バスケットボールによる腰痛の原因とは?

バスケットボールの運動中には、膝を曲げて中腰になった姿勢をとることが多いと思います。
そのような中腰の姿勢を取るときに骨盤が前傾姿勢になってないまま動作することによって、椎間板への負荷が増えてしまって、椎間板の痛みを起こすことがあると思います。

特にジャンプの着地のときに骨盤が後傾したまま着地をすると椎間板への負荷が増えてしまって椎間板障害を起こしやすいので、プレー中あるいはジャンプ到着のときにはしっかりと骨盤が前傾できるような姿勢をとることが大事だと思います。

骨盤の前傾を保つためには、以下のような能力を高めるようなエクササイズを行いましょう。

  • ハムストリングスの柔軟性を高める
  • 体幹の安定性を高める
  • 著者情報

    金岡 恒治(かねおか・こうじ)MD,PhD
    金岡 恒治(かねおか・こうじ)MD,PhD

    早稲田大学スポーツ科学学術院教授

    日本整形外科学会専門医・脊椎脊髄病医

    日本スポーツ協会認定スポーツドクター

    日本水泳連盟理事・医事委員長 ほか

    この著者の他の記事を見る
    バナー画像