなアプリを開発しています。

「腰痛ドクター」では、あなたの腰痛に対して正確な原因を評価してくれたり、腰痛の改善が期待できるような効果的な体操やストレッチ方法を教えてくれます。

「腰痛ドクター」は実際に腰痛患者複数人のデータをもとにしてつくられた“ヘルスケアアプリ”で、問診を行うことで現在のあなたの腰痛の状態や症状別の危険度などを教えてくれます。

また、症状に合わせて動画を用いて改善方法をわかりやすく説明し、毎日短時間で実践しやすい運動を行うことで、腰痛に対して細かくアプローチできるようになるでしょう。

自宅でも職場でも好きな場所で問診診断をしたり、ストレッチを行うことができるため、気軽にトライできます。

長年腰痛で悩んでいた人も改善を実感できるアプリですので、気になる人はぜひ試してみてください。

まとめ

ゴルフでおこしやすい怪我や腰痛の種類についてお話しさせていただきましたが、いかがでしたでしょうか。

今回の記事のポイントは
・ゴルフのスイングは全身を使うため、首や肩、腕、腰などさまざまな怪我の原因になり得る
・前傾姿勢やしゃがみこむ動作が多いので、腰への負担が大きい
・過度な運動は怪我の原因となる
・適度に休憩をとることが大切
・定期的に体のケアを行う

でした。

プレイ中にぎっくり腰になってしまったら、周りの人に迷惑をかけてしまいますし、せっかくの休日が台無しになってしまいます。

自分の身体と相談しながら無理なくゴルフを楽しみたいですね。

ゴルフで腰痛に悩んでいる人や腰痛持ちだけどゴルフをやりたい人はぜひアプリを使ってみて自分の腰痛について知っておくことをおすすめします。

出典:
ゴルファボ TOP › 初心者 › ゴルフのケガ防止!初心者必見4つのポイントと防止策
https://pro-golfacademy.com/beginner/5344/
格安ゴルフ券販売サイト ゴルフ場予約ならゴルフリザーブ
https://golf-reserve.jp/user_data/injury
MSD マニュアル家庭版 腰痛
https://www.msdmanuals.com/ja-jp/%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%A0/08-%E9%AA%A8%E3%80%81%E9%96%A2%E7%AF%80%E3%80%81%E7%AD%8B%E8%82%89%E3%81%AE%E7%97%85%E6%B0%97/%E8%85%B0%E7%97%9B%E3%81%A8%E9%A6%96%E3%81%AE%E7%97%9B%E3%81%BF/%E8%85%B0%E7%97%9B

著者情報

apidra
apidra

保有資格

薬剤師

経歴

病院薬剤師として勤務後、調剤薬局にて保険薬剤師として現在勤務しております。

この著者の他の記事を見る
バナー画像