日常に潜む痛み

日常生活を送る上で首や肩、腰に痛みや違和感がある人は少なくはないと思います。その中でも「くしゃみや咳を行った後、急に腰が痛くなった」「朝起きるときなぜか腰が痛い」などありませんか?腰痛の中でもこれはいわゆる、ぎっくり腰の可能性があります。一般的にぎっくり腰は重いものを持ち上げたときになるイメージがある方が多いと思います。他にもちょっとしたことで腰は痛めてしまうのです。誰もが経験しうる身近な症状のぎっくり腰はなぜ起きてしまうのでしょうか。

腰痛とは

まず、腰痛の原因についてお話しします。腰痛は男性では1位、女性では肩こりの次に訴えが多い症状で、その数は年々増加している状況です
腰は、腰椎と呼ばれている5つの骨が並べられて構成されています。腰痛の原因としてはさまざまなものがあります。
腰痛の約85%は神経症状や重い基礎疾患などがなく、レントゲンやMRIなどの画像検査では見つけることができない非特異的腰痛と呼ばれます。運動不足によって腰を支えてくれる筋肉が弱ってしまったときや、長時間猫背や中腰の姿勢を続けて腰や背中の筋肉が緊張しているときに起こります。また、冬の寒さによって筋肉が硬直するときも神経が刺激されて痛みが起こってしまいます。
腰痛のうち原因がわかるものはおよそ15%程度となっています。よくいわれるものとして、転んだり高いところから落ちたときに腰が直接圧迫されて圧迫骨折や、お尻から足にかけての強い痛み・痺れがあり神経が圧迫されて起こる椎間板ヘルニアなど、さらに腰部脊柱管狭窄症や骨粗鬆症などがあります。そのほかにはストレスに対する不安や不眠、生活習慣病などがあげられます。気付けばいつの間にか猫背になっていたり、座るときに足を組んでいたり片足に重心をかけて立っていたりすると体に歪みが生じ腰痛の原因となります。基本的に短期間で軽くなりますが休養が十分に取れなかったり、ストレス因子などがあると長期化することもあります。

ぎっくり腰とは

ぎっくり腰は「急性腰痛」と呼ばれます。重いものを持ったとき、急に姿勢を変えたとき、または床落としたものを拾おうと膝を曲げずに腰から曲げたときなどあります。これらは腰が動きやかかる負荷に耐えることができずに何らかの形で支障をきたすことで痛みが生じます。一般的に急性腰痛で痛めやすいところは腰椎、筋膜、背筋などになります。同時に複数箇所痛める場合もあります。また、ぎっくり腰にも心理的ストレスは関係してきます。心理的ストレスを抱えた状態で重いものを持ち上げる作業を行うと、作業しているときの姿勢のバランスが微妙にズレて椎間板への負担が高まります。また、またぎっくり腰になってしまうのではないかという負担によって必要以上にコルセットなどで腰を保護してしまいます。

ぎっくり腰になってしまったら

むやみに動こうとはせず、まずは一番楽な姿勢をとりましょう。その状態でゆっくりと深呼吸をしていくと段々と筋肉の緊張もほぐれて楽になることがあります。自然軽快をすることがほとんどなので、自然治癒を妨げないことが大切です。無理をせず安静にしましょう。体勢としては横になって背中を曲げる姿勢が楽な姿勢だといわれています。また、腰部をアイスノンや湿布などで冷やしてあげるのも効果的だといわれています。ただし、冷やしすぎると皮膚に対する刺激が強すぎて増悪する可能性もあるため、適度に冷やすことが大事です。痛みが強い場合、痛み止めを内服することも一つの手です。
そして安静は必要ですが、4日以上の安静は回復に時間をかけるともいわれています。個人差はありますが、痛みが大体引いたら普段通りに活動することで回復が早まるようです。ストレッチをして気持ちがいい、体が楽になるのであればしても構わないでしょう。しかし、ストレッチをして痛みを感じたり、ストレッチ後に痛みがひどくなる場合は控えた方がいいと思われます。また、マッサージは筋肉の緊張や循環障害、関節の動きの悪さからくる痛みをとるためにすることが多いです。骨や神経などに対する痛みはマッサージなどによる刺激で症状が悪化する場合もあります。痛みがある場合は無理をせずに病院で適切な判断を受けることが必要になります。自分自身に起きている病態を正しく知ることが腰痛を治す第一歩です。

予防法

ぎっくり腰を経験すると、1年で約4分の1の患者さんが再発してしまうといいます。ぎっくり腰にならないよう再発予防を心がけることが大切です。そのためには普段から腰の筋肉を柔らかくしておくことが必要です。腹筋や背筋が弱くなってしまうと重たいものを持ち上げたときに背骨が曲がってしまって腰にかかる負担も増してしまいます。日頃からストレッチなどで筋肉、靭帯、関節などの柔軟性を維持することで腹筋、背筋をバランス良く保ち、背骨をサポートしておくことが大切です。日頃で気をつける行動としては、床の物を拾うときには腰を曲げるのではなく膝を曲げて腰を落として拾うなど、前かがみをするような無理な姿勢をとらないことも大切です。また、寝るときは硬めのマットレスがいいといわれています。仰向けで寝るとき時は膝を軽く曲げて、膝の下のスペースにクッションを挟むことで腰にかかる圧を下げることができます。横向きで膝を軽く曲げるのも良い姿勢だといえます。
そして適度な運動をし、肥満を防ぎましょう。肥満の人は体重がある分、体を支える役割を担う腰には負担がかかってしまいます。さらに、お腹に脂肪がついている状態になると重心が前にずれてしまい、反り腰になってしまいます。反り腰は腰や背中の筋肉が常に緊張した状態であり負担が大きくなります。この緊張状態が続いてしまうことで筋肉が硬直し、血流が低下して腰痛につながります。また、生活する上でストレスを軽減することも大切です。

まとめ

今回は腰痛の中でもぎっくり腰にポイントを当てて説明してきました。現在、腰痛で苦しんでいる方はたくさんいます。原因がわからないものの多くの原因として「心理的・社会的ストレス」があげられます。例えば、人間関係や家庭などのストレス、特殊な姿勢で長時間の作業を続けるといった仕事上の問題がありますが、痛みと精神的な要素は密接な関わりがあるとされています。痛みを感じる神経が脳の感情を精神的につかさどる場所にもつながっているため、痛みが長引いてしまった場合には精神的な異常が起こってきてしまうのです。また、精神的に抑うつ気分や不安感などが痛みを助長してしまう可能性もあります。痛みは辛いですが、痛みにばかりとらわれず自分自身でリラックスできるように心がけたり、趣味を楽しむなど心に余裕を持った生活や自分なりに心のケアを行うことが大切です。そして日常生活を改善していくことで予防につながっていきます。それは自分の行動次第で変えられるものであるため、より豊かなライフスタイルを送れるよう今一度生活を見直しましょう。

参照:知っておきたい「ぎっくり腰」の対策と予防OMRON https://www.healthcare.omron.co.jp/resource/column/life/33.html

著者情報

腰痛メディア編集部
腰痛メディア編集部

痛みや体の不調で悩むあなたへ、役立つ情報をお届け。

自分の体の状況(病態)を正しく理解し、セルフマネジメントできるようになることが私たちの目的です。

記事のご意見・ご感想お待ちしております。

この著者の他の記事を見る
バナー画像