「食欲がない」「慢性的な気分不良」など悩んでいませんか?

人間の体は心理的ストレスを抱えることで、様々な症状がでてきます。
多くの方は、ストレスなどの心理的なもので生じる病気は「うつ症状」や「パニック障害」などの精神的な病気を思いがちです。

しかし、最近の医療で分かってきたことは、ストレスが原因で「腰痛」などの身体的障害もでてくると考えられています。

何故、心理的要因から「腰痛」などの身体的障害がでてくるのでしょうか?

今回は、食欲低下などの心理的要因と腰痛の関係性を解説して、どういった対処をしたらいいのかを解説していきます。

特異的腰痛と非特異的腰痛

医師の診察や画像診断(X線やMRIなど)で原因が特定できるものを特異的腰痛、厳密な原因が特定できないものを非特異的腰痛といいます。

特異的腰痛には、背骨と背骨の間にある椎間板(ついかんばん)が潰されて、神経を圧迫するために痛みが起こる椎間板ヘルニアや、椎骨にある脊柱管と呼ばれる神経の通り道が狭くなることで起こる脊柱管狭窄症などが知られてはいます。

こういった症状で知られている特異的腰痛は、実は腰痛全体の15%しかありません。
反対に、画像診断などで原因が特定できないものは非特異的腰痛に分類されますが、腰痛全体の85%は非特異的腰痛だといわれています。

非特異的腰痛の中には、ぎっくり腰などの姿勢や動作に関係する「腰の不具合」と心理的なストレスを伴う「脳機能の不具合」によるものがあると考えられています。
「脳機能の不具合」には、仕事や人間関係のトラブル、腰痛に対する恐怖や不安による心理的ストレスなどが関係しています。

心理的ストレスが腰痛を起こすメカニズム

心理的ストレスが強まることで、ドパミンやオピオイドなどの痛みを抑制する神経伝達物質が低下して腰痛などの痛みが起こりやすくなります。

また、神経伝達物質の低下により、脳内の神経伝達物質のバランスが崩れて、自律神経の乱れにより腰痛の他にも頭痛や肩こり、めまい、食欲低下、動悸などの症状も発症しやすくなるので複数の症状が重なっていく場合もあるので注意が必要です。
そして厄介なことに、心理的ストレスは腰痛などの症状を長期化させて、慢性化させてしまいます。
腰痛などを我慢することで、痛みに対するストレスを貯めてしまい、それが原因で痛みを抑制する脳内物質が低下します。
このことが、さらに痛みを感じさせてしまい、腰痛症状の長期化に繋がってしまいます。

整形外科だけでは、腰痛を改善させるのは難しい時代になっているかもしれませんね。
慢性腰痛で整形外科を受診する患者さんの中には、うつ状態や心理的ストレスを抱えている方も多くなっているので、こういった心理的ストレスが原因の慢性腰痛で困っている方は整形外科と精神科などの体と心のケアの両面から治療が必要になってきています。

心理的ストレスに心当たりがない場合の腰痛

自分には、心理的ストレスに思い当たる節はないけど、食欲などの低下と共に腰痛が認められる場合は可能性は高い方ではないですが、癌などの重篤な病気が原因の腰痛も考えられます。

癌が原因の腰痛の場合は、微熱や吐き気、食欲低下や体重減少など腰痛以外にも症状がでることが多いです。
一般的な腰痛の場合は身体を動かした場合に痛むことがほとんどですが、癌性の腰痛の場合は安静時、特に夜間などに症状がでる傾向があります。

癌の既往歴があり、じっとしていても良くならない慢性的な腰痛の場合は、一度かかりつけ医に相談することをオススメします。

非特異的腰痛の対処法(急性期)

非特異的腰痛の対処法は急性期と慢性期で異なります。

急性期治療では、腰痛ガイドラインによると、以下の対応を取ることが多いです
・アセトアミノフェンやNSAIDs(非ステロイド性抗炎症薬)などの鎮痛薬の服用
・必ずしも安静を勧めない
・非特異的腰痛の原因にもなる、職場環境や人間関係のストレスの改善

詳しく解説していきます。

急性期治療のアセトアミノフェンやNSAIDsの治療は、整形外科などでもらえる一般的な鎮痛薬になります。
主に、カロナールやロキソニンなどの痛み止めを患者さんの年齢や肝機能、腎機能などの数値と照らし合わせて判断して服用していきます。
場合によっては、湿布薬などの貼り薬も処方されます。

また、腰痛の症状がひどい場合でも過度に安静を続けることは危険です。
海外の研究によると、「腰痛を患っても、できる範囲での作業の継続をした方が、痛みの改善を早くして、再発予防にも効果があった」という情報が明記されています。
オススメとしては、「これだけ体操」という方法です。
方法としては、「脚を肩幅ほど開いて立ち、膝を伸ばしたまま、息を吐きながら上体をゆっくりと反らし3秒間ほど固定する」というような体操です。
簡単な体操ですので、空き時間を見つけて実践するといいでしょう。

そして、はじめに説明した通り、患者さんの心理的ストレスも腰痛を悪化させ、腰痛を慢性化することも分かっているので、心理的ストレスを取り除いてあげることも重要です。
心理的ストレスが強く、「うつ状態」などの病気も発症している場合は精神科などで治療も視野に入れて考えます。
腰痛以外にも、頭痛、吐き気、めまい、食欲低下など複数の症状がある場合は、体と心の両方からケアしていきます。

非特異的腰痛の対処法(慢性期)

また、慢性期治療は上記の急性期治療に加えて、下記の2点で対応します
・運動療法
・認知行動療法

ここでいう、慢性期とは「3ヶ月以上続く腰痛」のことを指すので、覚えておきましょう。

腰痛の「運動療法」では、体幹の安定性向上と正しい姿勢の獲得を目的とします。
ストレッチや筋力トレーニングなどが一般的なものです。
全身を使う運動としては、ウォーキングや水中歩行、水泳などもあります。

「運動療法」をすることで、関節や筋肉のバランスの改善や痛みを抑える神経の活性化が期待できます。
特に、有酸素運動は神経の活性化をする可能性が考えられています。

また、「認知行動療法」とは、認知に働きかけて気持ちを楽にする精神療法と運動などの行動を組み合わせたものです。
認知とはもの考え方や受け取り方という意味です。

人は慢性の腰痛などの痛みのストレスがあることで、悲観的に考えるようになり、問題を解決できないこころの状態に追い込んでいきがちです。
「認知行動療法」では、行動日誌をつけることで、どういうときに痛みを感じやすいか、どういうときに痛みを忘れているかなどを記録します。
この方法をとることで、悲観的な考え方を、「痛みがあってもできることはある」とポジティブな考え方に変え、痛みと上手に向き合えるようになっていきます。

大事なことは、常に完璧を求めるのではなく、「痛みはあったが家の掃除ができた」などポジティブな見方ができるようになることで、痛みによるストレスの改善に繋がります。
こうした考え方を持つことで、「脳機能の不具合」も改善されていき、痛みを抑える神経伝達物質も正常に分泌されていきます。

いかがだったでしょうか?
食欲不振、吐き気などの心理的ストレス症状は腰痛に関わってくることが理解できたかと思います。
心理的ストレスが密接に関わる腰痛は、痛み止めや湿布薬などだけではなかなか改善しません。
もし、自分に当てはまる内容がある場合は、上記のような対処法を参考にしてもらえると幸いです。

【参考文献】
・腰痛診療ガイドライン2019 改訂第2版、日本整形学会・日本腰痛学会、https://minds.jcqhc.or.jp/docs/gl_pdf/G0001110/4/Low_back_pain.pdf

・第2章 腰痛対策、厚生労働省、https://www.mhlw.go.jp/new-info/kobetu/roudou/gyousei/anzen/dl/1911-1_2d_0001.pdf

・疼痛.jp 「認知行動療法・リエゾン療法」より、痛みの情報サイト 疼痛.jp
https://toutsu.jp/cure/ninchi.html

著者情報

腰痛メディア編集部
腰痛メディア編集部

痛みや体の不調で悩むあなたへ、役立つ情報をお届け。

自分の体の状況(病態)を正しく理解し、セルフマネジメントできるようになることが私たちの目的です。

記事のご意見・ご感想お待ちしております。

この著者の他の記事を見る