妊娠中の悩みの1つに腰痛が挙げられます。
出産を控えている中で別の体調トラブルに見舞われると、不安も大きくなってしまうでしょう。
元気な赤ちゃんを産むためにも、なるべく体調は万全にしておきたいですよね。
そこで本記事では、妊娠時における腰痛の原因および妊婦さんに優しい対策法をまとめました。
腰痛にお悩みの妊婦さんは、参考に読んでみてください。

妊娠時における腰痛の原因

腰痛の対処法も大事ですが、まずは原因を知りましょう。
なぜなら、原因を知らないことには、対処をしたところで再発するからです。
そこで本段落では、5つの原因をまとめました。

妊娠に伴う姿勢の変化

妊娠をすることでお腹が大きくなり、体重が増加します。
同時にお腹が前方にせり出すので体の重心が変化してしまい、無意識に背中を反った姿勢を取ることが多くなります。
背中を反った姿勢が多くなると、腰回りの筋肉に大きな負荷を与えてしまい、腰痛の引き金となってしまうのです。
特に妊娠後期になると赤ちゃんの成長に伴い、妊婦さんの体重も重くなるため、腰痛が起きやすくなります。

つわりなどの症状で同じ姿勢が続いてしまう

妊娠をすると、つわりなどの影響で体を思うように動かせないことがあります。
そうなると、同じ姿勢が続いてしまい、体に与える負荷が増えます。
というのも、どんな姿勢でも常に体への体重はかかります。
体重の負担を和らげるためには、都度姿勢を変えて体にかかる体重を分散させなければなりません。
しかし、体が動かせなくなると体重の分散が上手くいかないため、腰痛に繋がってしまうのです。

ホルモンの変化

ホルモンの変化も腰痛の原因として挙げられます。
なぜなら、妊娠をするとリラキシンという女性ホルモンの分泌が増えるからです。
リラキシンは卵巣や子宮、胎盤などから分泌されるホルモンで、リラキシンの分泌量が増えるほど骨盤周辺の靭帯を緩めます。
これにより、赤ちゃんがスムーズに産道を抜けやすくなります。
つまり、出産を補助する重要なホルモンということです。
ところが、靭帯が緩んでしまうことで、周りの筋肉が代わりに関節を支えようとします。
この時、体に負担がかかってしまうため、腰痛を起こしやすくなるのです。

血行不良

妊娠中は上述したホルモンバランスの変化や自律神経の乱れ、お腹が大きくなることに伴う血管の圧迫などで、血行不良に陥ります。
血行不良になると血液の循環が悪くなり、腰周辺の筋肉が硬くなります。
同時に体の中の老廃物や疲労物質がなかなか中々排出されずに、やがて腰痛を引き起こしてしまうのです。
また、血行不良は腰痛に限らず、肩こりや頭痛などを引き起こすこともあります。

ストレス

出産を控えていることや先述した腰痛のこともあると、妊婦さんが抱えるストレスは大きいでしょう。
しかし、ストレスは自律神経を刺激してしまい、全身の器官のバランスを崩す可能性があります。
そうなると、腰痛を含むさまざま様々な症状の引き金となります。

妊娠時は特に要注意!体に負荷を与える4つの要因

腰痛は約8割が原因不明とされていますが、体に負荷を与えることはよくないとされています。
私生活はもちろん、妊娠時においてはいっそう気を付けなければなりません。
本段落では、体に負担がかかる4つの要因をまとめました。

スマホを長時間見ている

現代の必需品とも言えるスマホですが、長時間見続けていると腰痛が悪化することがあります。
なぜなら、スマホを見るときの姿勢が体に負荷を与えるからです。
スマホを見るとき、多くの人は顔を下に向けて眺めるのではないでしょうか?
しかし、下向けの姿勢は体に負担を与えてしまい、長時間続くと腰痛に繋がる恐れがあります。
スマホを使うときは短時間で済ませるか、スマホと目線が真っす直ぐになるようにして見るようにしましょう。

長時間の労働

立ち仕事やデスクワークなど、人それぞれ働き方は異なりますが、長時間の労働は体に大きな負担を与えます。
特にデスクワークは上半身の体重が腰に集中してしまうため、より負担が大きいです。
妊娠初期の頃は「少しぐらいなら」と頑張る人もいますが、無理は禁物です。
調子が悪いときは妊娠初期であっても無理をせず、勤務時間の短縮や産休など、会社側と相談しましょう。

姿勢の悪い歩き方をしている

人間の背骨は通常S字に湾曲されており、湾曲のおかげで背骨にかかる負担が軽減されます。
しかし、猫背や反り腰など、姿勢の悪い歩き方をすると湾曲が阻害され、背骨に負担を与えます。
背骨は腰に繋がっているため、負担を与え続けると腰痛を引き起こしかねません。
先ほども触れた通り、特に妊婦さんは反り腰になりがちなので要注意です。
そのため、反り腰にならないよう上手に歩く必要があります。
詳しくは、後述する「腰痛に悩む人へ!妊婦さんに優しい対策法」で解説します。

枕やイスなどのアイテムが合っていない

普段さりげなく使用しているアイテムも、腰痛の原因かもしれません。
例えば、枕の場合だと高すぎたり硬すぎたりすると、頭の高さが合わずに背骨に負担を与えます。
イスの場合でも、座面が硬いなどの理由から腰に負担が行き渡ると、腰痛に繋がる危険があります。
そのため、アイテムを購入される際は、材質や質感などを確認した上で自分に合うものを選びましょう。

腰痛に悩む人へ!妊婦さんに優しい対策法

妊婦さんの腰痛は妊娠にも左右されるため、完璧に改善するのは難しいかもしれません。
しかし、対策法を実践することで、腰痛悪化の防止や症状を和らげられる可能性があります。
本段落では対策法をまとめましたので、見てまいりましょう。
また、本段落では妊婦さん向けの方法でまとめていますが、妊婦さん以外でも活用できる方法です。
妊娠時だけではなく、出産後の生活にも活用してみてください。
※ただし、妊娠状況によっては逆に悪化させる場合があります。以下の方法(特に運動)を実践される際は、必ず医師の指導・許可の元、行いましょう。

姿勢は真っす直ぐに

赤ちゃんの成長でお腹が大きくなると、どうしても反り腰になりがちです。
反り腰は腰への負担が大きいため、なるべく背筋を真っす直ぐに保ちましょう。
頭の真ん中が糸に引っ張られているようにイメージすると、よい姿勢を保ちやすいです。

妊婦さん向けの運動を行う

運動と聞くと体に負担のかかるイメージが強いですが、「マタニティスイミング」や「マタニティヨガ」など、妊婦さん向けの運動もあります。
運動をすることでストレス発散や血行を促進でき、腰痛を緩和させられます。

簡単なマッサージ

時間に余裕のあるときは、腰回りや背中などを揉みほぐすようにマッサージを行うのも1つの方法です。
マッサージをすることで筋肉がほぐれ、血行促進に繋がります。
ご自身でやるのが大変な場合は、旦那さんや家族の方に協力してもらうと良いでしょう。

体を温める

体を温めることで筋肉がほぐれ、血行を促進できます。
「体を温める食材を取摂る」、「湯船にゆっくりと浸かる」などして腰回りを温めてあげましょう。

まとめ

出産の事になると、ご自身の事よりも赤ちゃんに目が行きがちです。
もちろん、赤ちゃんを想うのは大事なことですが、元気な赤ちゃんを産むためにはママが元気でいてあげる必要があります。
腰痛は完璧に改善するまでが大変ですが、日頃の行動を見直すことで症状は和らげられます。
それは妊娠中においても言えることです。
そのため、本記事で解説した内容を参考にし、今後の腰痛対策に活用いただければ幸いです。

著者情報

腰痛メディア編集部

こんにちは。 腰痛で悩む多くの方に役立つ情報を毎日お届け。それぞれが違った痛みの場所・違った痛みの度合い・違った原因をお持ちです。 一人一人が自分の腰の状況(病態)を理解し、セルフマネジメントできるようになることが私たちの目標です。記事のご意見・ご感想お待ちしております♬

この著者の他の記事を見る