今回はオリンピックドクターも務めた、整形外科医で早稲田大学スポーツ科学学術院教授の金岡恒治(かねおかこうじ)先生に、サッカーにおける腰痛の原因と、その対処・予防法についてお話を伺いました。

サッカーにより引き起こされやすい腰の痛みとは?

「サッカーは他のスポーツに比べると比較的腰痛は起きにくいとされています。
 しかし沢山走ったり、足を振り上げてボールを蹴ったりする際に、背中の筋肉(脊柱起立筋)に負担がかかりやすいです。
 代表的なサッカーによる腰痛は、積み重なる筋肉への負担による筋筋膜性の腰痛や、脊柱起立筋と骨盤が付着している部分が痛む腰痛、そして蹴る瞬間に背骨の突起(棘突起)がぶつかり合って痛みを起こす棘突起インピンジメントが挙げられます。

治療やリハビリテーション

「前述の通り、サッカーによる腰痛は脊柱起立筋にかかる負担によるものが多いので、リハビリテーションとしては、体幹筋を上手く使えるようにするエクササイズを行なって、脊柱起立筋の使いすぎを防ぐことが大切です。」

予防方法

「体の柔軟性と体幹が予防の鍵です。
 運動前に、足を後ろに振り上げるときに使う股関節の前の筋肉である、腸腰筋や大腿直筋をしっかりとストレッチすることを心がけてください。
 そして、足を振り上げる際にきちんと体幹が働くような体幹筋のエクササイズを行なってください。

 ピラティスでいえば、「アップドッグ」という姿勢が痛みなく、綺麗に取れるようになることが大切です。

正しい「アップドッグ」

アップドッグ

1. 床の上にうつ伏せになります。手の平は胸の横に置き、脇は締め、肩甲骨同士を引き寄せて肘を天井に向けます。
2. 両手でマットを押し、胸を前に押し出します。背骨が気持ちよく反れるところまで、上体を持ち上げます。

著者情報

金岡 恒治(かねおか・こうじ)MD,PhD

早稲田大学スポーツ科学学術院教授

日本整形外科学会専門医・脊椎脊髄病医

日本スポーツ協会認定スポーツドクター

日本水泳連盟理事・医事委員長 ほか

この著者の他の記事を見る